目利きのイチオシコレクション

水墨画【下】 正木美術館

創立者自ら研究、貴重な作品群

等春「瀟湘八景図 江天暮雪」室町時代(15~16世紀) 紙本墨画

等春「瀟湘八景図 江天暮雪」室町時代(15~16世紀) 紙本墨画

  • 等春「瀟湘八景図 江天暮雪」室町時代(15~16世紀) 紙本墨画
  • 能阿弥自画賛「蓮図」重文 室町時代(1471年) 紙本墨画

 室町水墨画の中でも、美術史的に貴重な作品が多いのが、正木美術館のコレクションです。雪舟が拙宗と名乗っていた時期の作品といわれる重要文化財「撥墨(はつぼく)山水図」や千利休の肖像画、重文「千利休図」など、創立者の実業家、正木孝之が自ら研究して集めた約200点が所蔵されています。

 室町後期の禅僧で、雪舟の弟子・等春の印のある「江天暮雪」。中国山水画の伝統的な画題、瀟湘(しょうしょう)八景の一つで、舞い上がる雪の一瞬の景色を描いています。右下の家の屋根を消すと抽象画。墨の面、紙の白、にじみから想像力を働かせないと、雪景色は見えてこない。墨の表情だけで絵を成り立たせた、上級者向けの作品です。近代にも通じる斬新な墨使いの感覚が、画家の「胸中の丘壑(きゅうがく)(心の中の山水イメージ)」を伝えています。

 墨で素直に描いているのが同中期の能阿弥の「蓮(はす)図」。能阿弥は足利将軍家の同朋衆(どうぼうしゅう)で、中国絵画や工芸品の管理、展示をしながら、連歌や和歌を詠みました。これは75歳の時の作品。蓮は浄土の花で、和歌は辞世の句。自らの最期をさとった静かで穏やかな絵です。水墨画に和歌を入れて和漢を融合させた早い例です。

 どちらも小品ですが、描いているのは対極の動と静。画面と対話しながら、水墨画の奥深い魅力を味わってください。

(聞き手・石井久美子)


 コレクションの概要

 大阪泉州出身の正木孝之(1895~1985)が、工務店や映画館の経営で財をなし、24歳ごろから日本画の収集をはじめた。戦後は、豪商や財閥家の蔵から放出された中世の禅宗文化の墨跡と水墨画、茶道具の収集と研究に取り組んだ。68年、美術館を開館。所蔵品は国宝3件、重文13件を含む約1300件。

 「江天暮雪」は、7月2日まで開催の「風光を仰ぐ」展で、5月18日から展示。重文「蓮図」は、開館50周年を迎える来年の秋季展に展示予定。

《正木美術館》 大阪府忠岡町忠岡中2の9の26(TEL0725・21・6000)。午前10時~午後4時半(入館は30分前まで)。700円。5月16日と(水)休み。

島尾新さん

学習院大文学部教授 島尾新さん

しまお・あらた 日本美術史家。室町時代を中心に水墨画を研究。東京大・美術史学科卒業、同大学院修士課程修了。東京文化財研究所美術部広領域研究室長、多摩美術大教授などを経て現職。「日本美術全集9 水墨画とやまと絵」を責任編集。

(2017年5月16日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「目利きのイチオシコレクション」の新着記事 一覧を見る
漆芸【下】 東京国立近代美術館工芸館

漆芸【下】 東京国立近代美術館工芸館

江戸時代まで漆芸は、寺院や大名の注文を受け、職人が分業で制作していましたが、明治になると、作り手が自ら発想し、全工程を手がける作家活動が盛んになります。

漆芸【上】 首里城公園

漆芸【上】 首里城公園

漆芸は、漆の樹液を塗料として用い、金や貝で装飾を施す美術工芸品です。漆の木は、日本から東南アジアまでのモンスーン地帯にのみ生育します。

色絵【下】 石川県九谷焼美術館

色絵【下】 石川県九谷焼美術館

今回は、色絵の中でも「再興九谷」に焦点を当てて紹介します。

色絵【上】 戸栗美術館

色絵【上】 戸栗美術館

色絵は陶磁器に赤や緑、黄などで上絵付けし、低温で焼成した焼き物の総称です。中国様式を踏襲し、日本では1640年代以降、有田の伊万里焼や、京都の京焼など各地で盛んに作られました。

新着コラム 一覧を見る

ロゴ散歩

国立アイヌ民族博物館

北海道に先月オープンした、東北以北で初の国立博物館。

「眼をとじて」

美博ノート

「眼をとじて」

フランス象徴主義を代表するオディロン・ルドンは、1890年ごろにその作風の転換期を迎える。

山の絵画 安曇野山岳美術館

私のイチオシコレクション

山の絵画 安曇野山岳美術館

山好きだった亡父・水上巌が37年前、北アルプスのふもとで山の絵を鑑賞してほしいという思いから開いた小さな美術館です。山に入って描く山岳画やふもとから描いた風景画など約200点を収蔵しています。

川崎大師平間寺薬師殿(旧自動車交通安全祈祷殿)(川崎市)

建モノがたり

川崎大師平間寺薬師殿
(旧自動車交通安全祈祷殿)(川崎市)

川崎大師境内の南端で異彩を放つ薬師殿は、建築史家で長年にわたり古社寺保存に携わった大岡實さん(1900~87)が設計した

お知らせ(更新情報)
新型コロナウイルス感染症拡大を受け、開催を中止・延期するイベント、プレゼントがございます。

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪


♦お知らせ

中止を決定したものにつきましては、その都度情報を更新し、公開を取り下げます。
なお、中止・延期となったイベント等の詳細につきましては主催者にお問い合わせいただきますようお願いいたします。
マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。