読んでたのしい、当たってうれしい。

美博ノート

諸国名所百景 尾州名古屋真景

高浜市やきものの里かわら美術館・図書館「浮世絵師の見た甍(いらか)」

二代歌川広重 1859年 36.3×25.2㌢
高浜市やきものの里かわら美術館・図書館蔵

 名古屋城のシンボル「金のしゃちほこ」を、二代歌川広重(1826~69)が名所絵として描いた本作。シャチのあごが棟に食い込み、まるで屋根にかみついているよう。大きな目はこちらを見つめているようにも見える。「ユーモラスな姿が強調して描かれている」と、主任学芸員の井上あゆこさん。

 シャチは、虎や竜のような頭、魚のような胴体をした空想上の生き物。海にすむことから火よけの守り神とされ、雌雄一対で棟の両端に飾られた。名古屋城の金シャチは2㍍超の全身に金の薄板を貼り付けた豪華なつくりで、築城を命じた徳川家康や約260年にわたり居城とした尾張徳川家の権威を誇った。

 屋根は黒く描かれているが、実際は銅瓦がふかれ、赤褐色からさびて緑青色に変化したといわれる。「城のイメージや図案を参考にして描いたのでは」と井上さんはみる。

 

(記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

今、あなたにオススメ

美博ノートの新着記事

  • 円筒深鉢 近現代美術を中心に所蔵する愛知県美術館と、古代~現代の陶磁器専門の愛知県陶磁美術館。両館コレクションを一堂に集める本展では、学芸員が独自の視点で設定した四つのテーマで作品が展示される。

  • 尿(いばり)する裸僧 裸の僧侶が鉢に向かって放尿する、強烈な印象の作品を生み出したのは、夭折の洋画家・村山槐多(1896~1919)だ。

  • 穴窯の中で金色にゆらめく炎に焼かれているのは、仏教の経典を収めるための経筒。描いたのは、現在の愛知県碧南市出身の美術工芸家・藤井達吉(1881~1964)。七宝、染織、金工、和紙工芸、日本画などジャンルを横断して制作し、刺繡やアップリケを施したびょうぶなど先駆的な作品を生み出した。

  • 千手 上部に描かれた白い形は骨か顔か、指で輪を作る仏の手のようにも見える。それをとりまく赤、黄、オレンジは命あるもののよう。岡本太郎(1911~96)が60年代、抽象的なモチーフで呪術的な世界観を描いた作品の一つだ。

新着コラム