街の十八番

山崎屋源七提灯店@浅草

粋な墨痕の江戸手猫提灯

東京都の伝統工芸士でもある山田記央さん

東京都の伝統工芸士でもある山田記央さん

  • 東京都の伝統工芸士でもある山田記央さん
  • 字の内側を塗り込む。上下に枠の「重化(じゅうけ)」を付けて完成。高さ27センチのミニ提灯2900円~

 浅草・雷門近くの路地裏に店を構える山崎屋源七提灯店。享保4(1719)年ごろに創業した。8代目の山田記央(のりお)さん(48)は、問屋から提灯を仕入れ、文字を描く職人。この江戸手描提灯(てがきちょうちん)を20歳のころに、祖父から継いだ。

 江戸時代、浅草には多くの描き職人がいたという。現在、かいわいにはこの店を含め5軒が残る。基本の江戸文字は一画一画、太い線が特徴だ。中に棒を入れて凹凸のある表面を張り、下書きをする。その後、輪郭を面相筆で描き、平筆に持ち替えて内側を埋めていく。かすれは許されない。

 「絵を描く感覚。筆の入り口、曲がり角などが強調され、力こぶのような墨痕が粋。遠くから見ても文字が認識できます」。代々、浅草寺、浅草神社の出入り業者も務める。三社祭の時期は、約3カ月間に約2千個を描く。

 歌舞伎の看板を飾る勘亭流、寄席文字、牡丹(ぼたん)文字など約10種類を描き分ける。現在は、看板や和食店のロゴ、寄席のめくりなどの注文も多い。「機械技術が発達した今、職人による文字の味を伝えていきたい」

(文・写真 石井広子)


 ◆東京都台東区雷門2の9の9(TEL03・3841・8849)。午前9時~午後7時。(日)(祝)休み。浅草駅。

(2018年10月19日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「街の十八番」の新着記事 一覧を見る
徳太樓@浅草

徳太樓@浅草

浅草寺の北側にある和菓子屋「徳太樓(ろう)」。1903(明治36)年創業。看板商品は、甘さが控えめで、中が透き通って見える薄皮の「きんつば」だ。

カフェーパウリスタ@銀座

カフェーパウリスタ@銀座

丸いひさしの下のガラス戸を開けて店に入ると、香ばしい香りに包まれた。1階はシャンデリアが光るシックな雰囲気、3年前に開設した2階は大きな窓から光が注ぎ、銀座中央通りがよく見える。

稲荷湯@北区

稲荷湯@北区

「銭」を払い「湯」あみする公衆浴場の銭湯。現在、東京都内には約560軒ある。旧中山道筋にある滝野川銀座通りの路地に、高い煙突がのぞく。

きびがら工房@栃木・鹿沼

きびがら工房@栃木・鹿沼

緑豊かな住宅地にある、自宅兼工房の庭先。大きなざるの中で、十二支の人形たちが風に当たる。ほうきの材料、ホウキモロコシの茎を編んで作る郷土玩具「きびがら細工」だ。

新着コラム 一覧を見る
シャンプーハット こいでさん(芸人) 「レナードの朝」(1990年)

私の描くグッとムービー

シャンプーハット こいでさん(芸人)
「レナードの朝」(1990年)

この物語は、脳神経科医オリバー・サックスの回想録が基になっています。

「銀座 立田野」の立田野あんみつ

オトコの別腹

木場勝己さん
「銀座 立田野」の立田野あんみつ

子どもの頃、祖母が火鉢であんこを煮てくれました。それをお汁粉にしたり、おはぎにしたりと、あんこは家で食べる物だったんです。

「スパ吉」の明太子(めんたいこ)とウニとイカのバター風味

おんなのイケ麺(めん)

花澤香菜さん
「スパ吉」の明太子(めんたいこ)とウニとイカのバター風味

学生の頃はお仕事と学業の両立で、頑張った日は「自分にご褒美」って、スパ吉に行っていました。本当においしいんです。

タブレット純の「昭和歌謡に恋した私」

タブレット純の「昭和歌謡に恋した私」

<上> ムード歌謡・ロシア民謡編

歌手でお笑い芸人のタブレット純さんが、自身のエピソードを交えながら昭和歌謡の魅力を紹介します。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。