私の描くグッとムービー

河内遙さん(漫画家)
「ギター弾きの恋」(1999年)

心地いい距離感の人物描写

 中学の頃から追いかけ始めたウディ・アレン作品の中でもシンプルな物語です。舞台は1930年代の米国。抜群の腕を持ちながら、女遊びの激しい自堕落な生活を送るジャズギタリスト、エメットのドタバタ劇がテンポ良く進みます。彼は休日に浜辺で口のきけないハッティと出会い、付き合うように。でも衝動的に他の女性と結婚し、純愛をつかみ損ねる切ないラブストーリーです。

 三日月形の舞台装置にエメットが乗って登場するコミカルなシーンなど、登場人物を俯瞰するような距離感が心地いい。キャラクターの感情の描き方が漫画的で分かりやすく、滑稽でいびつな、いい意味での底意地の悪さにぐっとひかれます。

 口が悪く、ゴミだめのネズミを銃で撃つしょうもない趣味があるエメットは、身近にいたら嫌なタイプだけど、遠目で見てるなら魅力の塊。ハッティは、しゃべらないぶん感情がむきだしで伝わってきます。いつも食べ物をバクバク食べているけど、エメットのギターの音色にうっとりしてちょっと手が止まったり、ふくれ面でそっぽを向いたりするキュートさが好き。

 情けなさと美しさが紙一重だなと感じる場面が多くあります。老若男女の聴衆がエメットの腕前に感動する描写には、音楽で人の心を動かせると信じる監督のロマンチックさが表れていてうれしくなる。そんな天才的な才能を与えられたエメットだから、余計にラストシーンはつらい。しょうもなさとがっかりな感じ、美しいと思う気持ち、複数の感情を絶妙なあんばいで感じて、ずっと繰り返し見ちゃう映画です。

(聞き手・上江洲仁美)

  監督=ウディ・アレン
  製作=米
  出演=ショーン・ペン、サマンサ・モートン、ユマ・サーマンほか
かわち・はるか
 「Kiss」(講談社)で「涙雨とセレナーデ」を連載中。「リクエストをよろしく」(祥伝社)の第5巻が来年1月8日に発売予定。

(2019年12月13日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
登龍亭獅篭さん(落語家・漫画家)「タイタニック」(1997)

登龍亭獅篭さん(落語家・漫画家)
「タイタニック」(1997)

ジェームズ・キャメロン監督の「タイタニック」と聞いて、これまで見てきた彼の作品から、ハリウッド映画だし、恐怖映画やパニック映画の王道を行くような作品だろうという先入観でこの映画をみたんですが、どっこい、裏切られました。

西山タカスケさん(画家)「グレン・グールド 27歳の記憶」(1959年)

西山タカスケさん(画家)
「グレン・グールド 27歳の記憶」(1959年)

カナダのピアニスト、グレン・グールド(1932~82)の若き日のドキュメンタリー映画です。

田内万里夫さん(画家)「FILMAGE : THE STORY OF DESCENDENTS/ALL」(2013年)

田内万里夫さん(画家)
「FILMAGE : THE STORY OF DESCENDENTS/ALL」(2013年)

アメリカの音楽シーンに革命を起こしたパンクバンド「ディセンデンツ」のドキュメンタリーです。1978年に米・カリフォルニアのあか抜けない少年たちが組んだバンドは、商業主義に陥ることなく独自の存在感を保ちながら、今も活動を続けています。

中越典子さん(俳優)「ウーマン・オン・トップ」(2000年)

中越典子さん(俳優)
「ウーマン・オン・トップ」(2000年)

映画のDVDは大きな棚を埋め尽くすくらい持っていて、最近整理をしたら1千本以上はありました。中でもこの映画は、私にとって特別な作品です。

新着コラム 一覧を見る
(C)2022「沈黙のパレード」製作委員会

シネマNEWS

「ガリレオ」映画第3弾『沈黙のパレード』製作決定!!

2007年、フジテレビ月9枠で放送された連続ドラマ「ガリレオ」(第1シーズン)。

(C)2021 日本すみっコぐらし協会映画部

シネマNEWS

待望の劇場アニメ第2弾『映画すみっコぐらし青い月夜のまほうのコ』

すみっコたちに、スクリーンでまた会える?待望の劇場アニメ第2弾『映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ』より、特報が到着、本作に登場する新キャラクターも公開された。

(C)2021「総理の夫」製作委員会

シネマNEWS

『総理の夫』主題歌にmiwaの「アイヲトウ」誕生秘話に田中圭、中谷美紀も感激!

山本周五郎賞、新田次郎文学賞受賞作家である原田マハの25万部超えベストセラー小説を原作に、田中圭と中谷美紀が日本初の女性総理とその夫・ファーストジェントルマンとしてW主演する映画『総理の夫』より、主題歌情報と本予告映像が解禁された。

(C)2022「流浪の月」製作委員会

シネマNEWS

本屋大賞受賞の傑作ベストセラー小説「流浪の月」広瀬すず×松坂桃李ダブル主演で映画化!

広瀬すずと松坂桃李のダブル主演×監督・李相日のタッグで、本屋大賞受賞原作「流浪の月」の映画化が決定した。

お知らせ(更新情報)
新型コロナウイルス感染症拡大を受け、開催を中止・延期するイベント、プレゼントがございます。

中止を決定したものにつきましては、その都度情報を更新し、公開を取り下げます。
なお、中止・延期となったイベント等の詳細につきましては主催者にお問い合わせいただきますようお願いいたします。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願いいたします。

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。