旅してサプリ

氷や大地が織りなす 雄大な自然に身を置く

紅葉台の広場から富士を望む。紅葉とのコントラストが美しい=鳴沢村役場提供

紅葉台の広場から富士を望む。紅葉とのコントラストが美しい=鳴沢村役場提供

  • 紅葉台の広場から富士を望む。紅葉とのコントラストが美しい=鳴沢村役場提供
  • 氷穴で一番狭い場所。かがまないと通れない
  • 最盛期には氷柱は2~3メートルまで育つ

 
 今年、世界遺産に登録された富士山。その近辺にある鳴沢氷穴を歩き、青木ケ原樹海を眺めてきました。樹海の名が示す「海」の成り立ちには、思いもよらぬ理由がありました。

取材・文/小森風美

 

 ぽっかりと開いた入り口をくぐった途端、暗がりから何かが向かってきた。慌てて首を引っ込めると、コウモリが一匹、飛び去っていった。

 どこまで続く? 氷の洞窟

 ここは山梨県鳴沢村の鳴沢氷穴。約1150年前に噴火した、富士山の側火山・長尾山の溶岩流が作り出した環状の洞窟だ。総延長153メートルで、年間の平均気温は0~3度。夏でも氷が解けない人気のスポットで、15分ほどで一周できる。

 「頭に気をつけて。しゃがんで横向きに歩くのがポイントですよ」

 ネイチャーガイドの小野巌さん(80)に倣って、高さ91センチメートル、洞内で一番低い場所を慎重にくぐり抜けると、立ち入り禁止の札がかかる「地獄穴」に出た。伝説では、70キロメートル以上離れた神奈川・江の島の洞窟とつながっているそうだ。さらに進むと、氷のブロックが積み上げられた「氷の壁」と、したたり落ちる水が凍った天然の氷柱に行きあたった。氷柱は秋口は小さいが、春のピークに向けてこれから成長する。

 風が育んだ原生林の海

 氷穴を出て50分ほど歩くと、紅葉台展望レストハウスに着く。屋上には展望台があり、富士山が一望できる。360度の大パノラマ、青木ケ原樹海の向こうには西湖と本栖湖の湖面がきらきらと光っていた。例年は11月中旬が紅葉の最盛期で、今月末まで彩りが楽しめるという。

 風に吹かれながら樹海を見ると、不思議なことにどの木も似たような高さ。小野さんによれば「偏西風の影響」という。高度1万2千メートルで吹く偏西風は地上付近で強い西風に変わる。その強風にさらされた樹木は一定の高さを保ち枝葉を広げ、全体が海のように見えるので、「樹海」というらしい。

 地底の世界をのぞいたら、大地に広がる樹海と天まで届く霊峰を望む。世界文化遺産・富士山近辺の、そんな楽しみ方はいかがだろう。

 

 

ネイチャーガイドツアー
洞窟見学や青木ケ原樹海散策など5コース。
所要1~3時間、1人1500円~。要予約
紅葉台展望台は有料(大人150円、子ども100円)。
問い合わせは富士観光興業/森の案内ガイド係(0555・85・3089)。

 

 

 富士山眺めちょいと一杯

江戸末期から清酒を製造する「井出醸造店」の「甲斐(かい)の開運 富士山天空絵巻  吟醸」。富士山の伏流水を使い、上空から富士山近辺を撮影したパノラマ写真が巻き付けられている。

180ミリリットル、840円。

【DATA】
富士河口湖町船津8(TEL0555・72・0006)。 
インターネットによる通信販売も。
http://www.kainokaiun.jp 

(2013年11月12日、マリオン・ライフ、マリオン・プレゼント掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「旅してサプリ」の新着記事 一覧を見る
改修が進む根本中堂のとち葺きの回廊屋根がメディアに公開された。ヘルメットをかぶった僧侶がスピーカーで解説=大津市坂本本町、井本久美撮影

最澄ゆかりの比叡山延暦寺とその周辺をめぐる

2021(令和3)年に最澄入滅から1200年の大遠忌を迎えるにあたり、19(令和元)年5月、「伝教大師最澄1200年魅力交流委員会」が発足した。最澄の魅力を求め、延暦寺へ。

最澄ゆかりの比叡山延暦寺とその周辺をめぐる(2)

最澄ゆかりの比叡山延暦寺とその周辺をめぐる

最澄ゆかりの比叡山延暦寺とその周辺をめぐる(3)

最澄ゆかりの比叡山延暦寺とその周辺をめぐる

最澄ゆかりの比叡山延暦寺とその周辺をめぐる(4)

最澄ゆかりの比叡山延暦寺とその周辺をめぐる

新着コラム 一覧を見る
「きかんしゃトーマス」

シネマNEWS

「きかんしゃトーマス」劇場版最新作、場面写真解禁!前売り特典も決定!

2020年には原作誕生から75周年を迎え、全世界で人気を博す「きかんしゃトーマス」。

「クレヨンしんちゃん」

シネマNEWS

今旬な俳優・山田裕貴、映画しんちゃんゲスト声優で声優初挑戦!!

ラクガキングダムの王国軍を率いて「ウキウキカキカキ作戦」を実行に踏み切るキーパーソン・防衛大臣役にゲスト声優として山田裕貴が大決定!

三遊亭兼好さん(落語家) 「運動靴と赤い金魚」(1997年) 

私の描くグッとムービー

三遊亭兼好さん(落語家)
「運動靴と赤い金魚」(1997年) 

ゲラゲラと笑って見るのが好きな人間でしてね。でも、この映画は私が28歳で入門して間もない頃かな、妻がDVDで借りてきたのを一緒に見て、幼い兄妹と家族の温かさに胸を打たれた作品です。

ブームの卵

ブームの卵

1月24日 注目グッズ
「ボルダリングレース」など

東京五輪で初めて正式競技として採用されるスポーツクライミングを、卓上で気軽に楽しんでみない?

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。