美博ノート

「青窓紀聞(せいそうきぶん)」(部分)

怪々奇々 鬼・妖怪・化け物…(名古屋市蓬左文庫・徳川美術館)

 「我は海中に住む、あま彦と申す者なり」。1843年、肥後国(熊本県)に現れたという妖怪だ。3本足で体毛がある。夜な夜な猿の声で人を呼び、豊作と病の多発を予言。「我の姿を書き見る者は無病長寿となる」と告げて姿を消したそうだ。

 尾張藩の重臣に仕えた水野正信が、江戸末期の世相を記録した書物「青窓紀聞」(全204冊)の中に登場する。口の部分が「天」、鼻が「ひ」、目が「こ」の字で形作られ、誰でも姿を描きやすいよう工夫されている。

 幕末になると、このような未来を予言する妖怪「予言獣」がブームになった。社会的不安や未知の病魔などに対する恐れから生まれたとされる。昨今ちまたで話題の「アマビエ」に名前が似ているが、アマビエは半人半魚。1846年に現れたとされ、アマビコから派生したと考えられている。「当時は手で描き写して広まっていったので、写し間違えが原因かもしれません」と、徳川美術館学芸員の加藤祥平さんは話す。

(2020年8月25日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「美博ノート」の新着記事 一覧を見る
「両手付香油壺(つぼ)」

「両手付香油壺(つぼ)」

青色の地に黄色と白のジグザグ模様が映える。陶器にも見えるが実はガラス製。

「「佐治タイル販売網」絵はがき」

「「佐治タイル販売網」絵はがき」

世界地図のど真ん中に名古屋。そこを基点に5大陸の国・都市へ四方に延びる線。

「ラクシュミーのマジョリカタイル(写真展示)」

「ラクシュミーのマジョリカタイル(写真展示)」

広正製陶の金型で作られたとみられるマジョリカタイルの一部は、今もインドに残る。

「サラスヴァティー金型」

「サラスヴァティー金型」

明治期に輸出が盛んだった日本の窯業だが、欧米の流行が移ると変革を迫られた。

新着コラム 一覧を見る
「バターズ」のクラフトバターケーキ

オトコの別腹

栗原心平さん
「バターズ」のクラフトバターケーキ

クラフトバターケーキは三つのシンプルなお菓子が一緒になっているお菓子です。下がガレット・ブルトンヌ、上がフィナンシェ、中にミルクジャム。

「美登飯店」の酸辣湯麺(スーラー湯麺)

おんなのイケ麺(めん)

津森千里さん
「美登飯店」の酸辣湯麺(スーラー湯麺)

麺の量が多いんですよ。食べても食べてもスープの下からあらわれる。

ジェイミー!

シネマNEWS

大ヒットミュージカルの映画化!!

世界中から演劇ファンが集い、ブロードウェイと並んでミュージカルの二大聖地とされるロンドンのウエスト・エンド。

すくってごらん

シネマNEWS

尾上松也、IT社長から今度はエリート銀行員に!

尾上松也の初主演作『すくってごらん』が2021年3月に公開することが決定、ヒロイン・生駒吉乃をももいろクローバーZのリーダー・百田夏菜子が務めることも解禁された。

お知らせ(更新情報)
新型コロナウイルス感染症拡大を受け、開催を中止・延期するイベント、プレゼントがございます。

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪


◆お知らせ

中止を決定したものにつきましては、その都度情報を更新し、公開を取り下げます。
なお、中止・延期となったイベント等の詳細につきましては主催者にお問い合わせいただきますようお願いいたします。
マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。