読んでたのしい、当たってうれしい。

美博ノート

海陸御固(おかため)御役人附

豊橋市二川宿本陣資料館「瓦版展」

40・8×31・2㌢ 19世紀
岐阜県歴史資料館

 江戸時代、一枚刷りでニュースを伝えた「瓦版」。とりわけ幕末の1853年、開国を迫る米国艦隊の来航という一大事には大量の瓦版が出回った。


 本作はペリー率いる艦隊が再び江戸湾に現れた年の発行とされる。上部に江戸湾の防備を担った大名・旗本約40人の名が並び、その下に星条旗をはためかせた蒸気船。もうもうと上がる煙、水車のような車輪など特徴を捉えている。


 余白には「長サ四十五間」という船体の大きさや乗組員数「五百人」などのデータが記される。「ひるらると・せるもをん」とあるのは53年当時の米大統領ミラード・フィルモアのことだ。


 「様々な情報が一枚に凝縮され、人々の『もっと知りたい』という好奇心に応えたのだろう」と、豊橋市二川宿本陣資料館の和田実館長は説明する。同時期の瓦版にはペリーの似顔絵を載せたものや幕府への献上品を報じたものもある。

 ※会期は12月10日まで。

(記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

今、あなたにオススメ

美博ノートの新着記事

  • 置物・人形 ヘラの跡がよく見える、素焼きの人形。本作の作者・月谷初子(1869~1945)は、日本で最初期に洋風彫刻を学んだ陶彫作家だ。

  • 円筒深鉢 近現代美術を中心に所蔵する愛知県美術館と、古代~現代の陶磁器専門の愛知県陶磁美術館。両館コレクションを一堂に集める本展では、学芸員が独自の視点で設定した四つのテーマで作品が展示される。

  • 尿(いばり)する裸僧 裸の僧侶が鉢に向かって放尿する、強烈な印象の作品を生み出したのは、夭折の洋画家・村山槐多(1896~1919)だ。

  • 穴窯の中で金色にゆらめく炎に焼かれているのは、仏教の経典を収めるための経筒。描いたのは、現在の愛知県碧南市出身の美術工芸家・藤井達吉(1881~1964)。七宝、染織、金工、和紙工芸、日本画などジャンルを横断して制作し、刺繡やアップリケを施したびょうぶなど先駆的な作品を生み出した。

新着コラム