ブームの卵

12月14日 注目グッズ
「紙文箱(かみふみばこ)」など

 

切手やはがきをひとまとめ〒

 

紙文箱(かみふみばこ) クリスマスカードや年賀状など、郵便のやりとりが多い季節。切手やレターセットの整理に「紙文箱(かみふみばこ)」(高さ7.5×幅24.6×奥行き24.3センチメートル、1998円)はいかが? 中が四つのスペースに分かれている、紙でできた手紙用品の専用ケースだよ。便箋(びんせん)など大きめの物は、ふたの裏側部分にゴムバンドで留められるから、倒れたり、外れたりしないの◎ 小物スペースとはがきスペースの2区画はマグネット式のふた付きで、中身が散らかりにくいんだ。一筆箋(せん)や封筒など長い物のスペースもあるよ。色は赤、茶、ストライプグリーンの3種。問い合わせはキングジム(0120・798107)。

 


 

おしゃれに身を守ろう☆


effe alphabet(エッフェ アルファベット)

 防災意識が高まる昨今。もしものSOSのために、「effe alphabet(エッフェ アルファベット)」(縦3.5×横1.6~3.5×厚さ0.7センチメートル、2916円)。日本一の眼鏡枠産地、福井県・鯖江の職人が作ったセルロースアセテート製の笛で、おしゃれと防災が兼ねられる♪ キーリング、バッグチャーム、イヤホンジャックの3種があり、A~Zの26字全てがそろったアルファベット形だから、好きな文字を選んで、鍵やバッグ、スマートフォンにつけてね。人の耳に聞こえやすい4キロヘルツ以上の高音域で、裏は、笛の構造が見えるスケルトン。大切な人へのギフトにも。問い合わせはプラスジャック(0778・53・1885)。

(2018年12月14日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「ブームの卵」の新着記事 一覧を見る
ブームの卵

1月18日 注目グッズ
「iPhone X(テン)/XS(テンエス)対応 文字が大きく見えルーペ」など

老眼などで、小さい文字を読むのに困っている人におすすめなのが「iPhone X(テン)/XS(テンエス)対応 文字が大きく見えルーペ」。

ブームの卵

1月11日 注目グッズ
「コーディネートフック」など

今日は何を着ていこうかな? あれもいいけどこれもいい……って全然決められない! 「コーディネートフック」はそんなあなたの味方です。

ブームの卵

12月28日 注目グッズ
「おもちハムスターの和菓子そっくりキーポーチ」など

おいしそうなかしわ餅……よく見たら、小動物がはさまってる!? 「おもちハムスターの和菓子そっくりキーポーチ」は、ハムスターのマスコットをお餅やあんこに見立てた鍵用のポーチ。

ブームの卵

12月21日 注目グッズ
「FOOOTY(フーティ)」など

ボール遊びは楽しいけれど、競技ごとに道具をそろえるのは大変。そこで、10個のパーツをパズルみたいに組み合わせて様々な形を作れる「FOOOTY(フーティ)」はいかが?

新着コラム 一覧を見る
IBARAKI sense(イバラキセンス)

アンテナショップ@東京

IBARAKI sense(イバラキセンス)

JR有楽町駅近くの首都高速道路高架下にある茨城県のアンテナショップが、2018年10月25日にリニューアルオープンした。

「鉄釉神猿(てつゆうまさる)」「灰釉神狐(かいゆうしんこ)」

美博ノート

「鉄釉神猿(てつゆうまさる)」「灰釉神狐(かいゆうしんこ)」

神社と動物の関わりは深い。それぞれの由緒にちなんで、サルやキツネをモチーフにした陶製の像も岐阜県東濃地方で奉納された。

九州国立博物館

気になる一品

九州国立博物館

野帳(やちょう)は、考古学者が発掘現場で使うフィールドノート。 九州国立博物館では「オリジナル野帳」を販売中。

和ガラス 瓶泥舎(びんでいしゃ)びいどろ・ぎやまん・ガラス美術館

私のイチオシコレクション

和ガラス 
瓶泥舎(びんでいしゃ)びいどろ・ぎやまん・ガラス美術館

江戸前期、南蛮船が持ち込んだガラスに魅了された日本の職人が、中国伝来の鉛ガラス素地を用いて日本独自のガラス製品を生み出していきました。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。