私のイチオシコレクション

素朴派 ハーモ美術館

心のままに描いた身近な風景

アンリ・ルソー「果樹園」 油彩、1886年

アンリ・ルソー「果樹園」 油彩、1886年

  • アンリ・ルソー「果樹園」 油彩、1886年
  • グランマ・モーゼス「農作業」 油彩、1957年

 素朴派とは、美術教育を受けていない画家たちの総称です。フランスの画家アンリ・ルソー(1844~1910)を筆頭に、独学ゆえにアカデミックな机上の空論に左右されず、身近な風景や自然を心のままに描いたあたたかみのある作風が特徴です。

 当館は「芸術と素朴」をコンセプトに、90年に長野県の諏訪湖のほとりに開館しました。晴れた日は山間に富士山も望める立地と、素朴派作品のやすらぐ風景に通じるものを感じ、ルソーら同派5作家の61点を所蔵しています。

 ルソーはパリ市で税官吏を務めながら、40代から日曜画家として絵を描き始めました。独創的な作風は晩年まで評価されず、作品の多くが失われましたが、当館には貴重な9点があります。その一つ、「果樹園」は初期の作品。けむるような独特な筆致が深い秋を思わせます。白と黒のコントラストも鮮やかですね。ルソーの才能をいち早く見抜いたのはピカソでした。本作の裏側には、「敬意を表す」という言葉とともにピカソら前衛画家たちのサインが記されています。

 アメリカの素朴派といえば、国民的画家グランマ・モーゼス(1860~1961)。当館では刺繍作品を含む7点を所蔵しています。70代から絵筆を握った「モーゼスおばあさん」の絵は、自然への賛美と愛情に満ちています。「農作業」で初夏の故郷を描いたときには97歳。晩年の作風は、より明るく輝きをおびています。

(聞き手・星亜里紗)


《ハーモ美術館》 長野県下諏訪町10616の540(問い合わせは0266・28・3636)。午前9時~午後6時(10月~3月は5時まで)。2作品は常設展示。1000円。

館長 関たか子

館長 関たか子

 せき・たかこ 1943年生まれ。20代から画商の仕事を始め、国内外のオークションに精力的に参加。90年にハーモ美術館を開館。

(2019年4月23日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「私のイチオシコレクション」の新着記事 一覧を見る
円空仏 円空仏寺宝館

円空仏 円空仏寺宝館

江戸時代前期の僧・円空(1632~95)は美濃国(現在の岐阜県羽島市)に生まれ、諸国を遊行しながら、生涯で12万体とも言われる数の木彫の仏像を作りました。

砂像(さぞう) 砂の美術館

砂像(さぞう) 砂の美術館

鳥取砂丘の砂を用いた砂像を、延べ床面積3千平方メートルの建物内に展示しています。毎年春に作りかえるため、その時しか見られない一期一会のはかなさが魅力です。

シュールレアリスム 横浜美術館

シュールレアリスム 横浜美術館

平成元(1989)年開館の当館では、横浜港開港の1859年以降をテーマとし、西洋絵画、日本画、彫刻、写真、工芸など、あらゆるジャンルの美術作品1万2千点余りを所蔵しています。

鳥類標本 我孫子市鳥の博物館

鳥類標本 我孫子市鳥の博物館

当館は1990年、山階鳥類研究所の千葉県我孫子市への移転を機に、隣接して設置された、日本初の鳥の専門博物館です。当時は近くの手賀沼の汚さが問題視され、市が水質改善の指標として鳥に注目したことも開館理由です。

新着コラム 一覧を見る
飯野和好さん(絵本作家)「番場の忠太郎 瞼の母」(1931年)

私の描くグッとムービー

飯野和好さん(絵本作家)
「番場の忠太郎 瞼の母」(1931年)

子どもの頃は邦画といえば時代劇、洋画といえば西部劇でしたね。

ブームの卵

ブームの卵

5月17日 注目グッズ
「メレンゲスティック」など

泡立てた卵白を使って、ふわふわのオムレツやパンケーキを作ってみない?

「清芳亭」の湯の花饅頭

オトコの別腹

渋川清彦さん
「清芳亭」の湯の花饅頭(まんじゅう)

お菓子ってあんまり食べないんですよね、俺。甘いものは好きで食べるというより、頭を働かせたいなとか、疲れたなとか、そういうときに摂取する感じですね。

「蒙古タンメン中本」の冷し味噌ラーメン

おんなのイケ麺(めん)

森山愛子さん
「蒙古(もうこ)タンメン中本」の
冷し味噌(みそ)ラーメン

とにかくすーっごく辛いんです! でも辛いだけじゃなくうまみがあるんです。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。