私のイチオシコレクション

素朴派 ハーモ美術館

心のままに描いた身近な風景

アンリ・ルソー「果樹園」 油彩、1886年

アンリ・ルソー「果樹園」 油彩、1886年

  • アンリ・ルソー「果樹園」 油彩、1886年
  • グランマ・モーゼス「農作業」 油彩、1957年

 素朴派とは、美術教育を受けていない画家たちの総称です。フランスの画家アンリ・ルソー(1844~1910)を筆頭に、独学ゆえにアカデミックな机上の空論に左右されず、身近な風景や自然を心のままに描いたあたたかみのある作風が特徴です。

 当館は「芸術と素朴」をコンセプトに、90年に長野県の諏訪湖のほとりに開館しました。晴れた日は山間に富士山も望める立地と、素朴派作品のやすらぐ風景に通じるものを感じ、ルソーら同派5作家の61点を所蔵しています。

 ルソーはパリ市で税官吏を務めながら、40代から日曜画家として絵を描き始めました。独創的な作風は晩年まで評価されず、作品の多くが失われましたが、当館には貴重な9点があります。その一つ、「果樹園」は初期の作品。けむるような独特な筆致が深い秋を思わせます。白と黒のコントラストも鮮やかですね。ルソーの才能をいち早く見抜いたのはピカソでした。本作の裏側には、「敬意を表す」という言葉とともにピカソら前衛画家たちのサインが記されています。

 アメリカの素朴派といえば、国民的画家グランマ・モーゼス(1860~1961)。当館では刺繍作品を含む7点を所蔵しています。70代から絵筆を握った「モーゼスおばあさん」の絵は、自然への賛美と愛情に満ちています。「農作業」で初夏の故郷を描いたときには97歳。晩年の作風は、より明るく輝きをおびています。

(聞き手・星亜里紗)


《ハーモ美術館》 長野県下諏訪町10616の540(問い合わせは0266・28・3636)。午前9時~午後6時(10月~3月は5時まで)。2作品は常設展示。1000円。

館長 関たか子

館長 関たか子

 せき・たかこ 1943年生まれ。20代から画商の仕事を始め、国内外のオークションに精力的に参加。90年にハーモ美術館を開館。

(2019年4月23日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「私のイチオシコレクション」の新着記事 一覧を見る
棟方志功 棟方志功記念館

棟方志功 棟方志功記念館

青森県出身の版画家・棟方志功(1903~75)。自身が生み出す版画を「板画」、肉筆画を「倭画」と呼び、他にも油絵や書を手がけました。

石の彫刻 イサム・ノグチ庭園美術館

石の彫刻 イサム・ノグチ庭園美術館

日米双方の血をひく彫刻家、イサム・ノグチ(1904~88)は1969年、高松市にアトリエを構えました。

切り絵 富士川・切り絵の森美術館

切り絵 富士川・切り絵の森美術館

一口に切り絵といっても、その定義は様々です。

ベルギー近代美術 姫路市立美術館

ベルギー近代美術 姫路市立美術館

ゲルマン系とラテン系の国に挟まれ、「ヨーロッパの十字路」とも呼ばれるベルギー。

新着コラム 一覧を見る
ブームの卵

ブームの卵

9月13日 注目グッズ
「しゅくだいやる気ペン」など

漢字の書き取りや計算。宿題はあるけど、やる気が出ない……。そんな子には、やる気を「見える化」する「しゅくだいやる気ペン」だ。

鈴木ヒラクさん(アーティスト)「コヤニスカッツイ」(1982年)

私の描くグッとムービー

鈴木ヒラクさん(アーティスト)
「コヤニスカッツイ」(1982年)

せりふは一切なく、映像とミニマル・ミュージックで知られる作曲家フィリップ・グラスの音楽だけで描いたドキュメンタリーです。

「廣榮堂」の元祖きびだんご

オトコの別腹

鈴鹿央士さん
「廣榮堂(こうえいどう)」の元祖きびだんご

岡山出身の僕にとってきびだんごと言えばこれ。小さいころから食べていたし、学校の給食で1個とか2個とか出てきたんですよ。

「金蠍」の汁あり金胡麻担担麺

おんなのイケ麺(めん)

望月理恵さん
「金蠍」の汁あり金胡麻担担麺

ラーメンはあまり食べないのですが、担々麺は大好き。特にこのお店は、一時期週3回も通っていたほどはまりました。

お知らせ(更新情報) 10月1日からはがき代が62円から63円に、往復はがき代が124円から126円になりますのでご注意下さい。

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。