読んでたのしい、当たってうれしい。

美博ノート

壁紙デザイン「アーティチョーク」

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー(豊田市美術館)

アトリエ・マルティーヌ 1912年 縦79×横71.5センチ パリ装飾美術館蔵
アトリエ・マルティーヌ 1912年 縦79×横71.5センチ パリ装飾美術館蔵

 西洋野菜がモチーフの壁紙のデザイン画。素朴な筆跡は、作者の若さゆえか。

 作者名はわかっていない。20世紀初めに活躍したフランスのファッションデザイナー、ポール・ポワレ(1879~1944)がパリに設立した工房「マルティーヌ」でデザインを学んだ12~17歳の女生徒の作品だ。

 ポワレは工房設立にあたってオーストリアの「ウィーン工房」を手本にした。1903年に建築家ヨーゼフ・ホフマンらが設立、インテリア、家具、服飾品などのデザインを行った。ポワレは10年にウィーン工房を訪れ、翌年マルティーヌを始動させた。

 ポワレはウィーン工房の生地を洋服に仕立て、工房もまたポワレのデザインに似たドレスを発表するなど、両者の交流は円満に続いたという。

 第1次大戦後の「戦間期」を中心に本格化したドイツの機能主義、フランスのアール・デコ。本展では、消費社会の進展を背景に共鳴しながら時代をなした「モダン」の様相を紹介する。

(2022年6月7日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

美博ノートの新着記事

  • 生田敦盛 穏やかな表情で子を見つめる平敦盛の姿は、今にも消え入りそうだ。

  • 桃太郎/金太郎 歴史画家として知られる守屋多々志は、古今東西の物語や伝説をもとにした作品も多く残した。

  • 帯留「葡萄」 「養殖真珠ならではの統一性という特徴を生かした洗練されたデザイン」

  • 真珠貝玉箱 東南アジアで制作され、貿易により徳川家康が入手したと考えられる小箱

新着コラム