美博ノート

「藏經閣 伽揶山 海印寺」

「藏經閣 伽揶山 海印寺」

2019/05/14 更新

韓国写真界にドキュメンタリーの視点を持ち込んだ写真家、朱明徳(ジュ・ミョンドック、1940~)。本展は、愛知県高浜市のかわら美術館初の朱の本格展示だ。

「戦中の回想画」

「戦中の回想画」

2019/05/07 更新

愛知県安城市にある浄玄寺の前住職、故・桜井純さんが色鉛筆で描いた回想画群は、民衆の消防活動をつぶさに教えてくれる。

「秋葉火伏札」

「秋葉火伏札」

2019/04/30 更新

地域の「消防」の歴史を紹介する本展。中でも民間信仰を伝えるのが、江戸時代後期ごろの防火のお守り「秋葉火伏札」だ。火防の信仰を集めた秋葉山(静岡県)で配られた札で、「御札 秋葉寺」と書かれた包み紙には、3枚の木版刷りの札が入っている。

「子供遊水合戦」

「子供遊水合戦」

2019/04/23 更新

本展は、展示機会の少ない民具などを披露するシリーズ展の初回で、「消防」がテーマ。

「言の種」

「言の種」

2019/04/16 更新

現在のアートシーンでは、既存の鑑賞場所に縛られない自由な場「オルタナティブ・スペース」の動きが盛んだ。

ゼロ次元 記録写真

「ゼロ次元 記録写真」

2019/04/09 更新

戦争や天災の混乱と復興に揺れた1940~50年代の愛知。55年には、名古屋市・栄に愛知県美術館の前身である文化会館美術館が開設され、芸術発信の拠点が築かれた。

「大曽根風景」

「大曽根風景」

2019/04/02 更新

 約1年半の大規模改修工事を終えた愛知県美術館。全館リニューアル記念の本展は、100年前の1919年を起点に、愛知の前衛的なアートシーンを地域のコレクションで追う。

「家族のリズム」

「家族のリズム」

2019/03/27 更新

わき出る「生」や「性」のイメージをおおらかに表現していた東アフリカ・マコンデの人々。しかし、1980年代以降は大胆な性表現がほとんど見られなくなったそうだ。

「愛し合う妖精」

「愛し合う妖精」

2019/03/20 更新

東アフリカでは「シェタニ」という神話や伝説上の妖精が広く知られており、マコンデの人々はこれをモチーフにした彫刻を多く制作している。

「サルのたわむれ」

「サルのたわむれ」

2019/03/13 更新

東アフリカのタンザニアとモザンビークの国境付近、マコンデ高原一帯に住むマコンデの人々。祭祀(さいし)に用いた仮面などの制作に始まり、1950年代ごろから高価な黒檀(こくたん)を使った土産物用の彫刻を作り始めた。

お知らせ(更新情報) 10月1日からはがき代が62円から63円に、往復はがき代が124円から126円になりますのでご注意下さい。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。