私の描くグッとムービー

名久井直子(ブックデザイナー)
「ムーンライズ・キングダム」(2012年)

アンバランスな12歳の駆け落ち

 アンダーソン監督作品が大好きです。童話風の世界観にシニカルな演出やほろ苦さがあって。この映画も公開前から心待ちにしていました。

 舞台は1960年代、アメリカ北東部のニューイングランド沖に浮かぶ島。里親に育てられているボーイスカウトの男の子サムは、本好きな女の子スージーに恋をします。周囲になじめず問題児扱いされている12歳の2人は駆け落ちを決行。大人たちの捜索が始まり、島中を巻き込む騒動に。

 追っ手から逃げる途中、スージーが置き忘れた双眼鏡をサムが危険をおして取りに戻るシーンが好き。「あれは彼女の魔法だから」って。スージーは遠いものが近くに見える双眼鏡を「魔法」として大事にしていました。その双眼鏡で母親と町の警官の密会を見てしまうんですけどね。本来なら子どもの駆け落ちなんて無謀だけど、男の子が女の子の魔法を理解しているという、その信頼があるだけで2人の関係は揺るがない気がします。もしかしたら未来でも一緒にいるような――。

 サムがスージーに贈った、釣り針と虫の死骸で作ったピアスも印象的でした。釣り針は「返し」があるから、一度耳に刺したら外れない。でも飾りの虫はいずれ腐って永遠ではない。そんなアンバランスさが2人によく似合っていました。

 イラストに描いたのは語り部のおじいさん。結末を知った上で見る人に語りかけてくる、現実とフィクションの間に立つような人物です。ハラハラさせられるシーンもありますが、彼の存在が「物語」らしさを強調してくれて、結末まで安心して見ていられました。

(聞き手・星亜里紗)

 

  監督・共同脚本=ウェス・アンダーソン
  製作=米
  出演=ブルース・ウィリス、エドワード・ノートンほか
なくい・なおこ
 1976年生まれ。文芸作品を中心に本の装丁を手がける。2014年、講談社出版文化賞ブックデザイン賞受賞。

(2020年2月14日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
「幻の光」(1995年)

さわひらきさん(美術家)
「幻の光」(1995年)

1996年に渡英して3、4年経った頃、ホームシック的なものになりまして。そんな時にロンドンの映画館で日本映画が上映されていると知り、何の前情報も無しに見に行きました。

なばたとしたかさん(イラストレーター)  「ゴーストバスターズ」(1984年)  想像力をかき立てる異世界の物語

なばたとしたかさん(イラストレーター)
「ゴーストバスターズ」(1984年)

小学2年生の時に家族で映画館へ行って初めて見た映画。超常現象の研究をする3人の博士が大学を追い出されて「お化け退治人(ゴーストバスターズ)」の商売を始めるという喜劇です。

相原コージさん(漫画家)「イレイザーヘッド」(1977年)

相原コージさん(漫画家)
「イレイザーヘッド」(1977年)

最後まで訳の分からない悪夢みたいな話です。主人公の男と彼女の間に子どもができるんだけど、その赤ちゃんは首から下を包帯で巻かれた、顔も体も異形の姿。

三遊亭兼好さん(落語家) 「運動靴と赤い金魚」(1997年) 

三遊亭兼好さん(落語家)
「運動靴と赤い金魚」(1997年) 

ゲラゲラと笑って見るのが好きな人間でしてね。でも、この映画は私が28歳で入門して間もない頃かな、妻がDVDで借りてきたのを一緒に見て、幼い兄妹と家族の温かさに胸を打たれた作品です。

新着コラム 一覧を見る
『約束のネバーランド』

シネマNEWS

『約束のネバーランド』追加キャスト決定!

17巻までで全世界累計発行部数1800万部を突破しているほか、10月からはアニメ第2期の放送も決定しているなど、日本のみならず世界で愛されている“約ネバ”が、12月18日に実写映画化されることが決定し、大きな話題となっている。

目白 志むらの「姫薯蕷饅頭(ひめじょうよまんじゅう)」

オトコの別腹

小林研一郎さん
「目白 志むら」の姫薯蕷饅頭(ひめじょうよまんじゅう)

演奏会は、なるべくおなかがすいた状態で臨んでいます。満腹では集中力が欠けてしまうので、特に難曲の前は何も食べないこともあります。

「東京うりずん」の沖縄そば

おんなのイケ麺(めん)

木村衣有子さん
「東京うりずん」の沖縄そば

琉球料理のお店には学生の頃からよく行っています。年明け、久しぶりに沖縄に旅行して、このお店の那覇の本店に入りました。

『パラサイト 半地下の家族』

シネマNEWS

日本大ヒット記念!『パラサイト 半地下の家族』ポン・ジュノ監督、主演ソン・ガンホ来日!

本年度アカデミー賞最多4部門を受賞した韓国映画『パラサイト 半地下の家族』の日本大ヒットを記念して、24日、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて舞台挨拶が行われた。

お知らせ(更新情報)
新型コロナウイルス感染症拡大を受け、開催を中止・延期するイベント、プレゼントがございます。

中止を決定したものにつきましては、その都度情報を更新し、公開を取り下げます。
なお、中止・延期となったイベント等の詳細につきましては主催者にお問い合わせいただきますようお願いいたします。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願いいたします。

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。