私の描くグッとムービー

あんびるやすこさん(絵本作家・児童書作家)
「キューティ・ブロンド」(2001年)

「絶対できない」偏見を覆す痛快さ

 家で映画を見ることが多く、何を見ようか選んでいるときにビジュアルが可愛くて、何だろうって思って見たのがきっかけ。すごく前向きな物語で気に入りました。主人公のエルは髪がブロンドで理知的に見えないという理由で恋人に振られますが、猛勉強して彼を追ってハーバード大の法科大学院に入学。彼を取り戻したいだけだったのが、法律の勉強をするうちに人の役に立つ喜びに目覚め、弁護士の道へ。何かを失ったところから別の扉が開き、自分の信念のために生きる女性に変わっていく。見ていてスカッとする映画です。

 自分が何を大切にしたらいいかに目覚めたエルのシーンが特にいい。エルが通っていたサロンのネイリストで、お互いの悩みを相談し合っていたポーレット。彼女の元恋人から法律用語を駆使して愛犬を取り戻す場面で、彼女から「ありがとう」って言われて。人から感謝される生き方に気づいた瞬間なんです。

 「ブロンドと知性は両立しない」と偏見の目でエルを見ていた人々が、次第にエルを応援し始めるのも痛快。エルの誠実で何事にもベストを尽くす姿が、魔法のように偏見を氷解させ、周囲の人を変えていきます。映画はコメディーですが、話にリアリティーを感じるのは、偏見や思い込みで内面を見ようとしない人々が登場するからかも。

 エルのように周囲から「絶対出来ない」と言われたことも、自分を信じれば成し遂げることが出来る。誰にとっても励みになる映画です。夢をあきらめそうになった時、何かを失ってへこんだ時に見てほしいですね。

(聞き手・小松麻美)

 

  監督=ロバート・ルケティック
  製作=米
  出演=リース・ウィザースプーン、ルーク・ウィルソン、セルマ・ブレアほか
あんびるやすこ
 「なんでも魔女商会」(岩崎書店)、「ムーンヒルズ魔法宝石店」(講談社)ほか。近著は「魔法の庭ものがたり」第24巻(21日発売予定、ポプラ社)。

(2020年12月11日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
レイザーラモンHGさん(タレント)「マッドマックス 怒りのデス・ロード」(2015年)

レイザーラモンHGさん(タレント)
「マッドマックス 怒りのデス・ロード」(2015年)

車で行って帰ってくるだけの話、なんですよね。わかりやすい映画ですが、そこに漫才のボケや大喜利の答えみたいなおもしろさが詰め込んであるんです。

永澤陽一さん(ファッションデザイナー)「オーケストラ!」(2009年)

永澤陽一さん(ファッションデザイナー)
「オーケストラ!」(2009年)

ブレジネフ政権下で反ユダヤ主義が勢いづいていた1980年代のロシア。

田山淳朗さん(ファッションデザイナー)<br>「汚れなき悪戯」(1955年)

田山淳朗さん(ファッションデザイナー)
「汚れなき悪戯」(1955年)

フランスなどヨーロッパの映画が好きで、高校時代は地元熊本のミニシアターによく足を運びましたね。初めて見たのはその頃。

西村宏堂さん(メイクアップアーティスト、僧侶)「プリティ・プリンセス」(2002年)

西村宏堂さん(メイクアップアーティスト、僧侶)
「プリティ・プリンセス」(2002年)

子どもの頃から大好きなジュリー・アンドリュースが映画出演するというので中学時代に見に行き、自分の生き方に大きな影響を受けた作品です。

新着コラム 一覧を見る
「PHO RASCAL(フォー ラスカル)」のチキンのフォー

おんなのイケ麺(めん)

前田有紀さん
「PHO RASCAL(フォー ラスカル)」のチキンのフォー

鎌倉に住み始めた3年前、白を基調にした外観に木目調の家具が並ぶシンプルな内装が素敵なお店を見つけ、以来家族でよく食べに行っています。

「MERCER bis Ebisu」の生キャラメルシフォンケーキ

オトコの別腹

松本利夫さん
「MERCER bis Ebisu」の生キャラメルシフォンケーキ

5年くらい前、友人が会食の時に手土産に持ってきてくれたのがきっかけです。僕がいままで食べたことのあるケーキ類の中で群を抜いてうまかった。本当に衝撃的でした。

椿の庭

シネマNEWS

『椿の庭』予告篇解禁!

サントリー、資生堂、TOYOTAなど数多くの広告写真を手掛ける写真界の巨匠・上田義彦初監督作『椿の庭』の公開日が、4月9日(金)に決定!予告編が解禁された。

花束みたいな恋をした

シネマNEWS

菅田将暉×有村架純が登壇『花束みたいな恋をした』完成報告イベント実施!

『花束みたいな恋をした』の完成報告イベントが実施され、W主演の菅田将暉、有村架純、そして土井裕泰監督が登壇した。

お知らせ(更新情報)
新型コロナウイルス感染症拡大を受け、開催を中止・延期するイベント、プレゼントがございます。

中止を決定したものにつきましては、その都度情報を更新し、公開を取り下げます。
なお、中止・延期となったイベント等の詳細につきましては主催者にお問い合わせいただきますようお願いいたします。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願いいたします。

【開催中止が決定したプレゼント】
「クリスマスローズの世界展」

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪


◆お知らせ

中止を決定したものにつきましては、その都度情報を更新し、公開を取り下げます。
なお、中止・延期となったイベント等の詳細につきましては主催者にお問い合わせいただきますようお願いいたします。
マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。