目利きのイチオシコレクション

色絵【上】 戸栗美術館

自慢の一品と親子の結束

「色絵牡丹文瓶」 伊万里 江戸時代(17世紀中期)

「色絵牡丹文瓶」 伊万里 江戸時代(17世紀中期)

  • 「色絵牡丹文瓶」 伊万里 江戸時代(17世紀中期)
  • 「色絵十七櫂繋ぎ文皿」 鍋島 江戸時代(17世紀末~18世紀初め)

 色絵は陶磁器に赤や緑、黄などで上絵付けし、低温で焼成した焼き物の総称です。中国様式を踏襲し、日本では1640年代以降、有田の伊万里焼や、京都の京焼など各地で盛んに作られました。伊万里焼の名品を見られるのが、戸栗美術館です。

 戸栗美術館は、実業家の戸栗亨(1926~2007)の収集品を軸にしています。彼は戦後、日本の生活文化が失われるのを憂え、古民具を収集しました。信頼のおける美術商と出会った40歳前後から本格的に陶磁器を収集し、美術館を創設しました。

 その彼の自慢の一品が、高さ47センチある伊万里焼の「色絵牡丹(ぼたん)文瓶」。中国の五行思想に倣い、縁起のいい赤の模様に、牡丹をあしらっています。西欧への輸出用として制作され、完成度が高く豪華絢爛(けんらん)。堂々とした風格があります。

 しかし、彼が収集を諦めた品も。有田の近くで焼かれた鍋島焼の尺皿です。尺皿とは直径約30センチの大皿のことで、国内では25点しか確認されていませんでした。没後、欧州で「色絵十七櫂繋(かいつな)ぎ文皿」が発見され、2014年に息子で2代目館長の戸栗修氏が入手。初代の悲願がかないました。絵柄は、舟をこぐ17本の櫂をひもで結ぶ図。武士の結束を表現したのでしょうか。2代にわたり収集した、親子の結束にも通じます。

(聞き手・吉田愛)


どんなコレクション?

 山梨県出身の実業家、戸栗亨が創設。1987年、旧鍋島藩の屋敷跡に開館した。伊万里、鍋島などの肥前磁器のほか、中国や朝鮮などの東洋陶磁、約7千点を所蔵する。コレクションから年4回の企画展を開催。3月21日までの「古伊万里にみるうわぐすり展」では、伊万里焼を構成する4色の釉薬(ゆうやく)の変遷などが見られる。

 紹介した2点は、21日まで同時開催している「磁器生誕から100年の変遷」で公開中。

《戸栗美術館》 東京都渋谷区松濤1の11の3(TEL03・3465・0070)。午前10時~午後5時((金)は8時まで、入館は30分前まで)。1000円。原則(月)休み。

美術評論家 森孝一

森孝一さん

 もり・こういち 1951年生まれ。日本陶磁協会常任理事。雑誌「陶説」を編集するかたわら、美術館やギャラリーでの企画も手がける。「陶芸家になるには」(共著)、「器の手帖(てちょう)」(監修)、「文士と骨董(こっとう)」(編集)など。

(2018年3月6日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「目利きのイチオシコレクション」の新着記事 一覧を見る
漆芸【下】 東京国立近代美術館工芸館

漆芸【下】 東京国立近代美術館工芸館

江戸時代まで漆芸は、寺院や大名の注文を受け、職人が分業で制作していましたが、明治になると、作り手が自ら発想し、全工程を手がける作家活動が盛んになります。

漆芸【上】 首里城公園

漆芸【上】 首里城公園

漆芸は、漆の樹液を塗料として用い、金や貝で装飾を施す美術工芸品です。漆の木は、日本から東南アジアまでのモンスーン地帯にのみ生育します。

色絵【下】 石川県九谷焼美術館

色絵【下】 石川県九谷焼美術館

今回は、色絵の中でも「再興九谷」に焦点を当てて紹介します。

肖像写真【下】 島根県立美術館

肖像写真【下】 島根県立美術館

地方美術館では珍しく、総合的な写真作品の収集に努めているのが島根県立美術館です。山陰ゆかりの写真家にも力点を置き、奈良原一高(1931~)をはじめ、故塩谷定好(しおたにていこう)や森山大道らの作品を多く持っています。

新着コラム 一覧を見る

ロゴ散歩

国立アイヌ民族博物館

北海道に先月オープンした、東北以北で初の国立博物館。

「眼をとじて」

美博ノート

「眼をとじて」

フランス象徴主義を代表するオディロン・ルドンは、1890年ごろにその作風の転換期を迎える。

山の絵画 安曇野山岳美術館

私のイチオシコレクション

山の絵画 安曇野山岳美術館

山好きだった亡父・水上巌が37年前、北アルプスのふもとで山の絵を鑑賞してほしいという思いから開いた小さな美術館です。山に入って描く山岳画やふもとから描いた風景画など約200点を収蔵しています。

川崎大師平間寺薬師殿(旧自動車交通安全祈祷殿)(川崎市)

建モノがたり

川崎大師平間寺薬師殿
(旧自動車交通安全祈祷殿)(川崎市)

川崎大師境内の南端で異彩を放つ薬師殿は、建築史家で長年にわたり古社寺保存に携わった大岡實さん(1900~87)が設計した

お知らせ(更新情報)
新型コロナウイルス感染症拡大を受け、開催を中止・延期するイベント、プレゼントがございます。

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪


♦お知らせ

中止を決定したものにつきましては、その都度情報を更新し、公開を取り下げます。
なお、中止・延期となったイベント等の詳細につきましては主催者にお問い合わせいただきますようお願いいたします。
マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。