私の描くグッとムービー

瓜生太郎さん(イラストレーター)
「バスキア」(1996年)

人生教えてくれる 僕の学校

 舞台は80年代の米ニューヨーク。この時代のリアルなアートシーンを背景に、ペンキやスプレーなどを使った「グラフィティアート」の先駆者として知られる画家ジャンミシェル・バスキアの生涯を描いた映画です。

 15年くらい前に偶然見てからもう100回は見ています。絶妙な場面で流れるジャズや、ドレッドヘアにスーツを着たバスキアのファッションなど、僕の大好きなものがたくさん詰まっている。

 アーティスト志望のバスキアは、とにかく有名になりたかった。恋人のジーナと暮らしながら絵を描き続けていたある日、パーティーで出会った美術評論家に見いだされ、名門グループ展に参加することに。一躍人気者になったバスキアはアンディ・ウォーホルら有名人と交流を深める一方で、変化していく人間関係に寂しさやむなしさを募らせていきます。彼の純粋さや優しさが行動や会話の端々から伝わってくるんです。

 僕は高校卒業後、地元の大学で美術を学んだことがあったのですが、情熱が続かずにすぐやめてしまった。だから、この映画が僕の学校のような感じなんです。バスキアの自由奔放さは「アートってこれでいいんだ!」と理屈っぽく考えがちな僕の視野を広げてくれ、友人ベニーの言葉からは、多くのことを気づかされます。「嫌われても続けろ。どのみち嫌われるしな」なんて、人生を教えられているみたい。バスキアの存在はずっとそばにあります。

聞き手・秦れんな

 

  監督=ジュリアン・シュナーベル
  製作=米
  出演=ジェフリー・ライト、クレア・フォラーニ、デビッド・ボウイほか
うりゅう・たろう 
 ウェブサイト・資生堂「花椿」連載コラムのイラスト、銀座三越や商業施設「ルミネ」のウィンドーディスプレーなどを手掛ける。

(2017年9月15日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る

佐藤穂波さん(イラストレーター)
「ヘアスプレー」(2007年)

高校生の頃、有志でダンスを披露する文化祭の企画がありました。この映画に出てくる曲で踊ることになり、みんなで映画を見たのが最初です。

よしながこうたく さん(絵本作家) 「タイタンの戦い」(1981年) 

よしながこうたく さん(絵本作家)
「タイタンの戦い」(1981年) 

ギリシャ神話の最高神ゼウスと人間の姫ダナエの間に生まれた半神半人のペルセウスが主人公の冒険物語。

柳幸典さん(現代美術家)「冒険者たち」(1967年)

柳幸典さん(現代美術家)
「冒険者たち」(1967年)

「命を賭けて挑戦しなければ何物をも得ない」。少年の頃に見て、そんな感慨を持った映画です。

谷口智則さん(絵本作家)「ブリキの太鼓」(1979年)

谷口智則さん(絵本作家)
「ブリキの太鼓」(1979年)

原作は、ドイツの作家ギュンター・グラスの代表作。ダンチヒ(現ポーランド・グダニスク)を舞台に、自ら3歳で成長を止めてしまった主人公オスカルの目線を通し、ナチス台頭から敗戦の混乱期にひずむ社会や人間模様、生と死、愛などが生々しく描かれています。

新着コラム 一覧を見る
「茶運び人形(男)」

美博ノート

「茶運び人形(男)」

江戸時代に発展したからくり人形は、祭礼や人形浄瑠璃に使われたほか、大名など富裕層の間では高級玩具として愛玩された。

我孫子市鳥の博物館

気になる一品

我孫子市鳥の博物館

剥製や骨格標本などで、鳥の進化や世界の鳥類を紹介する我孫子市鳥の博物館。ショップの人気商品が、すし屋で目にする湯飲みをイメージしたオリジナル「湯飲み」(500円)だ。

スパイラル・リングG 木戸修作(群馬県前橋市)

アートリップ

スパイラル・リングG
木戸修作(群馬県前橋市)

上毛電鉄の中央前橋駅に降り立つと、赤城山だろうか、山の稜線が目に入る。分ほど歩き、群馬県警本部を訪ねた。

秋田蘭画 秋田県立近代美術館

私のイチオシコレクション

秋田蘭画 秋田県立近代美術館

秋田蘭画とは、江戸中期に秋田藩士が西洋絵画の技法を取り入れて描いた絵画のことです。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。