美博ノート

桑原翠邦「古道少人行」

近現代の書 昭和・平成編(春日井市道風記念館)

制作年不明

制作年不明

 「現代書の父」といわれる比田井天来(ひだいてんらい)(1872~1939)は、1930年に東京で書学院を設立し、中国古典を直接学ぶことを説いた。金子鴎亭や手島右卿(ゆうけい)は、その教えを受け継ぎつつ、近代詩文書や少字数書といった新しい分野の書を開拓していった。

 一方、天来の弟子の中でも伝統的な書のスタイルを貫いたのは桑原翠邦(1906~95)だ。本作は、漢時代に確立した書体「隷書」で書かれた作品。「隷書」は上から押しつぶしたような扁平(へんぺい)な字形で、横画を波のようにはねた「波磔(はたく)」が特徴だ。現在は、紙幣でもよく目にする。学芸員の鈴川宏美さんは、「端正な字形と余白がとても美しい作品です。粘り強い線が素晴らしく、重厚感があります」と話す。翠邦(すいほう)は、72年から83年まで当時の浩宮さま(いまの天皇陛下)の書道教授を務めた。

(2019年6月11日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「美博ノート」の新着記事 一覧を見る
「ゴリアテの首を持つダヴィデ」

「ゴリアテの首を持つダヴィデ」

人々の感情を揺さぶる生々しい表現で名声を博したイタリアの画家カラバッジョは、斬首をモチーフにした作品が多い。ついには本作で自身の生首を描いた。

「法悦のマグダラのマリア」

「法悦のマグダラのマリア」

イタリア絵画の巨匠カラバッジョ(1571~1610)は、作品も人生も劇的なことで知られる。気性が荒く暴力事件を何度も起こした末、1606年に1人の男を刺殺。

「リュート弾き」 カラヴァッジョ展(名古屋市美術館)

「リュート弾き」

16世紀末のイタリアに現れた天才画家カラバッジョ(1571~1610)。本展は、光と影の描写と生々しい写実表現でローマに衝撃を与えたカラバッジョ作品約10点と、その影響を受けた画家たちの作品約30点で構成する。

「人物土偶」

「人物土偶」

もともと南米の小さな部族社会だったインカ帝国は、周辺に栄えたいくつもの文化を15世紀に征服して大帝国となった。その一つがチャンカイ文化(11~15世紀)。

新着コラム 一覧を見る
“独身・彼女なし”田中圭の恋人は花!?

シネマNEWS

“独身・彼女なし”田中圭の恋人は花!?不器用すぎる片想いたちによる“メロウ”な本予告映像解禁!

『パンとバスと2度目のハツコイ』、『愛がなんだ』など、オリジナリティ溢れる世界観でファンを魅了する恋愛映画の旗手・今泉力哉監督と、2019 年にドラマ「あなたの番です」での好演もあり、今勢いのある俳優・田中圭との初タッグで話題の映画『mellow』(メロウ)が、2020 年1 月17 日(金)に全国公開。

「銀座 よし田」の鴨せいろ

おんなのイケ麺(めん)

春本由香さん
「銀座 よし田」の鴨せいろ

実家では大みそかになると、必ずこちらで年越しそばをいただいていました。父(六代目尾上松助)の生前、家族でよくうかがった、思い出の詰まったお店です。

「仁井田本家」のこうじチョコ

オトコの別腹

鈴木心さん
「仁井田本家」のこうじチョコ

故郷の福島県郡山市の酒蔵で作られている素朴なお菓子です。見た目はチョコレート。だけどカカオは入っていません。

クイーンエキシビジョンジャパン~ボヘミアンラプソディ~Supportedby集英社

シネマNEWS

クイーンエキシビジョンジャパン~ボヘミアンラプソディ~Supportedby集英社、開催決定

70年代からフレディ・マーキュリー・トリビュート・コンサートまでの実物の衣装やポスター等、 貴重なアイテムの数々を展示、 クイーンと日本の特別な関係を垣間見ることが出来る、 これまでの来日時のオフショット写真なども展示されます。

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。