私のイチオシコレクション

染付古便器 INAXライブミュージアム

日本人の清潔志向と美意識

六代加藤紋右衛門 染付花鳥図朝顔形小便器 瀬戸、明治後期、磁器、幅57×奥行き29×高さ69センチ

六代加藤紋右衛門 染付花鳥図朝顔形小便器 
瀬戸、明治後期、磁器、幅57×奥行き29×高さ69センチ

  • 六代加藤紋右衛門 染付花鳥図朝顔形小便器 瀬戸、明治後期、磁器、幅57×奥行き29×高さ69センチ
  • 染付花図厠下駄、瀬戸染付花図厠下駄、瀬戸、明治後期、磁器、長さ25.1×幅16.1×高さ15.4センチ、千羽他何之(たかし)コレクション、明治後期、磁器、長さ25.1×幅16.1×高さ15.4㌢、千羽他何之(たかし)コレクション

 古便器とは、非水洗式トイレ用に作られた陶磁製の便器のこと。江戸末期に木製に代わるものとして陶製が登場しました。掃除がしやすく腐食しないからでしょう。磁器でも作られ、小判形の大便器や据え置きタイプの小便器などが生まれました。

 白地に青色で文様を施した染付(そめつけ)の便器は、1891(明治24)年に愛知や岐阜を襲った濃尾地震後の復興需要の中で、料亭や旅館、富裕層を中心に普及しました。絵柄は花や鳥が多いですね。大半が愛知の瀬戸で作られ、全国に広まりました。

 当館は、1990年代からINAX(現LIXIL)の研究開発部門が集めてきたものや寄託品など約600点の古便器や付属品を収蔵しており、うち約30点を展示しています。

 男性用の「染付花鳥図朝顔形小便器」は、幅が広く珍しい形です。2009年に寄贈されたもので、前の持ち主は骨董(こっとう)市で購入し、花壇として使っていました。瀬戸を代表する窯元の一つだった「紋右衛門窯」で作られた高級品。便器外側の正面に菊とツル5羽が、内側には松の木とつがいのキジが描かれています。

 小便器とセットで作られたのが厠下駄(かわやげた)。便器の前に置かれ、立ち位置を示しました。

 便器へのあくなきこだわりには、日本人の清潔志向と美意識が見て取れます。

(聞き手・牧野祥)


 《INAXライブミュージアム》 愛知県常滑市奥栄町1の130(TEL0569・34・8282)。午前10時~午後5時(入館は30分前まで)。600円。15日と(祝)を除く(水)休み。紹介した2点は、ミュージアム内「世界のタイル博物館」で常設展示。

内沢礼子さん

常設展担当 内沢礼子

 うちざわ・あやこ 1989年から二十数年、INAX(現LIXIL)で住宅設備機器などの営業を担当。2016年から現職。

(2018年8月7日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「私のイチオシコレクション」の新着記事 一覧を見る
画家のパレット 笠間日動美術館

画家のパレット 笠間日動美術館

当館は、洋画商で日動画廊創業者の長谷川仁(1897~1976)が、ゆかりの画家から譲り受けたパレットを展示するため、72年に開館しました。

南蛮美術 MOA美術館

南蛮美術 MOA美術館

西欧の宣教師たちが日本を訪れ、キリスト教を広めた16世紀。西洋画法を学ぶための画学校が建てられ、布教に用いる聖画像が、日本人の手で数多く生み出されました。

メディアアート NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]

メディアアート 
NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]

近年、コンピューターなどの電気通信技術を使った芸術、メディアアートが注目されています。当センターは日本の電話事業100周年を記念して、1997年に開館。

美人画 岡田美術館

美人画 岡田美術館

美しい女性を主題にした絵画は、江戸初期の風俗画に始まり、以後浮世絵の主流となって発展しました。

新着コラム 一覧を見る
達仏(たつぶつ) 西野達作(熊本県津奈木(つなぎ)町)

アートリップ

達仏(たつぶつ) 
西野達作(熊本県津奈木(つなぎ)町)

生きた木々の枝や幹に直接彫られた50センチほどの仏像群が、差し込む光で金色に輝く。木の葉が風にざわめき、穏やかな仏の顔にアリが伝う。

上野の森美術館

気になる一品

上野の森美術館

17世紀オランダの画家を紹介する「フェルメール展」。ショップでは、ガラス瓶をキャンバスに「大人の塗り絵」が楽しめる「コロリアージュボトル」が人気。

ブームの卵

ブームの卵

10月12日 注目グッズ
「CHOCONT sheet」など

秋の行楽シーズンが到来。ハイキングや山登りなどでちょっとひと休みしたいときってあるよね。

きびがら工房@栃木・鹿沼

街の十八番

きびがら工房@栃木・鹿沼

緑豊かな住宅地にある、自宅兼工房の庭先。大きなざるの中で、十二支の人形たちが風に当たる。ほうきの材料、ホウキモロコシの茎を編んで作る郷土玩具「きびがら細工」だ。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。