オトコの別腹

佐藤オオキさん
「アテスウェイ」のフロマージュクリュ

「アテスウェイ」のフロマージュクリュ

「アテスウェイ」のフロマージュクリュ

  • 「アテスウェイ」のフロマージュクリュ
  • 佐藤オオキさん

 「スイーツは1日に3個まで」と決めるほどの甘党です。中でもアテスウェイさんの大ファン。常に行列の人気店ですが、待ち時間を含めてもはや一つのエンターテインメントですね。

 ケーキの魅力は「層」だと思っています。このレアチーズケーキは4層の組み合わせが格別。やわらかくて滑らかなレアチーズの厚い層と、焼いたスフレチーズの層を生クリームで覆っています。底のサブレはザクッとした食感でアクセントに。サブレの上に塗られたレモンクリームが爽やかな風味で、甘さも程よい。近くに寄る度につい買ってしまいます。

 実は、オーナーとはお仕事もご一緒しました。行列に並んでいたら、「佐藤さんですよね?」と声をかけてくださって。隣接するショコラとアイス専門の姉妹店の内装を手がけました。

 層や素材の組み合わせでどんな変化、進化が起きるか、どんな驚きにつなげていくかを考えるスイーツ作りは、ものづくりをする者として共感するところがあります。もちろん、妥協のない仕事ぶりにもですね。

 

◆東京都武蔵野市吉祥寺東町3の8の8(TEL0422・29・0888)。
 450円。
 午前11時~午後7時。
 (月)((祝)(休)の場合は翌日)休み。


 さとう・おおき デザイナー。
 デザインオフィスnendo代表。資生堂の総合美容施設「SHISEIDO THE STORE」を手がけるなど国内外で活躍。近著に「佐藤オオキのボツ本」(日経BP社)。

(2018年9月7日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「オトコの別腹」の新着記事 一覧を見る
「銀座 立田野」の立田野あんみつ

木場勝己さん
「銀座 立田野」の立田野あんみつ

子どもの頃、祖母が火鉢であんこを煮てくれました。それをお汁粉にしたり、おはぎにしたりと、あんこは家で食べる物だったんです。

「創作菓子の店 ヴィヨン」のカットクーヘン

吉田玉男さん
「創作菓子の店 ヴィヨン」のカットクーヘン

お酒は飲まない甘党です。バウムクーヘンって、普通はもう少し軟らかいですよね。これはカチッとしていて崩れないし、水なしで食べられるほどしっとりしています。

「patisserie LA VIE DOUCE(パティスリー ラ ヴィ ドゥース)」のラヴィ・バニラサンド

向井康介さん
「patisserie LA VIE DOUCE(パティスリー ラ ヴィ ドゥース)」
のラヴィ・バニラサンド

甘党じゃないけど「さぁ書きはじめるか」って時に、コーヒーをいれて、甘いものを食べるんです。ちまたの「甘いものは脳を活性化させる」という説が、刷り込まれているのかも。

「銀座甘楽(かんら)」の豆大福(つぶあん)

米村でんじろうさん
「銀座甘楽(かんら)」の豆大福(つぶあん)

全国各地でサイエンスショーを行っています。これは、新幹線で出かける時の旅のお供、駅弁とセットで購入します。

新着コラム 一覧を見る
シャンプーハット こいでさん(芸人) 「レナードの朝」(1990年)

私の描くグッとムービー

シャンプーハット こいでさん(芸人)
「レナードの朝」(1990年)

この物語は、脳神経科医オリバー・サックスの回想録が基になっています。

「スパ吉」の明太子(めんたいこ)とウニとイカのバター風味

おんなのイケ麺(めん)

花澤香菜さん
「スパ吉」の明太子(めんたいこ)とウニとイカのバター風味

学生の頃はお仕事と学業の両立で、頑張った日は「自分にご褒美」って、スパ吉に行っていました。本当においしいんです。

タブレット純の「昭和歌謡に恋した私」

タブレット純の「昭和歌謡に恋した私」

<上> ムード歌謡・ロシア民謡編

歌手でお笑い芸人のタブレット純さんが、自身のエピソードを交えながら昭和歌謡の魅力を紹介します。

西村千太郎「納屋橋風景」

美博ノート

西村千太郎「納屋橋風景」

名古屋市美術館は、地元を中心に東海地方にゆかりのある作家の作品も収集している。本作は、同市出身の洋画家・西村千太郎(1907~94)の風景画。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。