読んでたのしい、当たってうれしい。

オトコの別腹

蒲田健さん
「常乃菓舎(ときのかしゃ)」のモンブラン

常乃菓舎(ときのかしゃ)のモンブラン

 僕の地元、たまプラーザ周辺はスイーツ激戦区。2021年にお店がオープンした時は心配していましたが、家族で試しに食べてみたところ、そのおいしさに一同驚愕(きょう・がく)。酒飲みでスイーツはあまりわからないのですが、気に入ってリピートするようになりました。

 火~木が定休日。のんびり営業されているのかと思いましたが、話を聞いてみると、定休日は仕込みの期間なんだとか。基本的にはご夫婦だけでやられているそうで、そのストイックさにより好感が増しました。

 甘すぎずしつこくなく、サクッとしたクッキー部分とカッペリーニのように細くしっとりしたクリーム部分を、同時に楽しむことができます。少しお高めだけど、素材へのこだわりや手間を考えると、当然この値段にしかならないよね。

 このお店で一番人気のフィナンシェもおすすめ。お菓子の詰め合わせの定番ですが、外がカリッ、中がフワッとしていて、他とは一味違います。

 今回このコーナーで紹介すると、人気になって買えなくなるんじゃないかと家族も心配しているくらい。地元を代表する名店になるんじゃないかな。

 ◆横浜市青葉区美しが丘4の19の1(電話045・479・9271)。800円。午前11時~原則午後6時。(火)~(木)休み。


 がまだ・けん ラジオパーソナリティー、ナレーター。NHK総合・BS広報番宣、NHKEテレ「趣味の園芸」シリーズ「これ、かっこイイぜ!」のナレーターや、FM各局「OH! HAPPY MORNING」のパーソナリティーを務める。

(2022年11月24日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

今、あなたにオススメ

オトコの別腹の新着記事

  • 河合敦さん
    「港常」のあんずちゃん
     小学4年生のころ、塾が終わるとみんなで自転車に乗ってよく立ち寄ったのが駄菓子屋。マンガを立ち読みして、このあんずちゃんを買っていました。水あめの甘さとアンズのほどよい酸っぱさがおいしかった。勉強で疲れた頭によかったのかも。大人になって、たまに思い出しては食べたくなって、駄菓子屋をのぞいていました。駄菓子屋が減った40代後半からは、年に何回かネットで箱買いをしています。

  • 小堺翔太さん
    「トップス」のチョコレートケーキ
    小学校低学年の頃からずっと、誕生日には必ずこのケーキを食べています。東京・赤坂の旧TBS会館にお店があった頃、チョコレートが好きな僕に、父(小堺一機さん)が買ってきてくれました。

  • 岩永洋昭さん
    「福田屋本舗」のカステラ
    今は亡きおじさんと過ごした時間や、地元にいた日々を思い出す、変わらない思い出の味です。

  • 宮城聰さん
    「浅野屋」のくずもち
    白くて弾力のあるくずもちに、きな粉と黒蜜を絡める。どのくらいかけると好みの味になるか、どうやったらうまく絡むか。何遍試しても「これぞ100点」がなくて、一口ずつ挑戦する楽しみがあります。

新着コラム