ロゴ散歩

江戸東京博物館

興味津々 時代の移ろい見つめる目

 左目、なのだ。見得を切る歌舞伎役者の。

 謎の浮世絵師・東洲斎写楽が描いた「市川鰕蔵の竹村定之進」をモチーフに、故・佐藤晃一さんがデザインした。

 江戸・東京を鮮やかに、意外な角度から想起させるアイデアに「おお、さすが天才、と思いましたよ」と、当時アシスタントを務めていた深谷則夫さんは振り返る。

 江戸東京博物館は江戸と東京の町と暮らしを、模型や復元展示を駆使して紹介する。

 小林淳一副館長は「子や孫に『自分が子どもの頃はこんなだった』と話し、コミュニケーションが生まれる館です」と話す。

 目のデザインは、そんな来館者の好奇心や驚きも表現する。

 「佐藤さんは普遍性を希求する人でした」と深谷さん。「『縄文時代の人が見ても宇宙人が見ても、これがいいと思うかね、深谷くん』と、いつも本気で聞かれるんですよ」

 江戸から現代への視線のようにもみえる目。

 過去を現在、未来へつなげる館の原点と重なる。

 ◆江戸東京博物館 東京都墨田区横網1の4の1(問い合わせは03・3626・9974)。午前9時半~午後5時半(入館は30分前まで)。原則(月)(祝・休の場合は翌日)休み。

(2020年6月23日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「ロゴ散歩」の新着記事 一覧を見る

国立アイヌ民族博物館

北海道に先月オープンした、東北以北で初の国立博物館。

たばこと塩の博物館

たばこと塩の博物館

一体何者? かつての専売2品目の歴史と文化をテーマにした「たばこと塩の博物館」のロゴにつくマークだ。

横須賀美術館

横須賀美術館

青い海と青い空を見に来てください――。そうささやかれた気になる。

印刷博物館

印刷博物館

「ミルちゃん」。スタッフの間でそう呼ばれている。

新着コラム 一覧を見る
「眼をとじて」

美博ノート

「眼をとじて」

フランス象徴主義を代表するオディロン・ルドンは、1890年ごろにその作風の転換期を迎える。

山の絵画 安曇野山岳美術館

私のイチオシコレクション

山の絵画 安曇野山岳美術館

山好きだった亡父・水上巌が37年前、北アルプスのふもとで山の絵を鑑賞してほしいという思いから開いた小さな美術館です。山に入って描く山岳画やふもとから描いた風景画など約200点を収蔵しています。

川崎大師平間寺薬師殿(旧自動車交通安全祈祷殿)(川崎市)

建モノがたり

川崎大師平間寺薬師殿
(旧自動車交通安全祈祷殿)(川崎市)

川崎大師境内の南端で異彩を放つ薬師殿は、建築史家で長年にわたり古社寺保存に携わった大岡實さん(1900~87)が設計した

ボヤンシー眼差しの向こうに

シネマNEWS

『ボヤンシー眼差しの向こうに』公開決定!

ベルリン映画祭パノラマ部門、第92回アカデミー賞豪代表作品『 ボヤンシー 眼差しの向こうに 』公開決定!

お知らせ(更新情報)
新型コロナウイルス感染症拡大を受け、開催を中止・延期するイベント、プレゼントがございます。

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪


♦お知らせ

中止を決定したものにつきましては、その都度情報を更新し、公開を取り下げます。
なお、中止・延期となったイベント等の詳細につきましては主催者にお問い合わせいただきますようお願いいたします。
マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。