読んでたのしい、当たってうれしい。

美博ノート

Omnipotence

古川美術館「追悼 篠田桃紅 107年のキセキ展」

墨、朱、銀泥、麻紙 2014年 45×170センチ

 左右から伸びた太い線が、中央で交差する。その上を、朱と銀泥の細い線が勢いよく走る。横長の画面に、作家の筆の動きが立ち現れてくるようだ。
 半世紀以上にわたり水墨抽象の可能性を追い求めた美術家・篠田桃紅、101歳の年の大型作品だ。2021年に107歳で亡くなった桃紅は最晩年まで制作に取り組み、個展を開催するなど精力的に活動した。
 画面左から右に向かう線には、墨を幾重にも重ねた跡が見られる。桃紅は輪郭をとって面を塗るのではなく、線を重ねることで面を作ったという。「墨は一度引いたら消すことができない一回性のもの。線の重なりや和紙のにじみ、かすれといった偶発的な美も感じられる」と、古川美術館学芸員の小柳津綾子さんはみる。
 今展では、朱と胡粉の線で構成した17年制作の作品、和歌を素材にした晩年の作品も展示している。

(記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

美博ノートの新着記事

  • Inishie 画面左上から右にかけた銀泥の細い線、画面下に朱の線を加え、面と線のリズムを生み出している。

  • CommemorationI,II/祝I,II 画廊創業者トールマン夫妻の銀婚式を祝って制作された大型の肉筆作品。二つ並んだ縦長の画面。

  • 繭の傳説 後方からの追っ手を気にする王女に対し、ラクダはすまし顔です。

  • 生田敦盛 穏やかな表情で子を見つめる平敦盛の姿は、今にも消え入りそうだ。

新着コラム