オトコの別腹

中野量太さん
「パティスリーアノー」の宿(しゅく)プリン

「パティスリーアノー」の宿プリン

「パティスリーアノー」の宿プリン

  • 「パティスリーアノー」の宿プリン
  • 中野量太さん

 家から行きやすいおいしいケーキ屋さんを探していて見つけたお店です。プリンは有名店も含めていろいろ食べてきたけど、ここのは絶品。バニラビーンズたっぷりのなめらかなプリンと、上にかかったカスタードソースの2層で攻めてくるんです。とろっとクリーミーなソースをすくうと生クリームが顔をのぞかせて。舌触りに意外性があって二度楽しめます。幸せな気分になりますね。

 しょっちゅう食べるというよりは、仕事を終えたときなどのご褒美に食べたくなります。特別感がありますね。特に脚本を書き終えたとき。相当なエネルギーを使うので甘いものが欲しくなります。

 僕は家族をテーマに映画を撮っています。食卓のシーンは欠かせません。公開中の「長いお別れ」ではスイーツもいくつか登場しています。父親の70歳の誕生日ケーキ、長女が帰国して早々に喫茶店でバクバク食べるパフェ、次女が恋人と前妻との間の子どものために作った切ないクッキー。食事はもちろん、スイーツも家族のつながりを象徴するものなのかもしれませんね。

◆川崎市多摩区宿河原2の4の16(問い合わせは044・742・7575)。
1個324円。
午前10時~午後7時。


 なかの・りょうた 映画監督、脚本家。
 1973年生まれ。代表作に「湯を沸かすほどの熱い愛」。認知症になった父親とその家族の7年間を描いた「長いお別れ」が公開中。

(2019年7月4日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「オトコの別腹」の新着記事 一覧を見る
「PATISSERIE Pavlov」のフレンチトースト

LEO(今野玲央)さん
「PATISSERIE Pavlov」のフレンチトースト

まだ実家暮らしの頃、共働きの母が週末になると時折、朝食に作ってくれたフレンチトースト。外で食べるような立派なものではなかったものの、僕にとっては特別な味です。

加治将樹さん 「共立食品」のミックスカラースプレー

加治将樹さん
「共立食品」のミックスカラースプレー

小学生の頃、親戚が千葉に住んでいて、夏休みになる度に遊びに行きました。近くの大型ショッピングモールの中にソフトクリーム屋さんがあって、そこのバニラソフトクリームにカラースプレーが山盛りにトッピングされていたんです。

「フランス製菓」のタヌキ

山本幸久さん
「フランス製菓」のタヌキ

10年前、かわいいし2人の子どもが喜ぶだろうと思って買ったら、富山県出身の奥さんが知っていたんです。

「大口屋」の餡麩三喜羅

豊島将之さん
「大口屋」の餡麩三喜羅(あんぷさんきら)

さっぱりした甘さのこし餡を、もっちりした生麩でくるんだ麩菓子です。山帰来(さんきらい)という植物の葉で包んでいるんだそうです。

新着コラム 一覧を見る
ブームの卵

ブームの卵

8月23日 注目グッズ
「TAP TAPE(タップテープ)」など

「TAP TAPE(タップテープ)」は、ノートやアルバム、壁などにメモや写真を貼りたいときに役立つ、スタンプ式の両面テープだよ。

坂本慎太郎さん(ミュージシャン)「6才のボクが、大人になるまで。」(2014年)

私の描くグッとムービー

坂本慎太郎さん(ミュージシャン)
「6才のボクが、大人になるまで。」
(2014年)

一人の少年の6歳から18歳で独り立ちするまでを描いた成長物語。同じキャストを1年ごとに実際に12年かけて撮影しているんです。

「江戸蕎麦(そば) ほそ川」の穴子天せいろ

おんなのイケ麺(めん)

石原洋子さん
「江戸蕎麦(そば) ほそ川」の穴子天せいろ

ほそ川さんの天ざるは、穴子の天ぷらです。よくあるエビ天じゃなくて。珍しいでしょ?

ひさご通り商店街のサマーフェスティバルに登場したパンダバージョンの台東くん。商店街キャラクターのひさごろうと一緒にイベントを盛り上げた=2019年7月14日 東京都台東区浅草2丁目、小松麻美撮影

ご当地キャラ大集合

仏様が書いた文字から浮かび上がる区のまもり神

首都圏周辺のご当地キャラクターを紹介する「ご当地キャラ大集合」。第7回は東京都台東区の「台東くん」です。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。