読んでたのしい、当たってうれしい。

美博ノート

上絵金彩花文麒麟鈕(きりんちゅう)大香炉

横山美術館「錦光山と帯山」

七代錦光山宗兵衛 明治時代後期
高さ40.5×幅31.3㌢ 横山美術館蔵

 墨色で丹念に描かれた木目模様。ふたには透かし彫りが施され、最上部に構える麒麟(きりん)の小さな牙が何本も見える。


 明治期、京都・三条大橋の東側、粟田口と呼ばれる地域では精巧で華やかな陶器が多く作られ海を渡った。本作品を手がけたのは、中でも輸出を先導した窯元、錦光山の七代目宗兵衛(1868~1927)だ。


 江戸時代に将軍家の御用も務めた錦光山は維新後販路を失い、海外向けに転換した。1884(明治17)年に家督を継いだ七代目は多様な表現に挑み、万国博覧会でも高く評価された。

 

 ※会期は10月9日まで。

(記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

今、あなたにオススメ

美博ノートの新着記事

  • 五十三次 大磯 女性を乗せ、海沿いの道を進む駕籠(かご)。担ぎ手たちが「ほい、ほい」と掛け声を出して進んだことから「ほい駕籠」とも呼ばれた。

  • 三菱十字号 トヨタ博物館「お蔵出し展」

  • トヨタライトバス 「トヨタライトバス」は1963~69年、当時の荒川車体工業(現トヨタ車体)が製造した22人乗りの小型バス。

  • トラバント601ユニバーサル トラバントは旧東ドイツ唯一の大衆車。1958年から30年以上にわたって製造され、「トラビ」の愛称で親しまれた。

新着コラム