おんなのイケ麺(めん)

夏井いつきさん
「手打そば おくむら」の天せいろ

「手打そば おくむら」の天せいろ

「手打そば おくむら」の天せいろ

  • 「手打そば おくむら」の天せいろ
  • 夏井いつきさん

 この春まで、渋谷のNHK西口前にあるこの店の前でタクシーを降りるのが習慣でした。「NHK俳句」の選者を担当した2年間のお昼は、必ずおくむら。月に1度通って、今日は解説がややこしいなという日には、ここで説明の仕方を確認して、局に向かいました。

 注文するのは大抵、天せいろ。ご主人が手打ちする細めのそばにワサビをちょっとのせて頂きます。天ぷらは、大きなナスもいいですが、私が好きなのは圧倒的にこの立派なエビ。衣が薄くて素材の味がよく分かるんです。

 俳句では、「蕎麦(そば)」だけでは季語になりません。「新蕎麦」や「蕎麦の花」と言って、初めて秋の季語に。私が運営に携わる俳句甲子園での一幕です。松山中央高校の1人が、「蕎麦打(うち)」を句に使いましたが、相手チームが季語ではないと突っ込みました。すると、そばを食べる喜びを詠んだこの句をもって新季語に提案したいと返したんです。会場が大いに沸いて、審査員の金子兜太先生も絶賛したのを覚えています。いつか「蕎麦打」が歳時記に載る日が来るかもしれません。

 

◆東京都渋谷区神山町5の7(TEL03・3466・4600)。
 1800円。
 正午~午後3時(売り切れ次第終了)。
 (日)(祝)休み。


 なつい・いつき 俳人。
 俳句初心者との対話形式で進行する入門書「夏井いつきの世界一わかりやすい俳句の授業」(PHP研究所)を発売中。

(2018年10月5日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「おんなのイケ麺(めん)」の新着記事 一覧を見る
「道頓堀今井」のきつねうどん

阿川佐和子さん
「道頓堀今井」のきつねうどん

東京生まれで、関東の味に慣れていたので、小学生の頃、初めて食べた関西のきつねうどんに、とても感動しました。

「来来亭」のラーメン

モトーラ世理奈さん
「来来亭」のラーメン

高校時代、土曜日の授業後は近くでお昼を食べて帰っていたんです。ある時、仲の良い友だちと「ディープを攻めよう」と行ったのが来来亭です。

「ビーフン東(あずま)」の五目ビーフン

馬場典子さん
「ビーフン東(あずま)」の五目ビーフン

日本テレビの局アナ時代に、本社が汐留に移転してから、ランチでよく食べに行った老舗の台湾料理屋です。ビーフン屋さんてめずらしいですよね。

「スパ吉」の明太子(めんたいこ)とウニとイカのバター風味

花澤香菜さん
「スパ吉」の明太子(めんたいこ)とウニとイカのバター風味

学生の頃はお仕事と学業の両立で、頑張った日は「自分にご褒美」って、スパ吉に行っていました。本当においしいんです。

新着コラム 一覧を見る
「赤福」の赤福餅

オトコの別腹

伊藤健太郎さん
「赤福」の赤福餅

伊勢(三重県)は第二の故郷という感じです。母方の祖父母の家が伊勢神宮の近くにあって、学校が夏休みや冬休みの間は伊勢に滞在することが多かったんです。

「グレーの柳」

美博ノート

「グレーの柳」

黎明(れいめい)期の洋画の啓蒙(けいもう)と普及に努めた浅井忠(ちゅう)(1856~1907)。

キリン 鞍掛(くらかけ)純一作(東京都練馬区)

アートリップ

キリン 
鞍掛(くらかけ)純一作(東京都練馬区)

静かな住宅街の一角。東京都練馬区立美術館につながる「美術の森緑地」に足を踏み入れると、不思議な生き物たちの彫刻群に出会った。

フォービスム ひろしま美術館

私のイチオシコレクション

フォービスム ひろしま美術館

今年開館40年を迎えた当館では、フランス近代美術を中心とした所蔵品約300点から、約100点を年代順に展示しています。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。