読んでたのしい、当たってうれしい。

美博ノート

本草図説

西尾市岩瀬文庫「植物への恋文(ラブレター)」

高木春山著 1852年(未完)
 西尾市岩瀬文庫蔵

 「本草図説」は195冊に及ぶ、江戸時代のカラー博物図鑑。市井の本草家・高木春山(?~1852)がただ一人で、20年以上かけて作成した。植物をはじめ魚、鳥、獣、虫、鉱物、自然現象にいたるまで万物を描いた精密な肉筆画に、見聞や書籍に基づいた解説が付く。


 春山は志半ばで死去したため未完だが、「史上最大級ともいえる分量、質の高さも圧倒的」と、西尾市岩瀬文庫学芸員の上野加耶子さんは話す。植物図には根や種も描かれるなど「様々な角度から記録され、図鑑的な要素が強い」。


 古代中国の薬物学を起源とする本草学は江戸時代に全盛となり、自然界のあらゆる事物を対象とする博物誌的な研究に発展した。様々な図譜が刊行され、時代とともにより精細な写生図が描かれたという。


 今展は、植物への飽くなき探究心から生まれた本草書や植物図を中心に紹介。本草学から近代植物学への変遷をたどる。

 

 ※会期は2月12日まで。

(記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

今、あなたにオススメ

美博ノートの新着記事

  • 置物・人形 ヘラの跡がよく見える、素焼きの人形。本作の作者・月谷初子(1869~1945)は、日本で最初期に洋風彫刻を学んだ陶彫作家だ。

  • 円筒深鉢 近現代美術を中心に所蔵する愛知県美術館と、古代~現代の陶磁器専門の愛知県陶磁美術館。両館コレクションを一堂に集める本展では、学芸員が独自の視点で設定した四つのテーマで作品が展示される。

  • 尿(いばり)する裸僧 裸の僧侶が鉢に向かって放尿する、強烈な印象の作品を生み出したのは、夭折の洋画家・村山槐多(1896~1919)だ。

  • 穴窯の中で金色にゆらめく炎に焼かれているのは、仏教の経典を収めるための経筒。描いたのは、現在の愛知県碧南市出身の美術工芸家・藤井達吉(1881~1964)。七宝、染織、金工、和紙工芸、日本画などジャンルを横断して制作し、刺繡やアップリケを施したびょうぶなど先駆的な作品を生み出した。

新着コラム