読んでたのしい、当たってうれしい。

美博ノート

花樹双鳥文夾纈(きょうけち)復元

岡崎市美術博物館 「至高の紫 典雅の紅 王朝の色に挑む」

1993年 絹 染司よしおか蔵

 花咲く大樹のもと鳥が向き合う図柄の裂(きれ)は奈良・正倉院宝物の染織品だ。京都市の工房「染司(そめのつかさ)よしおか」5代目・吉岡幸雄(1946~2019)が、幻の技術と呼ばれる夾纈(きょうけち)技法で復元した。


 同じ文様を彫った2枚の板の間に布を挟んで染める夾纈は、難しい技法のため平安時代以降途絶えていたが、父で4代目の常雄(1916~88)が複数の色を用いて再現に成功した。「先代の研究や技術が受け継がれて作品に結実した」と、岡崎市美術博物館学芸員の酒井明日香さんは話す。


 板に片面1600個もの穴を開け、染料の茜(あかね)、蓼藍(たであい)、刈安に浸す際にそれぞれの穴をふさぐ栓を開閉させて染め分ける。彫刻に2カ月、染色に3週間を要したという。
 正倉院や古い寺社に伝わる染織品について幸雄は著書にこう記す。「技術の水準が非常に高く、奥が深く、そして美しい」

 ※会期は11月5日まで。

 

(記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

美博ノートの新着記事

  • 生田敦盛 穏やかな表情で子を見つめる平敦盛の姿は、今にも消え入りそうだ。

  • 桃太郎/金太郎 歴史画家として知られる守屋多々志は、古今東西の物語や伝説をもとにした作品も多く残した。

  • 帯留「葡萄」 「養殖真珠ならではの統一性という特徴を生かした洗練されたデザイン」

  • 真珠貝玉箱 東南アジアで制作され、貿易により徳川家康が入手したと考えられる小箱

新着コラム