私のイチオシコレクション

竹久夢二 夢二郷土美術館

たどりついた理想の女性像

「立田姫」1931年 紙本着色 縦121.2×横97.5センチ

「立田姫」1931年 紙本着色 縦121.2×横97.5センチ

  • 「立田姫」1931年 紙本着色 縦121.2×横97.5センチ
  • 「秋のいこい」1920年 紙本着色 縦150.8×横163センチ

 岡山県出身の竹久夢二(1884~1934)は、「大正浪漫(ろまん)」を代表する画家。日本画をはじめ、作詩、デザインなど、多方面で活躍しました。

 当館は、夢二作品の里帰りを念じた実業家の松田基(もとい)が収集し、1966年に創設。肉筆画やスケッチなど約3千点以上を所蔵しています。

 開催中の企画展「夢二式美人」では、大きな目や手足、S字を描く叙情的な構図といった特徴的な美人画を紹介しています。夢二は、妻のたまきや恋人の彦乃、お葉らのイメージをもとに、理想の女性像を描き続けました。そこに自分の理解者であった母や姉への思慕や、社会的に弱い立場の人への共感など、「心の詩」を込めたのです。

 集大成と言えるのが「立田姫」です。31年に外遊に出る前の告別展に出品した作品で、「自分の生涯における総くくりの女、ミスニッポンだ」と語っています。立田姫は、秋の豊作の女神。右上には、唐の詩人・杜甫が農民の苦しさを詠んだ「歳晏行(さいあんこう)」の一節が一部変えて書かれています。立田姫は富士山の前に何かを守るように立ち、弱者と共にあるように描かれています。

 もう1点は、中期の代表作「秋のいこい」です。18年の米騒動のあとに描かれ、田舎から出てきた女性が途方に暮れている様を表しています。この絵の前にお葉がいる写真が残り、モデルが明確な珍しい作品です。

(聞き手・清水真穂実)


 《夢二郷土美術館》 岡山市中区浜2の1の32(TEL086・271・1000)。午前9時~午後5時。原則(月)((祝)(休)の場合は翌日)休み。800円。2点は12月16日まで展示。岡山県瀬戸内市に分館の夢二生家・少年山荘がある。

小嶋さん

館長代理・学芸員 小嶋ひろみ

 こじま・ひろみ 2015年、米国にあった夢二の油彩画「西海岸の裸婦」の収蔵に尽力した。小学生らへの教育普及活動も。創設者・松田基の孫。

(2018年11月6日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「私のイチオシコレクション」の新着記事 一覧を見る
鵺図刺子半纏

妖怪の意匠 三次もののけミュージアム

江戸時代の妖怪物語「稲生物怪録」の舞台となった広島県三次市に立つ当館は、私が30年以上かけて集めた妖怪にまつわる資料約5千点を収蔵しています。「もののけ」で町おこしを目指す同市が、私の寄贈品をもとに設立、昨年4月に開館しました。

超絶技巧 東京国立近代美術館工芸館

超絶技巧 東京国立近代美術館工芸館

明治期の日本の工芸を知らしめようと超絶技巧を凝らした2点を紹介

闇の表現 宇都宮美術館

闇の表現 宇都宮美術館

主に20世紀以降の美術品を所蔵する当館。今回、6500超のコレクションから「闇」を表現した2作品を選びました。

ランプワーク KOBEとんぼ玉ミュージアム

ランプワーク KOBEとんぼ玉ミュージアム

当館は、ランプワークで作られた国内外作家のガラス作品約2千点を所蔵しています。

新着コラム 一覧を見る
『映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』

シネマNEWS

きゃりーぱみゅぱみゅ『映画クレヨンしんちゃん激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』

1990年より「漫画アクション」で連載が開始され、その後1992年にアニメが放送されて以来、長い間愛され続けている国民的アニメ「クレヨンしんちゃん」。大人気シリーズ28作目となる最新作『映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』。

「ブルース・リー 4Kリマスター復活祭2020」

シネマNEWS

「ブルース・リー 4Kリマスター復活祭2020」開催!

没後47年たった今も、世界中で愛され、崇められ、様々なジャンルに影響を与え続ける映画史上最高のアクション・スターにして伝説の武道家ブルース・リー。2020年は彼の生誕80周年となる記念すべき年である。

ブームの卵

ブームの卵

2月21日 注目グッズ
「Balance Pets(ばらんすぺっと)」など

最初は運動する気満々で買ったバランスボール。でも、いつの間にか部屋の隅っこで忘れ去られている、なんてことあるよね。

「幻の光」(1995年)

私の描くグッとムービー

さわひらきさん(美術家)
「幻の光」(1995年)

1996年に渡英して3、4年経った頃、ホームシック的なものになりまして。そんな時にロンドンの映画館で日本映画が上映されていると知り、何の前情報も無しに見に行きました。

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。