美博ノート

「百鬼夜行(ひゃっきやぎょう)絵巻」模本(部分)

「百鬼夜行(ひゃっきやぎょう)絵巻」模本(部分)

2020/09/01 更新

古い唐櫃(からびつ)をのぞく赤鬼。中に潜んでいた妖怪たちは驚いて逃げ出していく。

「青窓紀聞」(部分)

「青窓紀聞(せいそうきぶん)」(部分)

2020/08/25 更新

「我は海中に住む、あま彦と申す者なり」。1843年、肥後国(熊本県)に現れたという妖怪だ。

「徒然草絵巻」巻3(部分)

「徒然草絵巻」巻3(部分)

2020/08/11 更新

うわさに振り回される人間の愚かさ。「数カ月前のトイレットペーパー騒動を思わせます」と、本展を企画した徳川美術館学芸員の加藤祥平さんは話す。

「眼をとじて」

「眼をとじて」

2020/08/04 更新

フランス象徴主義を代表するオディロン・ルドンは、1890年ごろにその作風の転換期を迎える。

「『起源』Ⅱ.おそらく花の中に最初の視覚が試みられた」

「『起源』Ⅱ.おそらく花の中に最初の視覚が試みられた」

2020/07/28 更新

ギョロリとした人の目を持つ花。目の周りを取り巻くのはまつげか、綿毛か、それとも光か

「裸婦」

「裸婦」

2020/07/21 更新

フランス象徴主義を代表するオディロン・ルドンが活動した19世紀末の潮流や、日本でルドンがどのように受容されてきたのかを所蔵品の約70点で考察する。

「スイスタモ」

「スイスタモ」

2020/07/14 更新

1960年代以降、白や黒、金色の小さなタイルを並べ、幾何学的な模様に仕上げた抽象的な作風に様変わりする。

「蝶たち」

「蝶たち」

2020/07/07 更新

ルート・ブリュックは教会やお気に入りの自然、母と子など身近なものをモチーフにしてきた。

「ライオンに化けたロバ」

「ライオンに化けたロバ」

2020/06/30 更新

本展では、フィンランドを代表するセラミックアーティスト、ルート・ブリュック(1916~99)の初期の食器や陶板から後期のタイル作品まで約200点を紹介する。

「竹林老狸(ちくりんろうり)」

「竹林老狸(ちくりんろうり)」

2020/06/23 更新

うっそうとした竹林から現れる狸。丸い体に太めの尻尾、黒々とした鼻や手足の先でそれとわかる。ふっくらと体を覆うのは冬毛だろうか。

お知らせ(更新情報)
新型コロナウイルス感染症拡大を受け、開催を中止・延期するイベント、プレゼントがございます。

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪


◆お知らせ

中止を決定したものにつきましては、その都度情報を更新し、公開を取り下げます。
なお、中止・延期となったイベント等の詳細につきましては主催者にお問い合わせいただきますようお願いいたします。
マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。