読んでたのしい、当たってうれしい。

美博ノート

立てる裸婦

メナード美術館「35アーティスト vol.3」

小出楢重 1930年 <br/>油彩・カンヴァス 84.0×53.2㌢<br/> メナード美術館蔵
小出楢重 1930年 
油彩・カンヴァス 84.0×53.2㌢
 メナード美術館蔵

 大正〜昭和期の洋画家・小出楢重(1887〜1931)は、裸婦を多く描いた。同時代の洋画家たちは西洋的なプロポーションを理想としたが、小出は「おのおのの味があるから面白い」と日本人の体型を好んだという。


 横たわるポーズの作品が多い中、本作は立ち姿だ。張りのあるお腹や肉付きの良い太ももを強調し、曲線美と力強さを真正面から表現した。


 二科展初出品で新人賞を受けるなど華々しくデビューした小出は、フランス留学を経て日本の洋画表現を模索してきた。1926年には兵庫県芦屋市に洋風のアトリエを構え、裸婦や静物などの室内画を集中的に制作した。


 本作の背景にも、洋風の机や絨毯が描かれる。「畳や布団など生活の中にいる裸婦の姿ではなく、裸婦像の造形としての面白さに重きを置いたようだ」と、館長兼学芸課長の村上久美さん。立像を意識し、背景も縦長の構図としている。

(記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

美博ノートの新着記事

  • 生田敦盛 穏やかな表情で子を見つめる平敦盛の姿は、今にも消え入りそうだ。

  • 桃太郎/金太郎 歴史画家として知られる守屋多々志は、古今東西の物語や伝説をもとにした作品も多く残した。

  • 帯留「葡萄」 「養殖真珠ならではの統一性という特徴を生かした洗練されたデザイン」

  • 真珠貝玉箱 東南アジアで制作され、貿易により徳川家康が入手したと考えられる小箱

新着コラム