私のイチオシコレクション

酒の文化資料 「食と農」の博物館

宴席を楽しむ 粋な仕掛け

酒の文化資料 「食と農」の博物館

右から「鶯徳利」口径1・3センチ、器高14・2センチ、「鶯杯」口径5・2センチ、器高3・0センチ

  • 酒の文化資料 「食と農」の博物館
  • 酒の文化資料 「食と農」の博物館

 東京農大に付属する当館のコレクションは、大学の研究分野に関わる資料です。鶏の剥製(はくせい)やクリオネの実物、農具など多岐にわたりますが、収集の柱の一つは、醸造科学科創設者の住江金之(すみのえきんし、1889~1972)が集めた酒の文化資料。日本各地の酒器など約200点を所蔵しています。

 日本の酒造りの起源は古く、神事と深く結びついてきましたが、時代が下ると庶民も広く楽しむものになりました。特徴は、「温めても冷やしても良し」。器にも熱伝導性や耐熱性の高い材質を使うほか、屋外で熱燗(あつかん)を作る専用器もあります。

 一方で、酒席を楽しむための工夫も様々です。「鶯徳利(うぐいすとっくり)」は酒を注ぐ時、「キュキュッ」と音が鳴ります。内部を二つに仕切った構造で、器を傾けることで内部の気圧が変化し、上部の穴から音が出る仕組み。「鶯杯」も、縁にある穴に口をつけて酒を飲む時に音が出ます。酒器で宴を盛り上げる、粋な心の表れでしょう。

 酒との関わりを示す錦絵も所蔵し、資料保護のためレプリカを展示しています。そこに描かれた酒癖や大酒大会の様子には、今も昔も変わらない、宴を楽しむ姿があります。「江戸時代の居酒屋の風景」は明治維新期の風刺絵。酒を飲む二人の着物柄に注目すると、左の人物は籠目(かごめ)模様と縞(しま)模様の上下で「鹿児島」、右の人物は萩と蝶の模様で「長州」を連想させます。犬猿の仲だった薩長の接近を、酒を酌み交わす描写で表現しています。

(聞き手・木谷 恵吏)


 《東京農業大学「食と農」の博物館》 東京都世田谷区上用賀2の4の28(問い合わせは03・5477・4033)。午前10時~午後5時。原則月、毎月最終火休み。無料。2点は常設展示。

学芸員 西嶋優

 にしじま・まさる 東京農大農学部卒。2011年から同館勤務。4月25日~8月5日の企画展「農芸化学の始まりから未来まで」を担当。

(2019年4月2日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「私のイチオシコレクション」の新着記事 一覧を見る
絣 文化学園服飾博物館

絣 文化学園服飾博物館

絣は、文様にそって糸束をくくるなどして防染し、染め分けて織り上げる染織技法。

輪島塗 石川県輪島漆芸美術館

輪島塗 石川県輪島漆芸美術館

石川県輪島市で古くから作られてきた輪島塗。他の産地にない最大の特徴は、下地に珪藻土を混ぜていることです。

櫛(澤乃井 櫛かんざし美術館)

櫛 澤乃井 櫛かんざし美術館

1998年に開館した当館は、江戸から昭和までの櫛とかんざしを中心に、化粧に用いる紅板、かつら、姫印籠、携帯用の筆記具を入れる矢立など約5千点を所蔵しています。

秋田蘭画 秋田県立近代美術館

秋田蘭画 秋田県立近代美術館

秋田蘭画とは、江戸中期に秋田藩士が西洋絵画の技法を取り入れて描いた絵画のことです。

新着コラム 一覧を見る
竹内浩一さん(日本画家) 「牛の鈴音」(2008年)

私の描くグッとムービー

竹内浩一さん(日本画家)
「牛の鈴音」(2008年)

韓国農村部の四季の中で、79歳の寡黙な農夫と、老いた一頭の牛との生活を淡々と撮影したドキュメンタリーです。

ブームの卵

ブームの卵

7月19日 注目グッズ
「Pen」など

手に持つとひんやり冷たくて独特な手触り、心地よい重量感……。「Pen」は、ペン軸がコンクリート製のボールペンなんだ。

「3doo(サンドウ)」のジェラート(ベルガモット紅茶&ベリーチップ)

オトコの別腹

田川隼嗣さん
「3doo(サンドウ)」のジェラート(ベルガモット紅茶&ベリーチップ)

新しいもの好きの性格なので、チョコレートとか王道のものは、つい外したくなっちゃって。それなら、紅茶味にいってみようと思ったのがきっかけ。

「辛麺 華火」の辛麺

おんなのイケ麺(めん)

森七菜さん
「辛麺 華火」の辛麺

辛党です。甘いものも好きですけど、あんまり食べ続けられなくて。でも、辛いものは無限に食べられるんです。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。