街の十八番

黄八丈めゆ工房@八丈島

鮮やかな黄色 島の恵みで

天日干しにした糸の前に立つ山下芙美子さん(右)と誉さん。樺(かば)色は「マダミ」と呼ばれるタブノキの樹皮で染める

天日干しにした糸の前に立つ山下芙美子さん(右)と誉さん。樺(かば)色は「マダミ」と呼ばれるタブノキの樹皮で染める

  • 天日干しにした糸の前に立つ山下芙美子さん(右)と誉さん。樺(かば)色は「マダミ」と呼ばれるタブノキの樹皮で染める
  • 黄色、樺色、黒の3色の糸を使い、縞(しま)や格子柄に織るのが特徴

 都心から約290キロ離れた八丈島には、島の名前の由来ともいわれる絹織物「黄八丈」がある。

 黄八丈は、島に自生する草木の染料で絹糸を染め、織り上げていく特産品。しかし、昔ながらの技法を使い、染めから織りまでを手がける職人は数少ない。

 1917年、初代の山下めゆさんが祖父に染めを教わり創業。戦後、化学染料を取り入れる職人が増える中でも「受け継いだことを続ける」とやり方を変えなかった。現在は、孫で3代目の芙美子さん(72)と夫の誉(ほまれ)さん(77)、次男の雄さん(40)が遺志を継いでいる。

 黄八丈の特徴である黄色は、「八丈カリヤス」と呼ばれるイネ科の植物を使って染める。10年ほど前には天候の影響で草の出来が悪く、澄んだ黄色に染められないことがあった。悩んだ末に、染めの作業はいったん休止。納得できる色が出来るまでの3年間、ストックしていた糸を使い出荷した。芙美子さんは、「織りのデザインは創意工夫。だけど染めは昔のまま。自然の恵みをいかした本物の色を残していきたい」と話す。

(文・写真 町田あさ美)


 ◆東京都八丈島八丈町中之郷2542(TEL04996・7・0411)。午前9時~正午、午後1時~5時。無休。八丈島空港から車。

(2019年1月11日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「街の十八番」の新着記事 一覧を見る
大和屋@日本橋

大和屋@日本橋

東京・日本橋、三越前に店を構えるかつお節専門店。江戸末期、新潟出身の初代が、魚河岸のあった日本橋で商いを始めた。

佐野造船所@東京・潮見

佐野造船所@東京・潮見

水都・江戸で物流を担ったのは木造船だった。かつて、和船をつくっていた船大工は今はほとんど姿を消した。佐野造船所は、船大工の職人技を代々受け継ぎながら生き延びてきた。

天真正伝香取神道流本部道場@千葉・香取

天真正伝香取神道流本部道場@千葉・香取

「エイ」「ヤー!」。勇ましいかけ声と木刀の打ち合う音が響く。千葉県香取市、香取神宮のほど近く。約600年連綿と伝えられてきた古武術、天真正伝(しょうでん)香取神道流の本部道場だ。

甲斐雨端硯(かいあめはたすずり)本舗@山梨県富士川町

甲斐雨端硯(かいあめはたすずり)本舗@山梨県富士川町

山梨県西部を流れる富士川に沿った国道52号沿いに、同県の郷土伝統工芸品に指定される雨畑硯の工房がある。「甲斐雨端硯本舗」は、元禄3(1690)年創業。

新着コラム 一覧を見る
国立科学博物館

気になる一品

国立科学博物館

博物館漫画「へんなものみっけ!」の作者、早良(さわら)朋さんが国立科学博物館で開催中の「大哺乳類展2」のために描き下ろしたチーターの「チー太」とマッコウクジラの「まっ子」がぬいぐるみになった。

OROCHI 澄川喜一作(島根県益田市)

アートリップ

OROCHI 
澄川喜一作(島根県益田市)

飛行機が萩・石見空港に近づくと、赤褐色の石州瓦の屋根が点在する益田市内の町並みが見えてきた。ひときわ目を引いたのが、建物すべてが石州瓦で覆われた文化施設、島根県芸術文化センター「グラントワ」だ。

現代グラフィック CCGA現代グラフィックアートセンター

私のイチオシコレクション

現代グラフィック 
CCGA現代グラフィックアートセンター

当館は1995年、大日本印刷が本業に近い分野で文化活動を行う目的で、設立しました。ポスターや版画など約2万点を所蔵しています。

ブームの卵

ブームの卵

3月22日 注目グッズ
「モリラボ 花粉バリアスティック」など

スギ花粉のシーズンまっただ中。マスクだけでは対策しきれない人も多いでしょう。そんな人向けに開発されたのが、「モリラボ 花粉バリアスティック」だよ。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。