ほくほく味さんぽ

中野<1>サブカルの地、ブロードウェイグルメ

人気の100円ナポリタンなど

人気のナポリタンは安くておいしいので、サイドメニューとしてお弁当と一緒に買っていく人も

人気のナポリタンは安くておいしいので、サイドメニューとしてお弁当と一緒に買っていく人も

  • 人気のナポリタンは安くておいしいので、サイドメニューとしてお弁当と一緒に買っていく人も
  • 現代風のとろりとしたタイプではなく、昔ながらのしっかりと焼いたオムレツはなんとも懐かしい味
  • 「なぜここに?」と思いたくなるほどわかりにくい場所にあるので、店内マップをしっかりチェック
  • 毎日、明け方から仕込みをしているという宮田さん。頑固そうに見えるが、話しかけてみるととても気さくでやさしい
  • 完全手づくりなので量産できず、一日300個限定で午後3~4時ごろには売り切れてしまうため注意
  • 肉本来の味と、コクのあるタレとのバランスがクセになるもも焼きは、食べてみる価値あり!

 12月の味さんぽは、JR中央快速線で新宿から1駅の中野。しかも中野のランドマークとして有名な「中野ブロードウェイ」の人気店をご紹介します。中野ブロードウェイといえばフィギュアなどの専門店がぎっしりと並ぶサブカルスポットとして有名ですが、その一方で知られざるグルメエリアでもあるのです。

地図 というわけで1階エントランスに足を踏み入れたら、2階には止まらない謎のエスカレーターで一気に3階へ。さらにそこから階段で4階まで昇ると(エレベーターもあります)、そのすぐ脇にあるのが今年で創業20年目だという「シャルマン」です。人通りが少なく、わかりにくい場所にあるにもかかわらず、午前中から周辺住民やサラリーマン、OLがひっきりなしに訪れる人気のテークアウト専門店。

 午後1時ごろにはほとんどのメニューが売り切れてしまうそうですが、それもそのはず。店主の宮田守康さん(65歳)が、毎朝早朝から時間をかけてじっくりと仕込みをしているだけあって、何を食べても味は抜群なのです。そればかりか、値段も驚くほど安いのだからうれしい限り。

 その最たるものが、「お客さんの喜ぶ顔が見たいから」という理由から採算度外視で続けているナポリタン。トマトとタマネギの風味が口中に広がる奥深い味わいが魅力的で、小さめのサイズだとはいえ、値段はなんと100円。5個まとめ買いしていく人も少なくないそうですが、十分に納得できます。その他、「オムライスのことも書いといてね、おいしいから」と宮田さんも自信を持ってオススメするオムライス(350円)も、昔ながらの洋食店の味を思い起こさせる逸品。値段からは想像できないほどのボリュームです。

 さて、エレベーターで地下1階に降りると、グルメフロアとしてのブロードウェイの魅力を実感できる食料品街。その真ん中あたりに位置しているのが、「手づくり点心 また明日。」です。和歌山出身のオーナー、中村琢也さん(38歳)がお店を開いたのは10年前のこと。すべてが完全手づくりで、一番人気は、一日300個限定で、午後3~4時ごろには売り切れてしまうという肉まん(173円)。

 最大のポイントは、臭みがなくアッサリとしていて、脂が上質な「和豚もちぶた」というブランド豚を使用している点。もちろん皮も手づくりで、ものすごくボリュームがあるため、一個食べたら十分おなかいっぱいになります。

 ちなみに店名には、また来ていただきたいという思いが込められているのだとか。だからこそ、「また明日来ていただけるように」と、必ずレシートに一割引きのクーポン券がつくそうです。そんなせいもあってか、リピーターがとても多いのも特徴のひとつ。

 「手づくり点心 また明日。」の5軒先にある「宮川商店」は、昭和41年からブロードウェイで営業を続けている鶏肉専門店。小さなお店ですが、鮮度のよさには定評が。

 また、テークアウトメニューも充実しています。つくねや手羽揚げなどの定番メニューもさることながら、2代目の星 孝智さん(44歳)の最大のオススメは「大山どり もも焼(350円)」。鮮度抜群の大山鶏を、四十数年間変わらない秘伝のタレに漬け込んでじっくりと焼き上げた逸品。カリッとした皮にはタレの味がよく染み込んでおり、肉もふんわりとしてジューシー。基本に忠実な、一度食べたらヤミツキになること間違いなしの味です。

(印南敦史)

■シャルマン

東京都中野区中野5−52−15 中野ブロードウェイ4階
TEL:03-3387-7537
営業時間:午前9:30~なくなり次第終了
休み:水曜、日曜、祝日
開店は9時半と、各店の開店時間がバラバラなブロードウェイのなかでも早い方。そのかわり閉店も早いのでお早めに。
店舗情報はこちら

■手づくり点心 また明日。

東京都中野区中野5−52−15 中野ブロードウェイ地下1階
TEL:03-3389-6502
営業時間:午前11:00~午後7:00
休み:水曜
店内にはイートインスペースもあるので、できたてをその場でゆっくり食べることも可能。
店舗情報はこちら

■宮川商店

東京都中野区中野5−52−15 中野ブロードウェイ地下1階
TEL:03-3385-0426
営業時間:午前10:00~午後7:00
休み:水曜
テークアウトメニューだけでなく、ズラリと並ぶフレッシュな鶏肉は、これからの季節ならお鍋にも合いそう。
店舗情報はこちら

(2013年12月12日掲載。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は更新時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「ほくほく味さんぽ」の新着記事 一覧を見る
自家製ハムとアボカド・トマト

中目黒・食材のみずみずしさをふんだんに

おしゃれでおいしいお店が多い中目黒は、落ち着きがありながらも、東急東横線と東京メトロ日比谷線が乗り入れ、山手通りを中心に栄える街です。

プードルケーキ

神保町<2>レトロな店のプードルケーキ

神保町の味さんぽ2回目は、この地で長らく愛されてきた洋菓子店をご紹介したいと思います。

野菜カリー

神保町<1>人気の「カリー」に舌鼓

今回の味さんぽは、学生街、古書店街であり、大型スポーツ用品店や楽器店も多く…とさまざまな顔を持っている神保町。ところで、この街を代表するグルメとしてすぐに思い浮かぶものといえば?

ブリトー

麻布十番<2>個性あふれる味を堪能

2000年に東京メトロ南北線と都営地下鉄大江戸線が全線開通して以来、地域の住民と観光客がほどよく共存するようになった麻布十番。前回に続き、港区の穴場と言うべきこのエリアの味さんぽをお送りしましょう。

新着コラム 一覧を見る
ブームの卵

ブームの卵

8月23日 注目グッズ
「TAP TAPE(タップテープ)」など

「TAP TAPE(タップテープ)」は、ノートやアルバム、壁などにメモや写真を貼りたいときに役立つ、スタンプ式の両面テープだよ。

坂本慎太郎さん(ミュージシャン)「6才のボクが、大人になるまで。」(2014年)

私の描くグッとムービー

坂本慎太郎さん(ミュージシャン)
「6才のボクが、大人になるまで。」
(2014年)

一人の少年の6歳から18歳で独り立ちするまでを描いた成長物語。同じキャストを1年ごとに実際に12年かけて撮影しているんです。

「江戸蕎麦(そば) ほそ川」の穴子天せいろ

おんなのイケ麺(めん)

石原洋子さん
「江戸蕎麦(そば) ほそ川」の穴子天せいろ

ほそ川さんの天ざるは、穴子の天ぷらです。よくあるエビ天じゃなくて。珍しいでしょ?

「PATISSERIE Pavlov」のフレンチトースト

オトコの別腹

LEO(今野玲央)さん
「PATISSERIE Pavlov」のフレンチトースト

まだ実家暮らしの頃、共働きの母が週末になると時折、朝食に作ってくれたフレンチトースト。外で食べるような立派なものではなかったものの、僕にとっては特別な味です。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。