おんなのイケ麺(めん)

夏井いつきさん
「手打そば おくむら」の天せいろ

「手打そば おくむら」の天せいろ

「手打そば おくむら」の天せいろ

  • 「手打そば おくむら」の天せいろ
  • 夏井いつきさん

 この春まで、渋谷のNHK西口前にあるこの店の前でタクシーを降りるのが習慣でした。「NHK俳句」の選者を担当した2年間のお昼は、必ずおくむら。月に1度通って、今日は解説がややこしいなという日には、ここで説明の仕方を確認して、局に向かいました。

 注文するのは大抵、天せいろ。ご主人が手打ちする細めのそばにワサビをちょっとのせて頂きます。天ぷらは、大きなナスもいいですが、私が好きなのは圧倒的にこの立派なエビ。衣が薄くて素材の味がよく分かるんです。

 俳句では、「蕎麦(そば)」だけでは季語になりません。「新蕎麦」や「蕎麦の花」と言って、初めて秋の季語に。私が運営に携わる俳句甲子園での一幕です。松山中央高校の1人が、「蕎麦打(うち)」を句に使いましたが、相手チームが季語ではないと突っ込みました。すると、そばを食べる喜びを詠んだこの句をもって新季語に提案したいと返したんです。会場が大いに沸いて、審査員の金子兜太先生も絶賛したのを覚えています。いつか「蕎麦打」が歳時記に載る日が来るかもしれません。

 

◆東京都渋谷区神山町5の7(TEL03・3466・4600)。
 1800円。
 正午~午後3時(売り切れ次第終了)。
 (日)(祝)休み。


 なつい・いつき 俳人。
 俳句初心者との対話形式で進行する入門書「夏井いつきの世界一わかりやすい俳句の授業」(PHP研究所)を発売中。

(2018年10月5日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「おんなのイケ麺(めん)」の新着記事 一覧を見る
「讃岐うどん 根の津」のちく玉天うどん

東直子さん
「讃岐うどん 根の津」のちく玉天うどん

森鴎外記念館(東京都文京区)に何度かイベントに伺っていて、昔ながらのお店と新しいお店が両方あるこの町の雰囲気が楽しくて、去年の4月、仕事場を移しました。

「函館らーめん 船見坂」の海老わんたんそば

田嶋陽子さん
「函館らーめん 船見坂」の海老わんたんそば

月に1回、東京・四谷のシャンソンライブハウス「蟻ん子」の舞台に立ってるのね。64歳の時に、軽井沢の町おこしに一肌脱ぐつもりで「歌いましょうか」なんて軽口たたいたのが運のつき。

「手打ち そば処ほさか」の鴨(かも)汁そば

銀粉蝶さん
「手打ち そば処ほさか」の鴨(かも)汁そば

昔よく、そばの食べ歩きに近いことをしていたんですよね。

「豊前房」の豊前房うどん

平野紗季子さん
「豊前房(ぶぜんぼう)」の豊前房うどん

小学生の頃から通っています。もともと福岡出身で関西風のダシの方が好きだったので、関東風のスープが黒いうどんに食べ慣れませんでした。

新着コラム 一覧を見る
ブームの卵

ブームの卵

6月21日 注目グッズ
「撮れる傘 instabrella」など

旅先やアウトドアで自撮り棒があると便利だけど、梅雨の時期は傘も持ち歩きたいし、荷物が増えちゃう……。

私の描くグッとムービー

佐藤穂波さん(イラストレーター)
「ヘアスプレー」(2007年)

高校生の頃、有志でダンスを披露する文化祭の企画がありました。この映画に出てくる曲で踊ることになり、みんなで映画を見たのが最初です。

「菓房処(どころ) 京家」かりんとう饅頭(まんじゅう) 鬼の金棒

オトコの別腹

寺田真二郎さん
「菓房処(どころ) 京家」かりんとう饅頭(まんじゅう) 鬼の金棒

これは都内の表参道にある新潟のアンテナショップで見つけました。もともと、道の駅や物産展、アンテナショップへ行くことが趣味なんです。

浄瑠璃人形「お里」

美博ノート

浄瑠璃人形「お里」

中部地方などの祭礼や人形浄瑠璃で使うからくり人形の制作、修復を行う木偶師・二代目萬屋仁兵衛。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。