私の描くグッとムービー

鈴木杏さん(俳優)
「マトリックス レボリューションズ」(2003年)

なぜ戦うのか―「選択したからだ」

 舞台は近未来。この世は仮想現実の世界で、本当の世界では知能と意志を持ったコンピューターが人間を支配しているという設定です。人間を解放するため、二つの世界を行き来し機械と戦うのは救世主として選ばれたネオ、トリニティー、モーフィアスたち。英語でトリニティーは「三位一体」。イラスト左の3人は彼らで、輪郭にはコンピューター言語を象徴する数字を使いました。

 シリーズ中、機械が起こした戦争によって世界は雲で覆われ、暗い場面が多いのですが、3作目の本作では光のシーンが印象的。敵陣の中枢部を目指すネオとトリニティーは、到達の直前、雲上で遮るもののない太陽の光を見ます。ネオは内通者に目をつぶされるのですが、見えないはずのネオには光が透けるように世界が見える。闇の世界にいる彼らが見た光を描きたかったんです。

 右側は無数に増殖するネオの宿敵、スミス。2人はあらゆるものが持つ二極性の象徴です。善悪、明暗。共存し、均衡を保つものですよね。

 10代の頃は斬新なアクションやカメラワークにひかれましたが、コロナ禍の今見返すとセリフの一つ一つが刺さりました。スミスとの戦闘シーンで、劣勢でもくらいつくネオ。なぜそんなに戦うのかとスミスに問われ、「選択したからだ」と答えます。ネオは自らの選択に責任を持ち、向き合うことで真の救世主になっていくんですね。私たちも実は、あふれる情報の中から自分で答えを選びとって生きている。自分の選択で生きる。見えないものを見る。生きることの本質を描いた映画なんだと気付きました。

(聞き手・山田愛)

 

  監督・脚本=ウォシャウスキー姉妹
  製作=米
  出演=キアヌ・リーブス、ローレンス・フィッシュバーン、キャリー・アン・モスほか
すずき・あん
 1987年東京生まれ。26日までBunkamuraシアターコクーンにて、井上ひさし作、蜷川幸雄オリジナル演出の舞台「ムサシ」に出演。

(2021年9月17日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
馬場典子さん(フリーアナウンサー)「マイ・インターン」(2015年)

馬場典子さん(フリーアナウンサー)
「マイ・インターン」(2015年)

映画館で一度見ただけなのに印象に残っていた作品です。あらためて見直してみても、笑えるシーンがたくさんあって元気になれて、明日も頑張ろうと思えるハッピーな内容が大好きです。

ヒコロヒーさん(芸人)「ブランカとギター弾き」(2015年)

ヒコロヒーさん(芸人)
「ブランカとギター弾き」(2015年)

監督が日本人でイタリア製作、舞台はフィリピンのマニラ、なかなかないじゃないですか。

瀧川鯉八さん(落語家)「息子」(1991年)

瀧川鯉八さん(落語家)
「息子」(1991年)

岩手に暮らす父と、上京して自由に過ごす末っ子・哲夫の家族の物語。でも家族より、哲夫が働く工場のおじさんたちとのシーンのほうが印象的です。

沖田×華さん(漫画家)「スノーピアサー」(2013年)

沖田×華さん(漫画家)
「スノーピアサー」(2013年)

実はこの映画を見たのはつい最近。理由は単純で、7月か8月くらいの暑かった時期に涼しくなれるような映画を探していて。

新着コラム 一覧を見る
「和た与」のういろ餅

オトコの別腹

山名文和さん
「和た与」のういろ餅

もちもちの弾力とほんのりとした米粉の甘み。子どものころから夜中につまみ食いするほど大好きな、地元・滋賀の和菓子です。

「博多らーめん Shin-Shin」の博多ShinShinらーめん

おんなのイケ麺(めん)

岸田奈美さん
「博多らーめん Shin-Shin」の博多ShinShinらーめん

前職の出張で私が訪れたのは住吉店。引き戸で、テーブル席があって、「車椅子の母も連れて来られるな」とびっくりさせられました。

(C) 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

シネマNEWS

世界最強の姉妹を育てた父親の<驚きの実話>テニス未経験の父親が立てた常識破りの計画とは!?

過去に2度アカデミー賞(R)にノミネート、人気、実力共にトップのハリウッドスター、ウィル・スミス自身が主演、プロデューサーを務める最新作「KING RICHARD」が、邦題『ドリームプラン』で、来年2022年2月23日(水・祝)より公開されることが決定、特報映像が到着した。

 (C)2021 日本すみっコぐらし協会映画部

シネマNEWS

『映画すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ』主題歌に、BUMP OF CHICKENの新曲「Small world」予告編も到着!

劇場アニメ第2弾『映画すみっコぐらし青い月夜のまほうのコ』の主題歌がBUMPOFCHICKENの新曲「Smallworld」に決定、原作者のよこみぞゆりとBUMP OF CHICKENのコメントが到着。併せて主題歌入りの30秒予告も公開された。

お知らせ(更新情報)
新型コロナウイルス感染症拡大を受け、開催を中止・延期するイベント、プレゼントがございます。

中止を決定したものにつきましては、その都度情報を更新し、公開を取り下げます。
なお、中止・延期となったイベント等の詳細につきましては主催者にお問い合わせいただきますようお願いいたします。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願いいたします。



♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。