読んでたのしい、当たってうれしい。

美博ノート

盾を持った武士

色彩画家のヨーロッパ紀行(一宮市三岸節子記念美術館)

1956年 130.4×97.1センチ 一宮市三岸節子記念美術館蔵©MIGISHI
1956年 130.4×97.1センチ 一宮市三岸節子記念美術館蔵©MIGISHI

 体の前に大きな盾を構えた赤褐色の埴輪の兵士。背後には太陽と月が輝き、兵士の盾に施された模様も太陽の炎のようだ。色を重ねひっかいて描く技法は、画家として尊敬していた夫・三岸好太郎の作品にも多用されている。

 節子は29歳の時、2歳上の夫を亡くした。絵筆で養った3人の子どもが独立後、49歳で初渡欧。念願の欧州の風土に魅了されながらも、当時のパリの画壇には興味をひかれなかった。ルーブル美術館でも感銘を受けたのは、古代エジプトや中国の力強い原始美術。日本美術にも「大変な自信を持って」帰国した。

 西洋の技法で自分が何を描くべきか問う中、東京国立博物館で出会ったのが埴輪。「日本そのもの」と話した埴輪や土器を骨董商から買い集め、たくましく素朴な美しさを作品に取り入れようと次々と描いた。館には、ひと目で本作に描かれたとわかるモチーフの埴輪も展示されている。

(2021年9月21日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

今、あなたにオススメ

美博ノートの新着記事

  • 円筒深鉢 近現代美術を中心に所蔵する愛知県美術館と、古代~現代の陶磁器専門の愛知県陶磁美術館。両館コレクションを一堂に集める本展では、学芸員が独自の視点で設定した四つのテーマで作品が展示される。

  • 尿(いばり)する裸僧 裸の僧侶が鉢に向かって放尿する、強烈な印象の作品を生み出したのは、夭折の洋画家・村山槐多(1896~1919)だ。

  • 穴窯の中で金色にゆらめく炎に焼かれているのは、仏教の経典を収めるための経筒。描いたのは、現在の愛知県碧南市出身の美術工芸家・藤井達吉(1881~1964)。七宝、染織、金工、和紙工芸、日本画などジャンルを横断して制作し、刺繡やアップリケを施したびょうぶなど先駆的な作品を生み出した。

  • 千手 上部に描かれた白い形は骨か顔か、指で輪を作る仏の手のようにも見える。それをとりまく赤、黄、オレンジは命あるもののよう。岡本太郎(1911~96)が60年代、抽象的なモチーフで呪術的な世界観を描いた作品の一つだ。

新着コラム