私のイチオシコレクション

竹久夢二 夢二郷土美術館

たどりついた理想の女性像

「立田姫」1931年 紙本着色 縦121.2×横97.5センチ

「立田姫」1931年 紙本着色 縦121.2×横97.5センチ

  • 「立田姫」1931年 紙本着色 縦121.2×横97.5センチ
  • 「秋のいこい」1920年 紙本着色 縦150.8×横163センチ

 岡山県出身の竹久夢二(1884~1934)は、「大正浪漫(ろまん)」を代表する画家。日本画をはじめ、作詩、デザインなど、多方面で活躍しました。

 当館は、夢二作品の里帰りを念じた実業家の松田基(もとい)が収集し、1966年に創設。肉筆画やスケッチなど約3千点以上を所蔵しています。

 開催中の企画展「夢二式美人」では、大きな目や手足、S字を描く叙情的な構図といった特徴的な美人画を紹介しています。夢二は、妻のたまきや恋人の彦乃、お葉らのイメージをもとに、理想の女性像を描き続けました。そこに自分の理解者であった母や姉への思慕や、社会的に弱い立場の人への共感など、「心の詩」を込めたのです。

 集大成と言えるのが「立田姫」です。31年に外遊に出る前の告別展に出品した作品で、「自分の生涯における総くくりの女、ミスニッポンだ」と語っています。立田姫は、秋の豊作の女神。右上には、唐の詩人・杜甫が農民の苦しさを詠んだ「歳晏行(さいあんこう)」の一節が一部変えて書かれています。立田姫は富士山の前に何かを守るように立ち、弱者と共にあるように描かれています。

 もう1点は、中期の代表作「秋のいこい」です。18年の米騒動のあとに描かれ、田舎から出てきた女性が途方に暮れている様を表しています。この絵の前にお葉がいる写真が残り、モデルが明確な珍しい作品です。

(聞き手・清水真穂実)


 《夢二郷土美術館》 岡山市中区浜2の1の32(TEL086・271・1000)。午前9時~午後5時。原則(月)((祝)(休)の場合は翌日)休み。800円。2点は12月16日まで展示。岡山県瀬戸内市に分館の夢二生家・少年山荘がある。

小嶋さん

館長代理・学芸員 小嶋ひろみ

 こじま・ひろみ 2015年、米国にあった夢二の油彩画「西海岸の裸婦」の収蔵に尽力した。小学生らへの教育普及活動も。創設者・松田基の孫。

(2018年11月6日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「私のイチオシコレクション」の新着記事 一覧を見る
素朴派 ハーモ美術館

素朴派 ハーモ美術館

素朴派とは、美術教育を受けていない画家たちの総称です。

鳥類標本 我孫子市鳥の博物館

鳥類標本 我孫子市鳥の博物館

当館は1990年、山階鳥類研究所の千葉県我孫子市への移転を機に、隣接して設置された、日本初の鳥の専門博物館です。当時は近くの手賀沼の汚さが問題視され、市が水質改善の指標として鳥に注目したことも開館理由です。

影絵 藤城清治美術館那須高原

影絵 藤城清治美術館那須高原

栃木県那須町に、影絵作家の父・藤城清治の美術館が開館したのは6年前。小人が現れそうな緑豊かな庭の雰囲気は、父の作品のイメージにも合っていましたし、この辺りも東日本大震災の被害に遭ったことで、「復興」も開館のきっかけのひとつになりました。

酒の文化資料 「食と農」の博物館

酒の文化資料 「食と農」の博物館

東京農大に付属する当館のコレクションは、大学の研究分野に関わる資料です。収集の柱の一つは、醸造科学科創設者の住江金之が集めた酒の文化資料。日本各地の酒器など約200点を所蔵しています。

新着コラム 一覧を見る
「子供遊水合戦」

美博ノート

「子供遊水合戦」

本展は、展示機会の少ない民具などを披露するシリーズ展の初回で、「消防」がテーマ。

刀剣博物館

気になる一品

刀剣博物館

国宝を含む多数の刀剣類を所蔵、公開する刀剣博物館。ショップでひときわ存在感を放つのが、「日刀保たたら 玉鋼」(50グラム前後、1500円)だ。

蛇の樹 ニキ・ド・サンファル作(東京都多摩市)

アートリップ

蛇の樹
ニキ・ド・サンファル作(東京都多摩市)

多摩センター駅から遊園地へ向かうれんが道を歩いていくと、原色の色鮮やかなモニュメントに出くわした。口を開け、四方八方を向く多頭の蛇。

「九つ井」のざるそば

おんなのイケ麺(めん)

酒井はなさん
「九つ井」のざるそば

鎌倉にある実家に近くて、亡くなった両親とよく行ったお店です。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。