ひとえきがたり

与那原(よなばる)駅
(旧沖縄県鉄道)

ケービンの記憶 70年後に再び

復元された与那原駅。駅前の広場に置かれているのは与那原港にも出入りしていた山原船(復元)だ

復元された与那原駅。駅前の広場に置かれているのは与那原港にも出入りしていた山原船(復元)だ

  • 復元された与那原駅。駅前の広場に置かれているのは与那原港にも出入りしていた山原船(復元)だ
  • 地図

 〽軽便汽車乗(ぬ)てぃ ま~かいが~(どこ行くの)――沖縄で戦後歌われた「軽便鉄道節」にのせ、紅型(びんがた)を着た琉装の女性たちが傘を車輪に見立てて踊る。1月31日、沖縄本島南部・与那原町の「軽便与那原駅舎展示資料館」の開館式。激しい地上戦で破壊された駅が、往時の姿そのままに復元され、戦後70年の節目の年に交通資料館としてよみがえった。

 与那原は始発駅だった。太平洋に面した港に本島北部から木材などを運ぶ山原船(やんばるせん)が到着すると、この駅から那覇へと物資と人々が運ばれた。しかし、沿線でここだけだったモダンなコンクリート造りの駅舎は沖縄戦で破壊され、「ケービン(軽便)」と呼ばれて親しまれた鉄道は姿を消した。昨年、開通100年を機に復元された駅舎の裏に根元だけ残された9本の柱が、静かに戦禍を伝える。

 「重装備の兵隊がいっぱい乗ってきて坂で列車が止まってね、隊長の命令でみんなで押していました」と資料館の開館を知って訪れた70代の男性。別の男性はこの駅で父親の出征を見送ったという。

 「車掌に何度も乗せてもらった」と声を弾ませたのは駅前に住んでいたという80代の女性。駅のシンボルだったガジュマル、駅前に広がる芋畑や飛び交うホタル、列車で走り抜けたサトウキビ畑……。懐かしい光景を次々に数え上げた。

 「戦前の楽しかった思い出にはケービンが登場することが多いんです」と、資料館の展示に携わった沖縄大非常勤講師の波平エリ子さん(56)はいう。沿線で暮らした人たちの思い出を大切に、展示内容を工夫したそうだ。

文 中村さやか撮影 上田頴人 

沿線ぶらり

 沖縄県鉄道は、当時の主要港だった与那原と那覇を結ぶ与那原線が1914年に、その後那覇を起点に北へ延びる嘉手納線が22年、南方へ延びる糸満線が23年に開通した。総延長約50キロ。サトウキビや物資の運搬などで活躍したが、沖縄戦で破壊され、45年にそのまま姿を消した。

 沖縄都市モノレール・ゆいレールの壺川駅から徒歩約5分、壺川東公園にはかつての与那原線線路跡が残る。園内には工事で発掘された当時のレールのほか、沖縄県南大東島でサトウキビの運搬に使用されていた蒸気機関車の下回りとディーゼル機関車が展示されている。

 

 興味津々
ケイビン焼
 

 ケイビン焼(2個250円)はドラゴンフルーツを練り込んだ餅を挟んだ大判焼き。表面には汽車の絵が。小豆あんと沖縄産黄金芋あんの2種。駅徒歩7分ほどのファーマーズマーケット与那原で販売する。問い合わせは上原さん(098・945・2111)。

(2015年2月24日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「ひとえきがたり」の新着記事 一覧を見る
南阿蘇水の生まれる里白水高原駅(熊本県、南阿蘇鉄道高森線)

南阿蘇水の生まれる里白水高原駅(熊本県、南阿蘇鉄道高森線)

阿蘇山火口丘にある夜峰(よみね)山の裾野に、田園が広がる。その中を走ってきた列車が、十二角形の屋根を持つログハウス風駅舎の前で止まった。

余部(あまるべ)駅(兵庫県、JR山陰線)

余部(あまるべ)駅(兵庫県、JR山陰線)

城崎温泉駅から普通列車で西へ30キロ。トンネルを抜け、余部橋梁(きょうりょう)に差し掛かった瞬間、眼下に青々とした日本海が広がった。

遠野駅(岩手県、JR釜石線)

遠野駅(岩手県、JR釜石線)

田園風景を抜けると、重厚な佇まいの駅舎が現れる。欧州の建築様式を採り入れた瓦屋根の2階建て。1950年建造の駅舎は今取り壊し論争の渦中にある。

広電宮島口駅(広島県、広島電鉄宮島線)

広電宮島口駅(広島県、広島電鉄宮島線)

今年、世界遺産登録20周年を迎える宮島・厳島神社への玄関口。広電の電車を降りた人々が、JR宮島口駅からまっすぐ港へのびる道を歩いてくる人々と駅前ロータリーで合流し、足早にフェリー乗り場へと向かっていく。

新着コラム 一覧を見る
IBARAKI sense(イバラキセンス)

アンテナショップ@東京

IBARAKI sense(イバラキセンス)

JR有楽町駅近くの首都高速道路高架下にある茨城県のアンテナショップが、2018年10月25日にリニューアルオープンした。

「鉄釉神猿(てつゆうまさる)」「灰釉神狐(かいゆうしんこ)」

美博ノート

「鉄釉神猿(てつゆうまさる)」「灰釉神狐(かいゆうしんこ)」

神社と動物の関わりは深い。それぞれの由緒にちなんで、サルやキツネをモチーフにした陶製の像も岐阜県東濃地方で奉納された。

九州国立博物館

気になる一品

九州国立博物館

野帳(やちょう)は、考古学者が発掘現場で使うフィールドノート。 九州国立博物館では「オリジナル野帳」を販売中。

和ガラス 瓶泥舎(びんでいしゃ)びいどろ・ぎやまん・ガラス美術館

私のイチオシコレクション

和ガラス 
瓶泥舎(びんでいしゃ)びいどろ・ぎやまん・ガラス美術館

江戸前期、南蛮船が持ち込んだガラスに魅了された日本の職人が、中国伝来の鉛ガラス素地を用いて日本独自のガラス製品を生み出していきました。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。