読んでたのしい、当たってうれしい。

美博ノート

東海道五拾三次之内 平塚

ゆる旅おじさん図譜リターンズ(中山道広重美術館)

「東海道五拾三次之内 平塚」
歌川広重 1833(天保4)年ごろ 大判錦絵

 左手にこんもり丸い高麗(こま)山、右には信仰の山としても人気のあった大山(おおやま)がそびえる。間にのぞくのは白い富士山。場所は現在の神奈川県平塚市。田畑を抜ける細道だが、宿場の端に立てられる「榜示杭(ぼうじくい)」と呼ばれる標柱が、街道であることを示している。

 歌川広重は、風景画の中にしばしば人の「すれ違い」を描いた。ここですれ違うのは飛脚とかごかき。街道を行き来して働くおじさんたちだ。

 手紙や荷物を運ぶ飛脚は、江戸時代に発展した。幕府の公用や諸藩の仕事を専門にする飛脚、民間の飛脚など次第に多様化したという。平塚の街道を急ぐこの飛脚は、荷物につけた木札から公用の仕事を受けた飛脚ではないかと学芸員の中村香織さんはみる。

 一方かごかきの2人は、空のかごを背負い反対方向へ。「客を目的地に降ろし、営業が認められている担当エリアへ『回送中』のようです」。当時の職業事情などもふまえて作品を見ると、人物の姿がより生き生きと感じられる。

中山道広重美術館
https://hiroshige-ena.jp/

(2021年5月18日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

今、あなたにオススメ

美博ノートの新着記事

  • 置物・人形 ヘラの跡がよく見える、素焼きの人形。本作の作者・月谷初子(1869~1945)は、日本で最初期に洋風彫刻を学んだ陶彫作家だ。

  • 円筒深鉢 近現代美術を中心に所蔵する愛知県美術館と、古代~現代の陶磁器専門の愛知県陶磁美術館。両館コレクションを一堂に集める本展では、学芸員が独自の視点で設定した四つのテーマで作品が展示される。

  • 尿(いばり)する裸僧 裸の僧侶が鉢に向かって放尿する、強烈な印象の作品を生み出したのは、夭折の洋画家・村山槐多(1896~1919)だ。

  • 穴窯の中で金色にゆらめく炎に焼かれているのは、仏教の経典を収めるための経筒。描いたのは、現在の愛知県碧南市出身の美術工芸家・藤井達吉(1881~1964)。七宝、染織、金工、和紙工芸、日本画などジャンルを横断して制作し、刺繡やアップリケを施したびょうぶなど先駆的な作品を生み出した。

新着コラム