読んでたのしい、当たってうれしい。

気になる一品

文京区立森鷗外記念館

文京区立森鷗外記念館

 古地図を集めるなど、地図好きだった森鷗外。1909(明治42)年に自ら考案した「東京方眼図」の復刻版(600円)を、東京・文京区立森鷗外記念館で販売中だ。縦横に線を引き、符号を付けて索引ができる方眼状の地図は、当時の日本では珍しかった。鷗外は留学先のドイツで見た方眼図を参考にしたと考えられている。この地図を片手に歩いてみれば、鷗外が見た明治の東京が見えてくるかもしれない。

◆東京都文京区千駄木1の23の4(TEL03・3824・5511)。午前10時~午後6時(入館は30分前まで)。第4(火)と2月25日休み。

(2019年2月5日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

今、あなたにオススメ

気になる一品の新着記事

  • 川崎市立日本民家園 東日本の代表的な民家のほか、水車小屋や船頭小屋など25件の建物を展示する川崎市立日本民家園。

  • 野球殿堂博物館 王貞治さんや長嶋茂雄さんら野球殿堂入りした人の肖像レリーフや、選手が使用したバットなどを展示する野球殿堂博物館。

  • 世田谷美術館 「素朴派」の絵画を多く収蔵する世田谷美術館。ショップでは、素朴派を代表する仏のアンリ・ルソー「フリュマンス・ビッシュの肖像」をモチーフにした「ルソースタンドメッセージカード」が人気だ。

  • 三浦綾子記念文学館 作家・三浦綾子の創作ノートや書簡など約3万点を所蔵する三浦綾子記念文学館。

新着コラム