読んでたのしい、当たってうれしい。

オトコの別腹

笠原将弘さん
「巴裡(パリ) 小川軒」の元祖レイズン・ウイッチ

「巴裡 小川軒」の元祖レイズン・ウイッチ
「巴裡 小川軒」の元祖レイズン・ウイッチ
「巴裡 小川軒」の元祖レイズン・ウイッチ 笠原将弘さん

 うちのおふくろがね、好きだったのかな。子どもの頃、どこかにでかけるときの手土産はいつもこれ。大人の「良い手土産」のイメージでした。家にも置いてあって、よく食べていましたね。

 パイのようなサクサクとしたクッキーに挟まれたレーズンとクリームの塩梅がいいんですよ。一つ一つのパーツがとてもおいしい。ちょっと大人の味だから正直、子どもの頃は良さをわかっていなかったんですが、年を取るとこのおいしさが理解できる。

 「元祖レイズン・ウイッチ」という名前もレトロな感じでいいですよね。やっぱり昔から続いているお菓子ってすごいと思います。料理の作り手としても、定番で人に愛されるメニューというものに憧れます。昔からずっと変わらない味で、流行に左右されずにどっしりと構えたような感じが好きです。自分の店でも、はやりに流されずにコンセプトを貫き通す仕事の仕方をしたいと思っています。

 甘いものって、なくても生きていけるんでしょうけど、お酒を飲んでるときのアクセントや、今日は疲れたなという日に食べたくなるときがあるんです。ウイスキーに合いますし、一日の締めのタイミングにこれがあったら、もう最高ですね。

 ◆新橋店 東京都港区新橋2の20の15(問い合わせは03・3571・7500)。5個入り675円、10個入り1188円。午前10時~午後6時半([土]は5時まで)。[日]、5月2日~5日休み、[祝]不定休。目黒店・オンラインショップでも購入可。


 かさはら・まさひろ 日本料理店店主。1972年東京都生まれ。新宿の「正月屋吉兆」で9年間修業後、実家の焼き鳥店「とり将」を継ぐ。2004年、恵比寿に「賛否両論」を開店。近著に「笠原将弘の毎朝父さん弁当」(KADOKAWA)。

(2022年4月28日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

今、あなたにオススメ

オトコの別腹の新着記事

  • 竹内薫さん
    「ありあけ」の横濱ハーバー
    原稿で行き詰まった際などに、甘いものを食べることが多いです。脳は糖分を栄養源とするので、甘いものを食べると短時間でエンジンがかかりますよね。

  • 北村薫さん
    鶴牧煎餅(せん・べい)店 しょうゆ煎餅
    埼玉県内の日光街道沿いには六つの宿場町があり、せんべいで有名な草加宿だけでなく、ここ杉戸宿を含め、宿場ごとにおせんべい屋があったものです。私の育った杉戸宿には、鶴牧煎餅店があります。

  • 高橋弘樹さん
    「ふわり」の和栗モンブランかき氷
    人形町って名店がいっぱいあるじゃないですか。家からも近くて、よく自転車で街をふらふらしてお店を探すのが好きで。このお店は、去年の月にオープンしてすぐの頃にたまたま見つけて、入ってみたらすごくおいしかったんですよ。

  • 桃月庵白酒さん
    「ACHO神楽坂」のプリン
    東京・神楽坂に住んでいた当時、いつも通る道は決まっていたんです。その日は、仕事で自転車で矢来町の新潮社に行った帰りがけ、ふと、故・志ん朝師匠のお宅は今どうなってるかな? ちょっと行ってみようと思って、住宅街に入っていったらこのお店があったんです。

新着コラム