美博ノート

桑原翠邦「古道少人行」

近現代の書 昭和・平成編(春日井市道風記念館)

制作年不明

制作年不明

 「現代書の父」といわれる比田井天来(ひだいてんらい)(1872~1939)は、1930年に東京で書学院を設立し、中国古典を直接学ぶことを説いた。金子鴎亭や手島右卿(ゆうけい)は、その教えを受け継ぎつつ、近代詩文書や少字数書といった新しい分野の書を開拓していった。

 一方、天来の弟子の中でも伝統的な書のスタイルを貫いたのは桑原翠邦(1906~95)だ。本作は、漢時代に確立した書体「隷書」で書かれた作品。「隷書」は上から押しつぶしたような扁平(へんぺい)な字形で、横画を波のようにはねた「波磔(はたく)」が特徴だ。現在は、紙幣でもよく目にする。学芸員の鈴川宏美さんは、「端正な字形と余白がとても美しい作品です。粘り強い線が素晴らしく、重厚感があります」と話す。翠邦(すいほう)は、72年から83年まで当時の浩宮さま(いまの天皇陛下)の書道教授を務めた。

(2019年6月11日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「美博ノート」の新着記事 一覧を見る
「茶運び人形(男)」

「茶運び人形(男)」

江戸時代に発展したからくり人形は、祭礼や人形浄瑠璃に使われたほか、大名など富裕層の間では高級玩具として愛玩された。

浄瑠璃人形「お里」

浄瑠璃人形「お里」

中部地方などの祭礼や人形浄瑠璃で使うからくり人形の制作、修復を行う木偶師・二代目萬屋仁兵衛。

比田井南谷「作品68-1」

比田井南谷「作品68-1」

線の表現を極めようと、様々な試みをしてきた南谷。

川村驥山の「狂草作品」

川村驥山の「狂草作品」

所蔵する書作品から、昭和、平成の時代を代表する作家

新着コラム 一覧を見る
我孫子市鳥の博物館

気になる一品

我孫子市鳥の博物館

剥製や骨格標本などで、鳥の進化や世界の鳥類を紹介する我孫子市鳥の博物館。ショップの人気商品が、すし屋で目にする湯飲みをイメージしたオリジナル「湯飲み」(500円)だ。

スパイラル・リングG 木戸修作(群馬県前橋市)

アートリップ

スパイラル・リングG
木戸修作(群馬県前橋市)

上毛電鉄の中央前橋駅に降り立つと、赤城山だろうか、山の稜線が目に入る。分ほど歩き、群馬県警本部を訪ねた。

秋田蘭画 秋田県立近代美術館

私のイチオシコレクション

秋田蘭画 秋田県立近代美術館

秋田蘭画とは、江戸中期に秋田藩士が西洋絵画の技法を取り入れて描いた絵画のことです。

ブームの卵

ブームの卵

6月21日 注目グッズ
「撮れる傘 instabrella」など

旅先やアウトドアで自撮り棒があると便利だけど、梅雨の時期は傘も持ち歩きたいし、荷物が増えちゃう……。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。