街の十八番

黄八丈めゆ工房@八丈島

鮮やかな黄色 島の恵みで

天日干しにした糸の前に立つ山下芙美子さん(右)と誉さん。樺(かば)色は「マダミ」と呼ばれるタブノキの樹皮で染める

天日干しにした糸の前に立つ山下芙美子さん(右)と誉さん。樺(かば)色は「マダミ」と呼ばれるタブノキの樹皮で染める

  • 天日干しにした糸の前に立つ山下芙美子さん(右)と誉さん。樺(かば)色は「マダミ」と呼ばれるタブノキの樹皮で染める
  • 黄色、樺色、黒の3色の糸を使い、縞(しま)や格子柄に織るのが特徴

 都心から約290キロ離れた八丈島には、島の名前の由来ともいわれる絹織物「黄八丈」がある。

 黄八丈は、島に自生する草木の染料で絹糸を染め、織り上げていく特産品。しかし、昔ながらの技法を使い、染めから織りまでを手がける職人は数少ない。

 1917年、初代の山下めゆさんが祖父に染めを教わり創業。戦後、化学染料を取り入れる職人が増える中でも「受け継いだことを続ける」とやり方を変えなかった。現在は、孫で3代目の芙美子さん(72)と夫の誉(ほまれ)さん(77)、次男の雄さん(40)が遺志を継いでいる。

 黄八丈の特徴である黄色は、「八丈カリヤス」と呼ばれるイネ科の植物を使って染める。10年ほど前には天候の影響で草の出来が悪く、澄んだ黄色に染められないことがあった。悩んだ末に、染めの作業はいったん休止。納得できる色が出来るまでの3年間、ストックしていた糸を使い出荷した。芙美子さんは、「織りのデザインは創意工夫。だけど染めは昔のまま。自然の恵みをいかした本物の色を残していきたい」と話す。

(文・写真 町田あさ美)


 ◆東京都八丈島八丈町中之郷2542(TEL04996・7・0411)。午前9時~正午、午後1時~5時。無休。八丈島空港から車。

(2019年1月11日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「街の十八番」の新着記事 一覧を見る
柴沼醤油醸造@茨城・土浦

柴沼醤油醸造@茨城・土浦

江戸時代、土浦藩が製造を奨励し、江戸中期には約20の醤油(しょうゆ)蔵があったという土浦。江戸の風俗を記録した「守貞謾稿(もりさだまんこう)」には、野田(千葉県野田市)と並び、土浦のものは質が良いと書かれている。

よのや櫛舗@浅草

よのや櫛舗@浅草

観光客でにぎわう浅草の伝法院通りに、全国に10軒もないという本つげ櫛(ぐし)の専門店がある。

矢切の渡し@千葉・松戸 東京・柴又

矢切の渡し@千葉・松戸 東京・柴又

30人乗りの手こぎ舟が江戸川を静かに横切る。都内に唯一残る渡し舟「矢切の渡し」だ。千葉県松戸市下矢切、東京都葛飾区柴又間の約150メートルを片道5分で結ぶ。

浅尾拂雲堂(あさおふつうんどう)@上野

浅尾拂雲堂(あさおふつうんどう)@上野

東京芸大上野キャンパスの近く。閑静な住宅街に入ると柱や壁が緑色に塗られたかつての店舗が現れた。

新着コラム 一覧を見る
IBARAKI sense(イバラキセンス)

アンテナショップ@東京

IBARAKI sense(イバラキセンス)

JR有楽町駅近くの首都高速道路高架下にある茨城県のアンテナショップが、2018年10月25日にリニューアルオープンした。

「鉄釉神猿(てつゆうまさる)」「灰釉神狐(かいゆうしんこ)」

美博ノート

「鉄釉神猿(てつゆうまさる)」「灰釉神狐(かいゆうしんこ)」

神社と動物の関わりは深い。それぞれの由緒にちなんで、サルやキツネをモチーフにした陶製の像も岐阜県東濃地方で奉納された。

九州国立博物館

気になる一品

九州国立博物館

野帳(やちょう)は、考古学者が発掘現場で使うフィールドノート。 九州国立博物館では「オリジナル野帳」を販売中。

和ガラス 瓶泥舎(びんでいしゃ)びいどろ・ぎやまん・ガラス美術館

私のイチオシコレクション

和ガラス 
瓶泥舎(びんでいしゃ)びいどろ・ぎやまん・ガラス美術館

江戸前期、南蛮船が持ち込んだガラスに魅了された日本の職人が、中国伝来の鉛ガラス素地を用いて日本独自のガラス製品を生み出していきました。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。