読んでたのしい、当たってうれしい。

美博ノート

花樹双鳥文夾纈(きょうけち)復元

岡崎市美術博物館 「至高の紫 典雅の紅 王朝の色に挑む」

1993年 絹 染司よしおか蔵

 花咲く大樹のもと鳥が向き合う図柄の裂(きれ)は奈良・正倉院宝物の染織品だ。京都市の工房「染司(そめのつかさ)よしおか」5代目・吉岡幸雄(1946~2019)が、幻の技術と呼ばれる夾纈(きょうけち)技法で復元した。


 同じ文様を彫った2枚の板の間に布を挟んで染める夾纈は、難しい技法のため平安時代以降途絶えていたが、父で4代目の常雄(1916~88)が複数の色を用いて再現に成功した。「先代の研究や技術が受け継がれて作品に結実した」と、岡崎市美術博物館学芸員の酒井明日香さんは話す。


 板に片面1600個もの穴を開け、染料の茜(あかね)、蓼藍(たであい)、刈安に浸す際にそれぞれの穴をふさぐ栓を開閉させて染め分ける。彫刻に2カ月、染色に3週間を要したという。
 正倉院や古い寺社に伝わる染織品について幸雄は著書にこう記す。「技術の水準が非常に高く、奥が深く、そして美しい」

 ※会期は11月5日まで。

 

(記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

今、あなたにオススメ

美博ノートの新着記事

  • 置物・人形 ヘラの跡がよく見える、素焼きの人形。本作の作者・月谷初子(1869~1945)は、日本で最初期に洋風彫刻を学んだ陶彫作家だ。

  • 円筒深鉢 近現代美術を中心に所蔵する愛知県美術館と、古代~現代の陶磁器専門の愛知県陶磁美術館。両館コレクションを一堂に集める本展では、学芸員が独自の視点で設定した四つのテーマで作品が展示される。

  • 尿(いばり)する裸僧 裸の僧侶が鉢に向かって放尿する、強烈な印象の作品を生み出したのは、夭折の洋画家・村山槐多(1896~1919)だ。

  • 穴窯の中で金色にゆらめく炎に焼かれているのは、仏教の経典を収めるための経筒。描いたのは、現在の愛知県碧南市出身の美術工芸家・藤井達吉(1881~1964)。七宝、染織、金工、和紙工芸、日本画などジャンルを横断して制作し、刺繡やアップリケを施したびょうぶなど先駆的な作品を生み出した。

新着コラム