私の描くグッとムービー

瓜生太郎さん(イラストレーター)
「バスキア」(1996年)

人生教えてくれる 僕の学校

 舞台は80年代の米ニューヨーク。この時代のリアルなアートシーンを背景に、ペンキやスプレーなどを使った「グラフィティアート」の先駆者として知られる画家ジャンミシェル・バスキアの生涯を描いた映画です。

 15年くらい前に偶然見てからもう100回は見ています。絶妙な場面で流れるジャズや、ドレッドヘアにスーツを着たバスキアのファッションなど、僕の大好きなものがたくさん詰まっている。

 アーティスト志望のバスキアは、とにかく有名になりたかった。恋人のジーナと暮らしながら絵を描き続けていたある日、パーティーで出会った美術評論家に見いだされ、名門グループ展に参加することに。一躍人気者になったバスキアはアンディ・ウォーホルら有名人と交流を深める一方で、変化していく人間関係に寂しさやむなしさを募らせていきます。彼の純粋さや優しさが行動や会話の端々から伝わってくるんです。

 僕は高校卒業後、地元の大学で美術を学んだことがあったのですが、情熱が続かずにすぐやめてしまった。だから、この映画が僕の学校のような感じなんです。バスキアの自由奔放さは「アートってこれでいいんだ!」と理屈っぽく考えがちな僕の視野を広げてくれ、友人ベニーの言葉からは、多くのことを気づかされます。「嫌われても続けろ。どのみち嫌われるしな」なんて、人生を教えられているみたい。バスキアの存在はずっとそばにあります。

聞き手・秦れんな

 

  監督=ジュリアン・シュナーベル
  製作=米
  出演=ジェフリー・ライト、クレア・フォラーニ、デビッド・ボウイほか
うりゅう・たろう 
 ウェブサイト・資生堂「花椿」連載コラムのイラスト、銀座三越や商業施設「ルミネ」のウィンドーディスプレーなどを手掛ける。

(2017年9月15日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
上出惠悟さん(九谷焼作家)「パターソン」(2016年)

上出惠悟さん(九谷焼作家)
「パターソン」(2016年)

舞台は米ニュージャージー州の街、パターソン。地名と同じ名前の主人公パターソンは、バスの運転手をしながら、素敵な奥さんや犬と暮らしている。

和田ラヂヲさん(漫画家)「家族ゲーム」(1983年)

和田ラヂヲさん(漫画家)
「家族ゲーム」(1983年)

初めて地元、松山の映画館で見た時、僕は19歳。ギャグのセンスが、当時の自分とすごくリンクしていたんです。

Chocomooさん(絵描き)「最高の人生の見つけ方」(2007年)

Chocomooさん(絵描き)
「最高の人生の見つけ方」(2007年)

初めて渡米してニューヨークに3週間滞在したとき、セントラルパークで何の気なしに描いた絵が売れて、今の仕事につながっていきました。転機となったこの滞在時に映画のDVDを見たんです。

林丈二さん(イラストレーター)「天井桟敷の人々」(1945年)

林丈二さん(イラストレーター)
「天井桟敷の人々」(1945年)

いま19世紀のパリに一番興味があるんです。特に都市整備される前の世紀半ばのパリが面白い。この映画の舞台はまさにその頃のパリで、当時のことを調べている中で出会ったわけです。

新着コラム 一覧を見る
「揚州商人」の揚州濃厚塩ラーメン(柳麺)

おんなのイケ麺(めん)

愛希れいかさん
「揚州商人」の揚州濃厚塩ラーメン(柳麺)

宝塚の下級生時代、上級生の方に連れていっていただいたお店です。一番のお気に入りが、この揚州濃厚塩ラーメン。

「新珠製菓」の羽二重餅

オトコの別腹

細川俊夫さん
「新珠製菓」の羽二重餅

毎年9月に福井県越前市で開催する、武生国際音楽祭の音楽監督をしています。24年間通っていて、このお菓子は地元の銘菓。滞在するたびにいただいています。

「えじこ型のこけし」

美博ノート

「えじこ型のこけし」

伝統的なこけしといえば、細長い胴に丸い頭が一般的。だが、展示室には、一風変わったえじこ型のこけしも並ぶ。

岡田美術館

気になる一品

岡田美術館

ショップでは、喜多川歌麿の肉筆画に描かれた女性や雪景色をモチーフにしたチョコレート「歌麿・深川の雪」が販売中。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。