私の描くグッとムービー

瓜生太郎さん(イラストレーター)
「バスキア」(1996年)

人生教えてくれる 僕の学校

 舞台は80年代の米ニューヨーク。この時代のリアルなアートシーンを背景に、ペンキやスプレーなどを使った「グラフィティアート」の先駆者として知られる画家ジャンミシェル・バスキアの生涯を描いた映画です。

 15年くらい前に偶然見てからもう100回は見ています。絶妙な場面で流れるジャズや、ドレッドヘアにスーツを着たバスキアのファッションなど、僕の大好きなものがたくさん詰まっている。

 アーティスト志望のバスキアは、とにかく有名になりたかった。恋人のジーナと暮らしながら絵を描き続けていたある日、パーティーで出会った美術評論家に見いだされ、名門グループ展に参加することに。一躍人気者になったバスキアはアンディ・ウォーホルら有名人と交流を深める一方で、変化していく人間関係に寂しさやむなしさを募らせていきます。彼の純粋さや優しさが行動や会話の端々から伝わってくるんです。

 僕は高校卒業後、地元の大学で美術を学んだことがあったのですが、情熱が続かずにすぐやめてしまった。だから、この映画が僕の学校のような感じなんです。バスキアの自由奔放さは「アートってこれでいいんだ!」と理屈っぽく考えがちな僕の視野を広げてくれ、友人ベニーの言葉からは、多くのことを気づかされます。「嫌われても続けろ。どのみち嫌われるしな」なんて、人生を教えられているみたい。バスキアの存在はずっとそばにあります。

聞き手・秦れんな

 

  監督=ジュリアン・シュナーベル
  製作=米
  出演=ジェフリー・ライト、クレア・フォラーニ、デビッド・ボウイほか
うりゅう・たろう 
 ウェブサイト・資生堂「花椿」連載コラムのイラスト、銀座三越や商業施設「ルミネ」のウィンドーディスプレーなどを手掛ける。

(2017年9月15日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
榎本マリコさん(イラストレーター、画家)「ぼくのエリ 200歳の少女」(2008年)

榎本マリコさん(イラストレーター、画家)
「ぼくのエリ 200歳の少女」(2008年)

 スウェーデン郊外の閉鎖的な町で、いじめを受けている12歳の少年オスカーが主人公。夜にひとりで復讐する妄想をして、憂さ晴らしをしています。

くさか里樹さん(漫画家)「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」(2010年)

くさか里樹さん(漫画家)
「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」(2010年)

映画って、カット割りや台詞(せりふ)が漫画に似てるんです。ジャンルを問わず1日1本見ています。

小迎裕美子さん(イラストレーター)「トッド・ソロンズの子犬物語」(2015年) 

小迎裕美子さん(イラストレーター)
「トッド・ソロンズの子犬物語」(2015年)

月刊誌に連載中の映画コラムで挿絵を担当しているので、今までに多くの作品を見てきました。

長野ヒデ子さん(絵本作家)「キッド」(1921年)

長野ヒデ子さん(絵本作家)
「キッド」(1921年)

女優志望の若い女性が捨てた赤ん坊を、チャプリン扮する放浪者が拾って育てることになるの。小さな部屋での生活の場面が面白くて。

新着コラム 一覧を見る
「子供遊水合戦」

美博ノート

「子供遊水合戦」

本展は、展示機会の少ない民具などを披露するシリーズ展の初回で、「消防」がテーマ。

刀剣博物館

気になる一品

刀剣博物館

国宝を含む多数の刀剣類を所蔵、公開する刀剣博物館。ショップでひときわ存在感を放つのが、「日刀保たたら 玉鋼」(50グラム前後、1500円)だ。

素朴派 ハーモ美術館

私のイチオシコレクション

素朴派 ハーモ美術館

素朴派とは、美術教育を受けていない画家たちの総称です。

蛇の樹 ニキ・ド・サンファル作(東京都多摩市)

アートリップ

蛇の樹
ニキ・ド・サンファル作(東京都多摩市)

多摩センター駅から遊園地へ向かうれんが道を歩いていくと、原色の色鮮やかなモニュメントに出くわした。口を開け、四方八方を向く多頭の蛇。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。