おんなのイケ麺(めん)

夏井いつきさん
「手打そば おくむら」の天せいろ

「手打そば おくむら」の天せいろ

「手打そば おくむら」の天せいろ

  • 「手打そば おくむら」の天せいろ
  • 夏井いつきさん

 この春まで、渋谷のNHK西口前にあるこの店の前でタクシーを降りるのが習慣でした。「NHK俳句」の選者を担当した2年間のお昼は、必ずおくむら。月に1度通って、今日は解説がややこしいなという日には、ここで説明の仕方を確認して、局に向かいました。

 注文するのは大抵、天せいろ。ご主人が手打ちする細めのそばにワサビをちょっとのせて頂きます。天ぷらは、大きなナスもいいですが、私が好きなのは圧倒的にこの立派なエビ。衣が薄くて素材の味がよく分かるんです。

 俳句では、「蕎麦(そば)」だけでは季語になりません。「新蕎麦」や「蕎麦の花」と言って、初めて秋の季語に。私が運営に携わる俳句甲子園での一幕です。松山中央高校の1人が、「蕎麦打(うち)」を句に使いましたが、相手チームが季語ではないと突っ込みました。すると、そばを食べる喜びを詠んだこの句をもって新季語に提案したいと返したんです。会場が大いに沸いて、審査員の金子兜太先生も絶賛したのを覚えています。いつか「蕎麦打」が歳時記に載る日が来るかもしれません。

 

◆東京都渋谷区神山町5の7(TEL03・3466・4600)。
 1800円。
 正午~午後3時(売り切れ次第終了)。
 (日)(祝)休み。


 なつい・いつき 俳人。
 俳句初心者との対話形式で進行する入門書「夏井いつきの世界一わかりやすい俳句の授業」(PHP研究所)を発売中。

(2018年10月5日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「おんなのイケ麺(めん)」の新着記事 一覧を見る
「サロン・ド・テ アンジェリーナ」のモッツァレラチーズとキノコのトマトパスタ

米澤よう子さん
「サロン・ド・テ アンジェリーナ」の
モッツァレラチーズとキノコのトマトパスタ

フランス・パリに本店があるティールーム。メニューは月替わりなのですが、いつも美しい盛りつけで楽しませてくれるんです。

「日清フーズ」のディ・チェコ No.10フェデリーニ

大岡亜紀さん
「日清フーズ」のディ・チェコ No.10フェデリーニ

大学時代の夏休み、毎日の朝食がパスタだった時期がありました。発端は、父(大岡信さん)がフランス在住の画家、菅井汲(くみ)さんを訪ねたこと。

「味の天徳 油そば」の油そば

近藤くみこさん
「味の天徳 油そば」の油そば

三重から上京して川崎にある日本映画学校に在学中、当時お付き合いをしていた彼から教えてもらったのがここ。彼の家に行く途中にあったお店で、週1回のペースで食べていました。

「粥麺楽屋(かゆめんがくや) 喜々(きき)」の豆乳坦々そば

石橋静河さん
「粥麺楽屋(かゆめんがくや) 喜々(きき)」の豆乳坦々そば

坦々麺(たんたんめん)って外で食べるものというイメージがあって。まだそこまで通ではないので、「麺はここ」っていうこだわりはないんですけど、これまで食べてきた中で好きだなあと思ったのが喜々さんの「豆乳坦々そば」でした。

新着コラム 一覧を見る
達仏(たつぶつ) 西野達作(熊本県津奈木(つなぎ)町)

アートリップ

達仏(たつぶつ) 
西野達作(熊本県津奈木(つなぎ)町)

生きた木々の枝や幹に直接彫られた50センチほどの仏像群が、差し込む光で金色に輝く。木の葉が風にざわめき、穏やかな仏の顔にアリが伝う。

画家のパレット 笠間日動美術館

私のイチオシコレクション

画家のパレット 笠間日動美術館

当館は、洋画商で日動画廊創業者の長谷川仁(1897~1976)が、ゆかりの画家から譲り受けたパレットを展示するため、72年に開館しました。

上野の森美術館

気になる一品

上野の森美術館

17世紀オランダの画家を紹介する「フェルメール展」。ショップでは、ガラス瓶をキャンバスに「大人の塗り絵」が楽しめる「コロリアージュボトル」が人気。

ブームの卵

ブームの卵

10月12日 注目グッズ
「CHOCONT sheet」など

秋の行楽シーズンが到来。ハイキングや山登りなどでちょっとひと休みしたいときってあるよね。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。