美博ノート

桑原翠邦「古道少人行」

桑原翠邦「古道少人行」

2019/06/11 更新

「現代書の父」といわれる比田井天来は、1930年に東京で書学院を設立し、中国古典を直接学ぶことを説いた。

比田井南谷「作品68-1」

比田井南谷「作品68-1」

2019/06/04 更新

線の表現を極めようと、様々な試みをしてきた南谷。

川村驥山の「狂草作品」

川村驥山の「狂草作品」

2019/05/28 更新

所蔵する書作品から、昭和、平成の時代を代表する作家

「關門城 慶尚北道 聞慶 鳥嶺山」

「關門城 慶尚北道 聞慶 鳥嶺山」

2019/05/21 更新

朱明徳が韓国のドキュメンタリー写真家といわれるきっかけとなったのが、1966年の「ホルト孤児院写真展」。米軍兵士と韓国人女性との間に生まれた孤児を撮影し、背景にある社会問題を提示した。

「藏經閣 伽揶山 海印寺」

「藏經閣 伽揶山 海印寺」

2019/05/14 更新

韓国写真界にドキュメンタリーの視点を持ち込んだ写真家、朱明徳(ジュ・ミョンドック、1940~)。本展は、愛知県高浜市のかわら美術館初の朱の本格展示だ。

「戦中の回想画」

「戦中の回想画」

2019/05/07 更新

愛知県安城市にある浄玄寺の前住職、故・桜井純さんが色鉛筆で描いた回想画群は、民衆の消防活動をつぶさに教えてくれる。

「秋葉火伏札」

「秋葉火伏札」

2019/04/30 更新

地域の「消防」の歴史を紹介する本展。中でも民間信仰を伝えるのが、江戸時代後期ごろの防火のお守り「秋葉火伏札」だ。火防の信仰を集めた秋葉山(静岡県)で配られた札で、「御札 秋葉寺」と書かれた包み紙には、3枚の木版刷りの札が入っている。

「子供遊水合戦」

「子供遊水合戦」

2019/04/23 更新

本展は、展示機会の少ない民具などを披露するシリーズ展の初回で、「消防」がテーマ。

「言の種」

「言の種」

2019/04/16 更新

現在のアートシーンでは、既存の鑑賞場所に縛られない自由な場「オルタナティブ・スペース」の動きが盛んだ。

ゼロ次元 記録写真

「ゼロ次元 記録写真」

2019/04/09 更新

戦争や天災の混乱と復興に揺れた1940~50年代の愛知。55年には、名古屋市・栄に愛知県美術館の前身である文化会館美術館が開設され、芸術発信の拠点が築かれた。

お知らせ(更新情報)
新型コロナウイルス感染症拡大を受け、開催を中止・延期するイベント、プレゼントがございます。

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪


♦お知らせ

中止を決定したものにつきましては、その都度情報を更新し、公開を取り下げます。
なお、中止・延期となったイベント等の詳細につきましては主催者にお問い合わせいただきますようお願いいたします。
マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。