私の描くグッとムービー

岡野玲子さん(漫画家)
「妖僧」(1963年)

雷蔵の道鏡 すごみと重み

 

 岡野玲子さん(漫画家)<br>「妖僧」(1963年)

 

 女帝の称徳天皇から寵愛(ちょうあい)され、法王にまで上り詰めた奈良時代の怪僧・弓削(ゆげの)道鏡を題材にした映画です。衣笠監督の道鏡は、蓬髪(ほうはつ)に黒衣装束の異形ながら、修行で身につけた法力で庶民を助け、政(まつりごと)はハートで行うのだと気を吐き、伝わっている道鏡のイメージとは異なります。

 身分を問わず、誰にでも慈悲を説く道鏡と女帝の関係は、信頼から恋愛へと移行します。修行僧や行者が異性を愛すると法力を失うといわれますが、純度の高い相思相愛ならば、愛を肯定することでポジティブなエネルギーは増幅し、周囲も共鳴し合うのが宇宙の理(ことわり)と思います。けれど皆が幸せになっては、権力欲につかれた者たちが、人々を支配することは難しくなってしまいます。ゆえに、万民の幸せを願えば、多くは受難に遭う。

 初めて見た時、美人女帝によろめく道鏡役の市川雷蔵さんの演技に笑ってしまいました。ですが、私欲に走る宮廷の高官を喝破し、仏の道を説く道鏡の言葉は凄(すご)みがある。雷蔵さんでなければ、せりふの重みを伝えられなかったと思います。仏道と愛の二つの道を選ぶことが許されたラストは見応えがあります。

 衣笠作品は、どの映像にも美がある。調度品や衣装の質感、細かな刺繡(ししゅう)の模様、布が風になびく様。光と影。瞬きをしない女帝。細部が描かれた玉虫厨子や、御物が並ぶ正倉院の内部も目が離せません。道鏡は、本当は徳の高い僧だったのでは。隠れた歴史の側面を再認識させてくれます。

聞き手・小寺美保子

 

  監督・共同脚本=衣笠貞之助
   出演=市川雷蔵、藤由紀子、万里昌代、片岡彦三郎ほか
おかの・れいこ
 隔月刊「メロディ」(白泉社)にて「陰陽師 玉手匣(たまてばこ)」(原案・夢枕獏)を連載中。

(2016年1月22日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
荒井真紀さん(絵本作家)「シザーハンズ」(1990年)

荒井真紀さん(絵本作家)
「シザーハンズ」(1990年)

両手がはさみになっている人造人間が主人公なので、最初はびっくりしました。

ますこえりさん(イラストレーター) 「ジョゼと虎と魚たち」(2003年) 

ますこえりさん(イラストレーター)
「ジョゼと虎と魚たち」(2003年) 

田辺聖子さんの短編小説が原作です。平凡な大学生の恒夫と、足が不自由で祖母が押す乳母車に人目を忍ぶように乗る少女ジョゼの恋愛物語。

町田ヒロチカさん(イラストレーター)
「トワイライトゾーン 超次元の体験」
(1983年)

1959年~60年代前半にアメリカで放送されたSFテレビシリーズの映画版です。プロローグの後に「チャラリラチャラリラ」という怪しげなテーマ曲とナレーションが流れ、四つのストーリーが始まります。

東直子さん(歌人・作家)「いつか読書する日」(2004年)

東直子さん(歌人・作家)
「いつか読書する日」(2004年)

朝は牛乳配達、昼はスーパーで働く50歳の大場美奈子という独身女性が主人公の恋愛映画です。高校生の時、好きだった同級生・高梨槐多の父と自分の母が不倫をしていて、交通事故で2人とも一緒に死んでしまったという過去を抱えながら、今も同じ町で静かに暮らしています。

新着コラム 一覧を見る
「ゴリアテの首を持つダヴィデ」

美博ノート

「ゴリアテの首を持つダヴィデ」

人々の感情を揺さぶる生々しい表現で名声を博したイタリアの画家カラバッジョは、斬首をモチーフにした作品が多い。ついには本作で自身の生首を描いた。

数理模型 インターメディアテク

私のイチオシコレクション

数理模型 インターメディアテク

数理模型とは、数学の数式で表される領域を石膏などで立体化したもの。19世紀後半~20世紀初頭、主にドイツのマルチン・シリング社が制作し、数学の教材として用いられました。

五島美術館

気になる一品

五島美術館

日本と東洋の古美術を中心に紹介する五島美術館では、所蔵品を模した20センチ四方弱の「リアルモチーフタオル」(写真、全3種、各1100円)を販売中だ。

光屛風(紅) 吉岡幸雄(さちお)作(千葉県成田市)

アートリップ

光屏風(紅)
吉岡幸雄(さちお)作(千葉県成田市)

手荷物を持った乗客が次々とやって来た。成田空港第2ターミナルビル。外国人や、帰国した日本人が機内から降り立ち、初めて眺める空間に「光屏風」はある。日本の伝統工芸品が並ぶ約500メートルの到着コンコースの両端に、「藍」と「紅」の屏風が2隻飾られている。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。