目利きのイチオシコレクション

漆芸【下】 東京国立近代美術館工芸館

高度な技法と自由な遊び心

松田権六「獅子蒔絵香盒」1916(大正5)年

松田権六「獅子蒔絵香盒」1916(大正5)年

  • 松田権六「獅子蒔絵香盒」1916(大正5)年
  • 六角紫水「金胎蒔絵唐花文鉢」1935(昭和10)年ごろ

 江戸時代まで漆芸は、寺院や大名の注文を受け、職人が分業で制作していましたが、明治になると、作り手が自ら発想し、全工程を手がける作家活動が盛んになります。その明治以降の作品を見られるのが東京国立近代美術館工芸館です。

 この時代の漆芸界を先導したのが松田権六(ごんろく)(1896~1986)と師匠の六角紫水(ろっかくしすい)(1867~1950)です。松田は昭和を代表する漆芸家。蒔絵(まきえ)で第1回重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されました。二十歳で制作したこの「香盒(こうごう)」は、直径6センチほどですが、加賀・五十嵐派の高蒔絵の技法を用いた完成度の高い作品です。蒔絵は金銀の粉をまく日本独自の漆工表現。中でも高蒔絵は、下地などで盛った上に蒔絵を施す高度な技法です。実は、約40年前、当時の所有者から鑑定の依頼を受け、私の父の先輩だった松田先生に作品を見せたんです。預けて、後日戻ってきたら右側にひげが4本加わっていて、先生の遊び心を感じましたね。

 六角は明治時代、師の岡倉天心と一緒に海外に流出した漆芸品を調査し、様々な技法を科学的に研究しました。「唐花文鉢」はアルミに漆を高温で焼き付ける金胎(きんたい)の技法に蒔絵を施した作品です。

 漆は千年以上もつ強い素材。私も両作品のように、今という時代を表現しながら、時代を超えて残る作品を作りたいと思っています。

(聞き手・石井久美子)


どんなコレクション?

 近現代の工芸とデザイン作品を展示する東京国立近代美術館の分館。1977年に開館した。1910年に建てられた陸軍近衛師団司令部庁舎を改修した建物に、陶磁やガラス、木工や染織、工業デザイン、グラフィック・デザインなど3700点あまりを所蔵する。うち漆芸作品は約350点。

 紹介した2点は、5月27日までの工芸館開館40周年記念所蔵作品展「名工の明治」で見られる。4月1、22日午後2時、研究員によるギャラリートークがある。

 《東京国立近代美術館工芸館》 東京都千代田区北の丸公園1の1。午前10時~午後5時(入館は30分前まで)。250円。4月2、30日を除く(月)休み。

漆芸家 室瀬和美

室瀬和美さん

 むろせ・かずみ 1950年生まれ。重要無形文化財「蒔絵」保持者。東京芸術大大学院修士課程(漆芸専攻)修了。目白漆芸文化財研究所を設立し、文化財保存修復や国宝「梅蒔絵手箱」(三嶋大社蔵)の模造制作などに携わる。著書に「漆の文化」。

 

◆「目利きのイチオシコレクション」は来週から「私のイチオシコレクション」に衣替えします。

(2018年3月27日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「目利きのイチオシコレクション」の新着記事 一覧を見る
漆芸【上】 首里城公園

漆芸【上】 首里城公園

漆芸は、漆の樹液を塗料として用い、金や貝で装飾を施す美術工芸品です。漆の木は、日本から東南アジアまでのモンスーン地帯にのみ生育します。

色絵【下】 石川県九谷焼美術館

色絵【下】 石川県九谷焼美術館

今回は、色絵の中でも「再興九谷」に焦点を当てて紹介します。

色絵【上】 戸栗美術館

色絵【上】 戸栗美術館

色絵は陶磁器に赤や緑、黄などで上絵付けし、低温で焼成した焼き物の総称です。中国様式を踏襲し、日本では1640年代以降、有田の伊万里焼や、京都の京焼など各地で盛んに作られました。

肖像写真【下】 島根県立美術館

肖像写真【下】 島根県立美術館

地方美術館では珍しく、総合的な写真作品の収集に努めているのが島根県立美術館です。山陰ゆかりの写真家にも力点を置き、奈良原一高(1931~)をはじめ、故塩谷定好(しおたにていこう)や森山大道らの作品を多く持っています。

新着コラム 一覧を見る
『男と女 人生最良の日々』

シネマNEWS

⼭⽥洋次監督もコメント!『男と女 人生最良の日々』 著名⼈も⼤絶賛!

第1作目から50年を経て新たな『寅さん』を2019年に送り出した山田洋次監督からは「はじめて『男と女』を観たときのあのふるえるような感動。

『男はつらいよ』

シネマNEWS

シリーズ史上初!『男はつらいよ』入場者プレゼントで豪華3種ポストカードセット!!

観客動員数が100万人を突破!大ヒットを記念して、『男はつらいよ』シリーズ史上初となる入場者プレゼントの実施が決定した。

世田谷美術館

気になる一品

世田谷美術館

「素朴派」の絵画を多く収蔵する世田谷美術館。ショップでは、素朴派を代表する仏のアンリ・ルソー「フリュマンス・ビッシュの肖像」をモチーフにした「ルソースタンドメッセージカード」が人気だ。

段ボールSL 島英雄作(熊本県南関町)

アートリップ

段ボールSL
島英雄作(熊本県南関町)

千平方メートルの屋内展示場に子どもたちの歓声が響く。その指さす先にあるのは段ボール製の蒸気機関車(SL)「D51」だ。全長20、幅3、高さ4メートルの実物大で、車輪を動かす装置など1700の部品はすべて段ボール。精巧に再現され、今にも動き出しそうだ。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。