街の十八番

うちわの太田屋@千葉・南房総

浴衣生地で再生 房州うちわ

店頭に立つ太田美津江さん。うちわ小サイズ(1512円~)

店頭に立つ太田美津江さん。うちわ小サイズ(1512円~)

  • 店頭に立つ太田美津江さん。うちわ小サイズ(1512円~)
  • 温めてしならせた竹を糸で編み、窓といわれるうちわ下部を作る「本窓」という作業

 千葉県・房総半島の南、緑豊かな里山に一軒の工房がたたずむ。房州うちわの伝統を守る太田屋だ。8畳の床は骨組みが山積みになっている。2~4月が最盛期だという。

 房州うちわは、国指定の伝統的工芸品で、丸亀うちわ、京うちわと並び、日本三大うちわの一つ。柄と扇部の骨は1本の竹からできている。

 4代目の太田美津江さん(66)は半島南部で採れる女竹(めだけ)を使い、他の専門職人の手を借りながら竹選別、もみ、穴あけなど21の工程を経て作る。元々は江戸うちわと称し江戸時代に江戸の地場産業として繁栄。だが明治から大正にかけ、原料の竹の産地、房州に職人が移住した。曽祖父が始めた太田屋もその一つ。戦後に父が引き継ぎ、父を手伝ううちに技を習得した。

 昭和30年代は年間約10万本作っていたが、扇風機の普及で注文が低迷。約20年後、浴衣の生地を貼った品を扱い始めると、人気が復活した。

 太田さんは今、障害者の作業所で週に1回講習を行う。「教え子たちが伝統工芸士になるまで元気でいたい」と話す。

(文・写真 石井広子)


 ◆千葉県南房総市富浦町多田良1193(TEL0470・33・2792)。午前9時~午後6時。不定休。富浦駅から車。

(2018年7月6日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「街の十八番」の新着記事 一覧を見る
カトレア@森下

カトレア@森下

下町風情漂う深川地区の森下に、「元祖カレーパン」を看板商品に掲げるパン屋がある。

野口鍛冶店@埼玉・久喜

野口鍛冶店@埼玉・久喜

野口鍛冶(かじ)店は1887(明治20)年に創業し、農具を作ってきた。

神茂(かんも)@日本橋

神茂(かんも)@日本橋

日本橋の中央通りから路地に入ると「神茂」がある。店にはかまぼこなど約50種の練り物が並ぶが、中でも人気の「手取り半ぺん」は1688(元禄元)年の創業当時の製法で作り続けている。

玉力製菓@埼玉県川越市

玉力製菓@埼玉県川越市

8月上旬の猛暑日。川越の観光名所「菓子屋横丁」の一角にある飴屋、玉力製菓では、4代目久保田淳(じゅん)さん(44)と妻の友美さん(44)が黙々と作業をしていた。

新着コラム 一覧を見る
観光客をほっこり温める「癒やし系」

ご当地キャラ大集合

観光客をほっこり温める「癒やし系」

首都圏周辺のご当地キャラクターを紹介する「ご当地キャラ大集合」。第5回は神奈川県箱根町・強羅の「ごうらん」です。

「花を摘む男女」

美博ノート

「花を摘む男女」

戦前~1980年代、愛知県瀬戸市は欧米輸出用の陶磁の置物や装飾品「ノベルティ」の一大産地で、最盛期には300社以上の工房が腕を競った。本展は戦後以降に作られた約250点で、その魅力を紹介する。

横浜市歴史博物館

気になる一品

横浜市歴史博物館

原始から現代の暮らしを紹介する横浜市歴史博物館。ショップでは、脱力系のキュートさが漂う「手づくり 顔面把手(とって)」を販売する。

The Secret Pond(秘密の池) ルーディ・キスラー作(長崎県・福江島)

アートリップ

The Secret Pond(秘密の池) 
ルーディ・キスラー作(長崎県・福江島)

長崎・五島列島の福江島。空港から島随一の絶景地・大瀬崎灯台へと、玉之浦湾の入り江を見下ろす山あいの道を車で向かう。ふいに木々が途切れた場所で眼下を見やると、不思議な風景が目に飛び込んできた。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。