気になる一品

文京区立森鷗外記念館

 古地図を集めるなど、地図好きだった森鷗外。1909(明治42)年に自ら考案した「東京方眼図」の復刻版(600円)を、東京・文京区立森鷗外記念館で販売中だ。縦横に線を引き、符号を付けて索引ができる方眼状の地図は、当時の日本では珍しかった。鷗外は留学先のドイツで見た方眼図を参考にしたと考えられている。この地図を片手に歩いてみれば、鷗外が見た明治の東京が見えてくるかもしれない。

◆東京都文京区千駄木1の23の4(TEL03・3824・5511)。午前10時~午後6時(入館は30分前まで)。第4(火)と2月25日休み。

(2019年2月5日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「気になる一品」の新着記事 一覧を見る
岡田美術館

岡田美術館

ショップでは、喜多川歌麿の肉筆画に描かれた女性や雪景色をモチーフにしたチョコレート「歌麿・深川の雪」が販売中。

旧白洲邸 武相荘(ぶあいそう)

旧白洲邸 武相荘(ぶあいそう)

実業家の白洲次郎と随筆家の正子夫妻が暮らした家で、2人の遺愛品などを展示しているミュージアム。

九州国立博物館

九州国立博物館

野帳(やちょう)は、考古学者が発掘現場で使うフィールドノート。 九州国立博物館では「オリジナル野帳」を販売中。

高尾599ミュージアム

高尾599ミュージアム

東京の高尾山のふもとで植物標本の展示や登山情報の発信などをしている高尾599ミュージアム。「木のおりがみ」は、多摩産材を加工した折り紙だ。

新着コラム 一覧を見る
「揚州商人」の揚州濃厚塩ラーメン(柳麺)

おんなのイケ麺(めん)

愛希れいかさん
「揚州商人」の揚州濃厚塩ラーメン(柳麺)

宝塚の下級生時代、上級生の方に連れていっていただいたお店です。一番のお気に入りが、この揚州濃厚塩ラーメン。

「新珠製菓」の羽二重餅

オトコの別腹

細川俊夫さん
「新珠製菓」の羽二重餅

毎年9月に福井県越前市で開催する、武生国際音楽祭の音楽監督をしています。24年間通っていて、このお菓子は地元の銘菓。滞在するたびにいただいています。

「えじこ型のこけし」

美博ノート

「えじこ型のこけし」

伝統的なこけしといえば、細長い胴に丸い頭が一般的。だが、展示室には、一風変わったえじこ型のこけしも並ぶ。

巣鴨信用金庫 中青木支店 エマニュエル・ムホー作(埼玉県川口市)

アートリップ

巣鴨信用金庫 中青木支店 
エマニュエル・ムホー作(埼玉県川口市)

住宅や雑居ビルが立ち並ぶ道路を進むと、視界に「色」が飛び込んできた。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。