美博ノート

桑原翠邦「古道少人行」

近現代の書 昭和・平成編(春日井市道風記念館)

制作年不明

制作年不明

 「現代書の父」といわれる比田井天来(ひだいてんらい)(1872~1939)は、1930年に東京で書学院を設立し、中国古典を直接学ぶことを説いた。金子鴎亭や手島右卿(ゆうけい)は、その教えを受け継ぎつつ、近代詩文書や少字数書といった新しい分野の書を開拓していった。

 一方、天来の弟子の中でも伝統的な書のスタイルを貫いたのは桑原翠邦(1906~95)だ。本作は、漢時代に確立した書体「隷書」で書かれた作品。「隷書」は上から押しつぶしたような扁平(へんぺい)な字形で、横画を波のようにはねた「波磔(はたく)」が特徴だ。現在は、紙幣でもよく目にする。学芸員の鈴川宏美さんは、「端正な字形と余白がとても美しい作品です。粘り強い線が素晴らしく、重厚感があります」と話す。翠邦(すいほう)は、72年から83年まで当時の浩宮さま(いまの天皇陛下)の書道教授を務めた。

(2019年6月11日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「美博ノート」の新着記事 一覧を見る
「徒然草絵巻」巻3(部分)

「徒然草絵巻」巻3(部分)

うわさに振り回される人間の愚かさ。「数カ月前のトイレットペーパー騒動を思わせます」と、本展を企画した徳川美術館学芸員の加藤祥平さんは話す。

「眼をとじて」

「眼をとじて」

フランス象徴主義を代表するオディロン・ルドンは、1890年ごろにその作風の転換期を迎える。

「『起源』Ⅱ.おそらく花の中に最初の視覚が試みられた」

「『起源』Ⅱ.おそらく花の中に最初の視覚が試みられた」

ギョロリとした人の目を持つ花。目の周りを取り巻くのはまつげか、綿毛か、それとも光か

「裸婦」

「裸婦」

フランス象徴主義を代表するオディロン・ルドンが活動した19世紀末の潮流や、日本でルドンがどのように受容されてきたのかを所蔵品の約70点で考察する。

新着コラム 一覧を見る
甘いお酒でうがい

シネマNEWS

『甘いお酒でうがい』新公開日決定!

新型コロナウィルス感染拡大防止対策による方針を受け、当初予定されていた4月10日(金)の公開を延期していた『甘いお酒でうがい』が、9月25日(金)から、ヒューマントラストシネマ渋谷、テアトル新宿ほかにて全国公開することが決定。

浅田家

シネマNEWS

あなたの家族が映画のプロモーション映像に?!

映画公開を記念して、一般の方々から“自慢の家族写真”をエピソードと共に募集する≪映画『浅田家!』公開記念 この夏、家族写真を撮ろう!≫キャンペーン実施。

慶長遣欧使節関係資料 仙台市博物館

私のイチオシコレクション

慶長遣欧使節関係資料 仙台市博物館

夏の常設展「支倉常長帰国400年」の特集展示では、6年半ぶりに国宝「慶長遣欧使節関係資料」全47点をそろえています。

ニュースパーク(日本新聞博物館)

ロゴ散歩

ニュースパーク(日本新聞博物館)

アイスクリーム、ビール、ガス灯……日本での発祥地が横浜とされるものは多いが、日刊新聞もその一つ。

お知らせ(更新情報)
新型コロナウイルス感染症拡大を受け、開催を中止・延期するイベント、プレゼントがございます。

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪


♦お知らせ

中止を決定したものにつきましては、その都度情報を更新し、公開を取り下げます。
なお、中止・延期となったイベント等の詳細につきましては主催者にお問い合わせいただきますようお願いいたします。
マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。