読んでたのしい、当たってうれしい。

美博ノート

海陸御固(おかため)御役人附

豊橋市二川宿本陣資料館「瓦版展」

40・8×31・2㌢ 19世紀
岐阜県歴史資料館

 江戸時代、一枚刷りでニュースを伝えた「瓦版」。とりわけ幕末の1853年、開国を迫る米国艦隊の来航という一大事には大量の瓦版が出回った。


 本作はペリー率いる艦隊が再び江戸湾に現れた年の発行とされる。上部に江戸湾の防備を担った大名・旗本約40人の名が並び、その下に星条旗をはためかせた蒸気船。もうもうと上がる煙、水車のような車輪など特徴を捉えている。


 余白には「長サ四十五間」という船体の大きさや乗組員数「五百人」などのデータが記される。「ひるらると・せるもをん」とあるのは53年当時の米大統領ミラード・フィルモアのことだ。


 「様々な情報が一枚に凝縮され、人々の『もっと知りたい』という好奇心に応えたのだろう」と、豊橋市二川宿本陣資料館の和田実館長は説明する。同時期の瓦版にはペリーの似顔絵を載せたものや幕府への献上品を報じたものもある。

 ※会期は12月10日まで。

(記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

美博ノートの新着記事

  • 生田敦盛 穏やかな表情で子を見つめる平敦盛の姿は、今にも消え入りそうだ。

  • 桃太郎/金太郎 歴史画家として知られる守屋多々志は、古今東西の物語や伝説をもとにした作品も多く残した。

  • 帯留「葡萄」 「養殖真珠ならではの統一性という特徴を生かした洗練されたデザイン」

  • 真珠貝玉箱 東南アジアで制作され、貿易により徳川家康が入手したと考えられる小箱

新着コラム