読んでたのしい、当たってうれしい。

美博ノート

雲立つ嶺 

メナード美術館「35アーティスト vol.3」

東山魁夷 1976年<br /> 紙本彩色 54.0×73.0センチ<br /> メナード美術館蔵 5月21日まで展示
東山魁夷 1976年
紙本彩色 54.0×73.0㌢
メナード美術館蔵 5月21日まで展示

 針葉樹がうっそうと茂る山から、雲が湧き立つ。日本画家・東山魁夷(1908~99)が青系の濃淡で描いた幽玄な山の景色は、1975年に奉納された奈良・唐招提寺御影堂障壁画の「山雲」を思わせる。


 山に魅せられ、雄大な自然を多くモチーフとしてきた魁夷。後に「東山芸術の到達点」と称された障壁画の制作準備のため、日本各地の山や海を訪ねて回ったという。「山雲」の取材地は岐阜県や長野県とされており、本作も日本の普遍的な景色が題材となったようだ。「魁夷ならではの陰影で画面を神秘的に作り上げている」と館長兼学芸課長の村上久美さん。


 メナード美術館開館35年を記念した今展は、1600点超の所蔵品から35人の作家を紹介するシリーズ展の第3弾。国内外12作家の作品を軸に展示する。

(記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

今、あなたにオススメ

美博ノートの新着記事

  • 円筒深鉢 近現代美術を中心に所蔵する愛知県美術館と、古代~現代の陶磁器専門の愛知県陶磁美術館。両館コレクションを一堂に集める本展では、学芸員が独自の視点で設定した四つのテーマで作品が展示される。

  • 尿(いばり)する裸僧 裸の僧侶が鉢に向かって放尿する、強烈な印象の作品を生み出したのは、夭折の洋画家・村山槐多(1896~1919)だ。

  • 穴窯の中で金色にゆらめく炎に焼かれているのは、仏教の経典を収めるための経筒。描いたのは、現在の愛知県碧南市出身の美術工芸家・藤井達吉(1881~1964)。七宝、染織、金工、和紙工芸、日本画などジャンルを横断して制作し、刺繡やアップリケを施したびょうぶなど先駆的な作品を生み出した。

  • 千手 上部に描かれた白い形は骨か顔か、指で輪を作る仏の手のようにも見える。それをとりまく赤、黄、オレンジは命あるもののよう。岡本太郎(1911~96)が60年代、抽象的なモチーフで呪術的な世界観を描いた作品の一つだ。

新着コラム