私の描くグッとムービー

瓜生太郎さん(イラストレーター)
「バスキア」(1996年)

人生教えてくれる 僕の学校

 舞台は80年代の米ニューヨーク。この時代のリアルなアートシーンを背景に、ペンキやスプレーなどを使った「グラフィティアート」の先駆者として知られる画家ジャンミシェル・バスキアの生涯を描いた映画です。

 15年くらい前に偶然見てからもう100回は見ています。絶妙な場面で流れるジャズや、ドレッドヘアにスーツを着たバスキアのファッションなど、僕の大好きなものがたくさん詰まっている。

 アーティスト志望のバスキアは、とにかく有名になりたかった。恋人のジーナと暮らしながら絵を描き続けていたある日、パーティーで出会った美術評論家に見いだされ、名門グループ展に参加することに。一躍人気者になったバスキアはアンディ・ウォーホルら有名人と交流を深める一方で、変化していく人間関係に寂しさやむなしさを募らせていきます。彼の純粋さや優しさが行動や会話の端々から伝わってくるんです。

 僕は高校卒業後、地元の大学で美術を学んだことがあったのですが、情熱が続かずにすぐやめてしまった。だから、この映画が僕の学校のような感じなんです。バスキアの自由奔放さは「アートってこれでいいんだ!」と理屈っぽく考えがちな僕の視野を広げてくれ、友人ベニーの言葉からは、多くのことを気づかされます。「嫌われても続けろ。どのみち嫌われるしな」なんて、人生を教えられているみたい。バスキアの存在はずっとそばにあります。

聞き手・秦れんな

 

  監督=ジュリアン・シュナーベル
  製作=米
  出演=ジェフリー・ライト、クレア・フォラーニ、デビッド・ボウイほか
うりゅう・たろう 
 ウェブサイト・資生堂「花椿」連載コラムのイラスト、銀座三越や商業施設「ルミネ」のウィンドーディスプレーなどを手掛ける。

(2017年9月15日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
登龍亭獅篭さん(落語家・漫画家)「タイタニック」(1997)

登龍亭獅篭さん(落語家・漫画家)
「タイタニック」(1997)

ジェームズ・キャメロン監督の「タイタニック」と聞いて、これまで見てきた彼の作品から、ハリウッド映画だし、恐怖映画やパニック映画の王道を行くような作品だろうという先入観でこの映画をみたんですが、どっこい、裏切られました。

西山タカスケさん(画家)「グレン・グールド 27歳の記憶」(1959年)

西山タカスケさん(画家)
「グレン・グールド 27歳の記憶」(1959年)

カナダのピアニスト、グレン・グールド(1932~82)の若き日のドキュメンタリー映画です。

田内万里夫さん(画家)「FILMAGE : THE STORY OF DESCENDENTS/ALL」(2013年)

田内万里夫さん(画家)
「FILMAGE : THE STORY OF DESCENDENTS/ALL」(2013年)

アメリカの音楽シーンに革命を起こしたパンクバンド「ディセンデンツ」のドキュメンタリーです。1978年に米・カリフォルニアのあか抜けない少年たちが組んだバンドは、商業主義に陥ることなく独自の存在感を保ちながら、今も活動を続けています。

中越典子さん(俳優)「ウーマン・オン・トップ」(2000年)

中越典子さん(俳優)
「ウーマン・オン・トップ」(2000年)

映画のDVDは大きな棚を埋め尽くすくらい持っていて、最近整理をしたら1千本以上はありました。中でもこの映画は、私にとって特別な作品です。

新着コラム 一覧を見る
(C)2022「沈黙のパレード」製作委員会

シネマNEWS

「ガリレオ」映画第3弾『沈黙のパレード』製作決定!!

2007年、フジテレビ月9枠で放送された連続ドラマ「ガリレオ」(第1シーズン)。

(C)2021 日本すみっコぐらし協会映画部

シネマNEWS

待望の劇場アニメ第2弾『映画すみっコぐらし青い月夜のまほうのコ』

すみっコたちに、スクリーンでまた会える?待望の劇場アニメ第2弾『映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ』より、特報が到着、本作に登場する新キャラクターも公開された。

(C)2021「総理の夫」製作委員会

シネマNEWS

『総理の夫』主題歌にmiwaの「アイヲトウ」誕生秘話に田中圭、中谷美紀も感激!

山本周五郎賞、新田次郎文学賞受賞作家である原田マハの25万部超えベストセラー小説を原作に、田中圭と中谷美紀が日本初の女性総理とその夫・ファーストジェントルマンとしてW主演する映画『総理の夫』より、主題歌情報と本予告映像が解禁された。

(C)2022「流浪の月」製作委員会

シネマNEWS

本屋大賞受賞の傑作ベストセラー小説「流浪の月」広瀬すず×松坂桃李ダブル主演で映画化!

広瀬すずと松坂桃李のダブル主演×監督・李相日のタッグで、本屋大賞受賞原作「流浪の月」の映画化が決定した。

お知らせ(更新情報)
新型コロナウイルス感染症拡大を受け、開催を中止・延期するイベント、プレゼントがございます。

中止を決定したものにつきましては、その都度情報を更新し、公開を取り下げます。
なお、中止・延期となったイベント等の詳細につきましては主催者にお問い合わせいただきますようお願いいたします。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願いいたします。

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。