目利きのイチオシコレクション

バルビゾン派【上】 山梨県立美術館

ミレー70点中心に名作がそろう

ジャン・フランソワ・ミレー「落ち穂拾い、夏」(油彩・麻布、1853年)

ジャン・フランソワ・ミレー「落ち穂拾い、夏」(油彩・麻布、1853年)

  • ジャン・フランソワ・ミレー「落ち穂拾い、夏」(油彩・麻布、1853年)
  • ジュール・ブルトン「朝」(油彩・麻布、1888年)

 パリから南東へ約60キロメートルの、風光明媚(めいび)なフォンテーヌブローの森。1820年代から19世紀半ば、森に近いバルビゾン村に滞在・移住して、自然や農村を描いた画家たちがいました。コローやルソー、ミレーらを総称して、「バルビゾン派」と呼びます。

 ミレーの作品70点を核に、彼らの作品を所蔵するのが、山梨県立美術館。「自然豊かな山梨は日本のバルビゾン」と約40年前から質の高い作品を集めてきました。

 「落ち穂拾い、夏」を見てください。近代欧州の農村では、小麦収穫の際、貧しい人々のために一部の穂を残しておきました。ミレーは、落ち穂を拾う農民に焦点を当てています。また、背景に積まれたワラの山は、手前の人間と比べると6~7メートルはあるでしょうか。動力が無かった頃の労働の大変さも読み取れますね。

 もう一作はブルトンを選びました。彼も「落ち穂拾い」を主題にした多くの絵を残しましたが、ミレーとは農民の描き方が対照的です。ミレーは顔を見せずに普遍的な農民の姿を表しましたが、ブルトンは力強い表情で一人の人間の個性を描きました。「朝」も女性の存在感があり、好きな作品です。

 10月から、仏で開催されるミレー展に「落ち穂拾い、夏」を貸し出すそうです。しばらく見られなくなる前に足を運んでみてはいかがでしょう。

(聞き手・笹木菜々子)


 どんなコレクション?

 山梨県立美術館の所蔵品は、ミレーを中心としたバルビゾン派やヨーロッパの風景画、日本の近現代美術品など、現在一万点を超える。ミレーの「種をまく人」と「夕暮れに羊を連れ帰る羊飼い」は、1977年に米国のオークションで購入。翌年の78年、置県百年記念事業として同館が開館した。

 「落ち穂拾い、夏」は9月10日まで、「朝」は原則通年、同館内のミレー館で展示している。

《山梨県立美術館》 山梨県甲府市貢川1の4の27(TEL055・228・3322)。午前9時~午後5時(入館は30分前まで)。510円(コレクション展)。(月)((祝)の場合は翌日)、(祝)の翌日((日)は除く)休み。

小泉順也さん

一橋大准教授 小泉順也さん

こいずみ・まさや 専門はフランス近代美術史。東京大・教養学部卒業、同大学院博士課程修了。博士(学術)取得。一橋大・大学院で美術史、学芸員資格の授業を担当。山梨県立美術館などで講演会を開催。「ヴュイヤール ゆらめく装飾画」の翻訳を監修。

(2017年5月23日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「目利きのイチオシコレクション」の新着記事 一覧を見る
漆芸【下】 東京国立近代美術館工芸館

漆芸【下】 東京国立近代美術館工芸館

江戸時代まで漆芸は、寺院や大名の注文を受け、職人が分業で制作していましたが、明治になると、作り手が自ら発想し、全工程を手がける作家活動が盛んになります。

漆芸【上】 首里城公園

漆芸【上】 首里城公園

漆芸は、漆の樹液を塗料として用い、金や貝で装飾を施す美術工芸品です。漆の木は、日本から東南アジアまでのモンスーン地帯にのみ生育します。

色絵【下】 石川県九谷焼美術館

色絵【下】 石川県九谷焼美術館

今回は、色絵の中でも「再興九谷」に焦点を当てて紹介します。

色絵【上】 戸栗美術館

色絵【上】 戸栗美術館

色絵は陶磁器に赤や緑、黄などで上絵付けし、低温で焼成した焼き物の総称です。中国様式を踏襲し、日本では1640年代以降、有田の伊万里焼や、京都の京焼など各地で盛んに作られました。

新着コラム 一覧を見る

ロゴ散歩

国立アイヌ民族博物館

北海道に先月オープンした、東北以北で初の国立博物館。

「眼をとじて」

美博ノート

「眼をとじて」

フランス象徴主義を代表するオディロン・ルドンは、1890年ごろにその作風の転換期を迎える。

山の絵画 安曇野山岳美術館

私のイチオシコレクション

山の絵画 安曇野山岳美術館

山好きだった亡父・水上巌が37年前、北アルプスのふもとで山の絵を鑑賞してほしいという思いから開いた小さな美術館です。山に入って描く山岳画やふもとから描いた風景画など約200点を収蔵しています。

川崎大師平間寺薬師殿(旧自動車交通安全祈祷殿)(川崎市)

建モノがたり

川崎大師平間寺薬師殿
(旧自動車交通安全祈祷殿)(川崎市)

川崎大師境内の南端で異彩を放つ薬師殿は、建築史家で長年にわたり古社寺保存に携わった大岡實さん(1900~87)が設計した

お知らせ(更新情報)
新型コロナウイルス感染症拡大を受け、開催を中止・延期するイベント、プレゼントがございます。

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪


♦お知らせ

中止を決定したものにつきましては、その都度情報を更新し、公開を取り下げます。
なお、中止・延期となったイベント等の詳細につきましては主催者にお問い合わせいただきますようお願いいたします。
マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。