私の描くグッとムービー

みやこしあきこさん(絵本作家)
「めぐり逢わせのお弁当」(2013年)

インドの日常 優しさ感じた

 平坦(へいたん)な日常の中に、いつもと違うことがふと起こるお話が好きです。リアリティーの中に生まれるワクワク感。私の絵本制作にも通じる部分です。

 この映画はインドの大都市ムンバイが舞台。ムンバイではお昼時になると、各家庭や食堂からオフィスへお弁当を届けるサービスがあるんです。ある日、若い主婦イラが夫の愛情を取り戻そうと、腕によりをかけて作ったお弁当が、早期退職間近の男やもめサージャンに届いてしまう。それをきっかけに、孤独な2人はお弁当箱を介して文通を始めます。

 全体を通してすごく優しい映画。誰かのために一生懸命料理を作るとか、一緒に食事をするとか、小さなことなんだけど温かい気持ちにさせてくれる。インド映画って、歌や踊りのイメージでしたが、市井の人々の日常を静かに描いた作品もあるんだなあと驚きましたね。

 寂しげなサージャンにもひかれました。ベランダでたばこを吸いながら向かいの家の家族だんらんを窓越しに眺める場面は象徴的。言葉はなくても、映されている以上の暮らしぶりや心の内を想像できる。私も明かりがともる家々の窓をよく眺めます。窓枠で切り取られた生活にいとおしさを感じ、絵本「よるのかえりみち」では様々な窓を描きました。

 初めて見たのはインドへ向かう飛行機の中。インドが好きで、ここ数年で4回訪れました。この映画を見る度に、旅の高揚感や思い出もよみがえってきます。

聞き手・牧野祥

 

  監督・脚本=リテーシュ・バトラ
  製作=インド・仏・独
  出演=イルファーン・カーン、ニムラト・カウルほか
 1982年生まれ。2012年「もりのおくのおちゃかいへ」で日本絵本賞大賞受賞。ほかに「たいふうがくる」など。11月に旅をテーマにした絵本を刊行予定。

(2018年6月8日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
たなかみさきさん(イラストレーター)「百円の恋」(2014年)

たなかみさきさん(イラストレーター)
「百円の恋」(2014年)

安藤サクラさんが好きで、出演映画は大体見ています。この映画を見たのも、安藤サクラさんがきっかけでした。

杉戸洋さん(美術家)「描かれた人生」(1936年)

杉戸洋さん(美術家)
「描かれた人生」(1936年)

美術をやる人間として、画家を取り上げた美術映画はやっぱり気になるので見ちゃいます。変に美化したり複雑化したりする映画が多い中、この映画はシンプルに神髄を見せてくれるのがいい。

おーなり由子さん(絵本作家・漫画家)「初恋のきた道」(2000年)

おーなり由子さん(絵本作家・漫画家)
「初恋のきた道」(2000年)

父チャンユーの急死で帰郷した息子ユーシェンが、村の語り草となっている父と母ディの恋を回想していくシーンがきれいで、愛(いと)しい気持ちになる物語です。

ヤマシタトモコさん(漫画家)「ベイビー・ドライバー」(2017年)

ヤマシタトモコさん(漫画家)
「ベイビー・ドライバー」(2017年)

持病の耳鳴りを消すためイヤホンで音楽を聴く青年ベイビーが、強盗の逃がし屋ドライバーとして活躍するクライムアクション。

新着コラム 一覧を見る
「いなみや菓子店」のバナナ最中

オトコの別腹

和嶋慎治さん
「いなみや菓子店」のバナナ最中

洋菓子より断然、和菓子が好きです。バナナ最中(もなか)は、親戚や親の知り合いが気軽に持ってくるお菓子で、子どもの頃から身近にありました。

「タイ国料理 ゲウチャイ 新宿」のパッタイ ゲウチャイ

おんなのイケ麺(めん)

小谷実由さん
「タイ国料理 ゲウチャイ 新宿」の
パッタイ ゲウチャイ

初めての海外旅行先は、卒業旅行で行ったタイでした。それからも仕事で訪ねたり、仲のいいタイ人の友人がいたり、どこか親近感のある国。タイ料理は定期的に食べたくなります。

「シダ」

美博ノート

「シダ」

仏のガラス工芸家、ルネ・ラリック(1860~1945)が、香水瓶を手がけるようになった初期の代表作が12年の「シダ」。

達仏(たつぶつ) 西野達作(熊本県津奈木(つなぎ)町)

アートリップ

達仏(たつぶつ) 
西野達作(熊本県津奈木(つなぎ)町)

生きた木々の枝や幹に直接彫られた50センチほどの仏像群が、差し込む光で金色に輝く。木の葉が風にざわめき、穏やかな仏の顔にアリが伝う。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。