街の十八番

山崎屋源七提灯店@浅草

粋な墨痕の江戸手猫提灯

東京都の伝統工芸士でもある山田記央さん

東京都の伝統工芸士でもある山田記央さん

  • 東京都の伝統工芸士でもある山田記央さん
  • 字の内側を塗り込む。上下に枠の「重化(じゅうけ)」を付けて完成。高さ27センチのミニ提灯2900円~

 浅草・雷門近くの路地裏に店を構える山崎屋源七提灯店。享保4(1719)年ごろに創業した。8代目の山田記央(のりお)さん(48)は、問屋から提灯を仕入れ、文字を描く職人。この江戸手描提灯(てがきちょうちん)を20歳のころに、祖父から継いだ。

 江戸時代、浅草には多くの描き職人がいたという。現在、かいわいにはこの店を含め5軒が残る。基本の江戸文字は一画一画、太い線が特徴だ。中に棒を入れて凹凸のある表面を張り、下書きをする。その後、輪郭を面相筆で描き、平筆に持ち替えて内側を埋めていく。かすれは許されない。

 「絵を描く感覚。筆の入り口、曲がり角などが強調され、力こぶのような墨痕が粋。遠くから見ても文字が認識できます」。代々、浅草寺、浅草神社の出入り業者も務める。三社祭の時期は、約3カ月間に約2千個を描く。

 歌舞伎の看板を飾る勘亭流、寄席文字、牡丹(ぼたん)文字など約10種類を描き分ける。現在は、看板や和食店のロゴ、寄席のめくりなどの注文も多い。「機械技術が発達した今、職人による文字の味を伝えていきたい」

(文・写真 石井広子)


 ◆東京都台東区雷門2の9の9(TEL03・3841・8849)。午前9時~午後7時。(日)(祝)休み。浅草駅。

(2018年10月19日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「街の十八番」の新着記事 一覧を見る
柴沼醤油醸造@茨城・土浦

柴沼醤油醸造@茨城・土浦

江戸時代、土浦藩が製造を奨励し、江戸中期には約20の醤油(しょうゆ)蔵があったという土浦。江戸の風俗を記録した「守貞謾稿(もりさだまんこう)」には、野田(千葉県野田市)と並び、土浦のものは質が良いと書かれている。

黄八丈めゆ工房@八丈島

黄八丈めゆ工房@八丈島

都心から約290キロ離れた八丈島には、島の名前の由来ともいわれる絹織物「黄八丈」がある。

よのや櫛舗@浅草

よのや櫛舗@浅草

観光客でにぎわう浅草の伝法院通りに、全国に10軒もないという本つげ櫛(ぐし)の専門店がある。

矢切の渡し@千葉・松戸 東京・柴又

矢切の渡し@千葉・松戸 東京・柴又

30人乗りの手こぎ舟が江戸川を静かに横切る。都内に唯一残る渡し舟「矢切の渡し」だ。千葉県松戸市下矢切、東京都葛飾区柴又間の約150メートルを片道5分で結ぶ。

新着コラム 一覧を見る
IBARAKI sense(イバラキセンス)

アンテナショップ@東京

IBARAKI sense(イバラキセンス)

JR有楽町駅近くの首都高速道路高架下にある茨城県のアンテナショップが、2018年10月25日にリニューアルオープンした。

「鉄釉神猿(てつゆうまさる)」「灰釉神狐(かいゆうしんこ)」

美博ノート

「鉄釉神猿(てつゆうまさる)」「灰釉神狐(かいゆうしんこ)」

神社と動物の関わりは深い。それぞれの由緒にちなんで、サルやキツネをモチーフにした陶製の像も岐阜県東濃地方で奉納された。

九州国立博物館

気になる一品

九州国立博物館

野帳(やちょう)は、考古学者が発掘現場で使うフィールドノート。 九州国立博物館では「オリジナル野帳」を販売中。

和ガラス 瓶泥舎(びんでいしゃ)びいどろ・ぎやまん・ガラス美術館

私のイチオシコレクション

和ガラス 
瓶泥舎(びんでいしゃ)びいどろ・ぎやまん・ガラス美術館

江戸前期、南蛮船が持ち込んだガラスに魅了された日本の職人が、中国伝来の鉛ガラス素地を用いて日本独自のガラス製品を生み出していきました。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。