おんなのイケ麺(めん)

大岡亜紀さん
「日清フーズ」のディ・チェコ No.10フェデリーニ

「日清フーズ」のディ・チェコ No.10フェデリーニ

「日清フーズ」のディ・チェコ No.10フェデリーニ

  • 「日清フーズ」のディ・チェコ No.10フェデリーニ
  • 大岡亜紀さん

 大学時代の夏休み、毎日の朝食がパスタだった時期がありました。発端は、父(大岡信さん)がフランス在住の画家、菅井汲(くみ)さんを訪ねたこと。毎日、パスタをシンプルな味付けで食べていると聞いた父はいたく感銘を受け、「朝食はパスタに」と言い始めました。

 その頃は、父母とも明け方まで仕事をしていたので、朝食といっても午前10時前後。食いしん坊の父と料理好きな母のこと、パスタには色々な具材が乗るようになり、次第にシンプルとは程遠い、夕飯まで満腹感が続く程のボリュームになっていったのでした。

 食への関心が高い環境に育ったためか、私も小学生の頃から、新聞の料理レシピ欄をスクラップしていて、結婚する頃にはノート3冊分に。今も外食はほとんどせず、家で料理をします。

 パスタを作る時、必ず使うのが「ディ・チェコ」。フェデリーニは太さ1.4ミリとやや細めで、しこしことした食感も好みです。ゆで時間が6分と短めなのも良いですね。生トマトとニンニクオイルをベースに、季節の野菜をたくさん加えていただきます。

 

◆全国のスーパーなどで販売。
 500グラム。
 希望小売価格556円。
 問い合わせは日清フーズお客様相談室(0120・244157)。


 おおおか・あき 画家、詩人。
 雑誌や書籍の挿絵も手がける。日中対訳の「大岡信 愛の詩集」(日本僑報社)では装画を担当。2019年4月に個展開催予定。

(2018年9月28日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「おんなのイケ麺(めん)」の新着記事 一覧を見る
「道頓堀今井」のきつねうどん

阿川佐和子さん
「道頓堀今井」のきつねうどん

東京生まれで、関東の味に慣れていたので、小学生の頃、初めて食べた関西のきつねうどんに、とても感動しました。

「来来亭」のラーメン

モトーラ世理奈さん
「来来亭」のラーメン

高校時代、土曜日の授業後は近くでお昼を食べて帰っていたんです。ある時、仲の良い友だちと「ディープを攻めよう」と行ったのが来来亭です。

「ビーフン東(あずま)」の五目ビーフン

馬場典子さん
「ビーフン東(あずま)」の五目ビーフン

日本テレビの局アナ時代に、本社が汐留に移転してから、ランチでよく食べに行った老舗の台湾料理屋です。ビーフン屋さんてめずらしいですよね。

「スパ吉」の明太子(めんたいこ)とウニとイカのバター風味

花澤香菜さん
「スパ吉」の明太子(めんたいこ)とウニとイカのバター風味

学生の頃はお仕事と学業の両立で、頑張った日は「自分にご褒美」って、スパ吉に行っていました。本当においしいんです。

新着コラム 一覧を見る
「赤福」の赤福餅

オトコの別腹

伊藤健太郎さん
「赤福」の赤福餅

伊勢(三重県)は第二の故郷という感じです。母方の祖父母の家が伊勢神宮の近くにあって、学校が夏休みや冬休みの間は伊勢に滞在することが多かったんです。

「グレーの柳」

美博ノート

「グレーの柳」

黎明(れいめい)期の洋画の啓蒙(けいもう)と普及に努めた浅井忠(ちゅう)(1856~1907)。

キリン 鞍掛(くらかけ)純一作(東京都練馬区)

アートリップ

キリン 
鞍掛(くらかけ)純一作(東京都練馬区)

静かな住宅街の一角。東京都練馬区立美術館につながる「美術の森緑地」に足を踏み入れると、不思議な生き物たちの彫刻群に出会った。

フォービスム ひろしま美術館

私のイチオシコレクション

フォービスム ひろしま美術館

今年開館40年を迎えた当館では、フランス近代美術を中心とした所蔵品約300点から、約100点を年代順に展示しています。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。