読んでたのしい、当たってうれしい。

美博ノート

木曽海道六拾九次之内 塩なた

ゆる旅おじさん図譜リターンズ(中山道広重美術館)

「木曽海道六拾九次之内 塩なた」
歌川広重 1836~37(天保7~8)年ごろ 大判錦絵

 笠をかぶり、半身にくるりと「こも」を巻き付けているのは、川渡しの船頭さん。ひと仕事終え、「あっちで温まろう」なんて仲間と話す声が聞こえてきそうだ。

 木曽街道(中山道)の塩名田宿は現在の長野県佐久市に位置する。山々に囲まれ、街道の中で唯一、千曲川と出合う地点。宿場に欠かせない船頭たちが、この絵の題材だ。

 「名所絵」で知られる歌川広重(1797~1858)だが、本展では風景画の中の人物に焦点を当てた。旅人や大名行列の武士など街道を行き交う人だけでなく、街道周辺に暮らし、働く人にも、広重は目を向けている。

 「おおげさではないものの、動きや表情に細かな個性が見てとれる。人物をしっかり観察していたのでしょう」と学芸員の中村香織さん。広重としばしば比較される葛飾北斎が描く人物は、「富嶽三十六景」や「北斎漫画」に見られるようにいかにもユーモラスでやや誇張されている。広重は対照的に、「自然体の味わい深さ」が魅力という。

中山道広重美術館
https://hiroshige-ena.jp/

(2021年5月11日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

今、あなたにオススメ

美博ノートの新着記事

  • 置物・人形 ヘラの跡がよく見える、素焼きの人形。本作の作者・月谷初子(1869~1945)は、日本で最初期に洋風彫刻を学んだ陶彫作家だ。

  • 円筒深鉢 近現代美術を中心に所蔵する愛知県美術館と、古代~現代の陶磁器専門の愛知県陶磁美術館。両館コレクションを一堂に集める本展では、学芸員が独自の視点で設定した四つのテーマで作品が展示される。

  • 尿(いばり)する裸僧 裸の僧侶が鉢に向かって放尿する、強烈な印象の作品を生み出したのは、夭折の洋画家・村山槐多(1896~1919)だ。

  • 穴窯の中で金色にゆらめく炎に焼かれているのは、仏教の経典を収めるための経筒。描いたのは、現在の愛知県碧南市出身の美術工芸家・藤井達吉(1881~1964)。七宝、染織、金工、和紙工芸、日本画などジャンルを横断して制作し、刺繡やアップリケを施したびょうぶなど先駆的な作品を生み出した。

新着コラム