私の描くグッとムービー

三遊亭兼好さん(落語家)
「運動靴と赤い金魚」(1997年) 

緩急でワクワク、兄妹愛にホロリ

 根が子どもなのか、派手なアクションやカーチェイスなんかが売りのハリウッド映画を、ゲラゲラと笑って見るのが好きな人間でしてね。でも、この映画は私が28歳で入門して間もない頃かな、妻がDVDで借りてきたのを一緒に見て、幼い兄妹と家族の温かさに胸を打たれた作品です。

 舞台はイラン。兄のアリが、修理してもらった妹ザーラの靴をお使いの途中に紛失してしまいます。家が貧しいため、なくしたことを親には言えず、兄妹はアリの運動靴を交代で履いて学校に通うことに。ある日、アリは学校対抗のマラソン大会で3等の賞品が運動靴だと知り、出場します。妹のためにがむしゃらに走るのですが……。

 この物語は落語と共通点が多いんです。例えば、靴を買ってあげられない親にしろ、遅刻したアリを叱る教師にしろ、登場人物に根っからの悪人がいない。また、歌舞伎のような華やかな見せ場はないけれど、話の緩急で人をワクワクさせている。あと、全く押し付けがましくなくて、見る人によって受け取り方が様々。私は、お父さんの自転車の荷台に積まれた靴を見て、「幸せ」ってその手前にあるのが真の幸せなのかなぁって。

 よく噺家(はなしか)は「間が大事」って言われるもんで、しゃべらない時間をどれだけうまく使って、受け手の想像をかき立てるかが重要。無駄に話しちゃぁダメ。この映画は、走っているか表情だけのシーンが多く、せりふが少ない。でも、言葉以上に伝わるものがある。しゃべらないで楽しませられるって、我々からすれば理想。きっと、この監督は落語がうまいはずですよ。

(聞き手・井本久美)

 

  監督・脚本=マジッド・マジディ
  製作=イラン
  出演=ミル・ファロク・ハシェミアン、バハレ・セッデキ、アミル・ナージほか
さんゆうてい・けんこう
 1970年福島県生まれ。98年、三遊亭好楽に入門。2008年、真打ち昇進。2月25日、東京・国立演芸場で独演会「けんこう一番!」。

(2020年1月24日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
「幻の光」(1995年)

さわひらきさん(美術家)
「幻の光」(1995年)

1996年に渡英して3、4年経った頃、ホームシック的なものになりまして。そんな時にロンドンの映画館で日本映画が上映されていると知り、何の前情報も無しに見に行きました。

名久井直子(ブックデザイナー) 「ムーンライズ・キングダム」(2012年)

名久井直子(ブックデザイナー)
「ムーンライズ・キングダム」(2012年)

アンダーソン監督作品が大好きです。童話風の世界観にシニカルな演出やほろ苦さがあって。この映画も公開前から心待ちにしていました。

なばたとしたかさん(イラストレーター)  「ゴーストバスターズ」(1984年)  想像力をかき立てる異世界の物語

なばたとしたかさん(イラストレーター)
「ゴーストバスターズ」(1984年)

小学2年生の時に家族で映画館へ行って初めて見た映画。超常現象の研究をする3人の博士が大学を追い出されて「お化け退治人(ゴーストバスターズ)」の商売を始めるという喜劇です。

相原コージさん(漫画家)「イレイザーヘッド」(1977年)

相原コージさん(漫画家)
「イレイザーヘッド」(1977年)

最後まで訳の分からない悪夢みたいな話です。主人公の男と彼女の間に子どもができるんだけど、その赤ちゃんは首から下を包帯で巻かれた、顔も体も異形の姿。

新着コラム 一覧を見る
『約束のネバーランド』

シネマNEWS

『約束のネバーランド』追加キャスト決定!

17巻までで全世界累計発行部数1800万部を突破しているほか、10月からはアニメ第2期の放送も決定しているなど、日本のみならず世界で愛されている“約ネバ”が、12月18日に実写映画化されることが決定し、大きな話題となっている。

目白 志むらの「姫薯蕷饅頭(ひめじょうよまんじゅう)」

オトコの別腹

小林研一郎さん
「目白 志むら」の姫薯蕷饅頭(ひめじょうよまんじゅう)

演奏会は、なるべくおなかがすいた状態で臨んでいます。満腹では集中力が欠けてしまうので、特に難曲の前は何も食べないこともあります。

「東京うりずん」の沖縄そば

おんなのイケ麺(めん)

木村衣有子さん
「東京うりずん」の沖縄そば

琉球料理のお店には学生の頃からよく行っています。年明け、久しぶりに沖縄に旅行して、このお店の那覇の本店に入りました。

『パラサイト 半地下の家族』

シネマNEWS

日本大ヒット記念!『パラサイト 半地下の家族』ポン・ジュノ監督、主演ソン・ガンホ来日!

本年度アカデミー賞最多4部門を受賞した韓国映画『パラサイト 半地下の家族』の日本大ヒットを記念して、24日、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて舞台挨拶が行われた。

お知らせ(更新情報)
新型コロナウイルス感染症拡大を受け、開催を中止・延期するイベント、プレゼントがございます。

中止を決定したものにつきましては、その都度情報を更新し、公開を取り下げます。
なお、中止・延期となったイベント等の詳細につきましては主催者にお問い合わせいただきますようお願いいたします。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願いいたします。

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。