読んでたのしい、当たってうれしい。

ロゴ散歩

南アルプス市立美術館

南アルプス市立美術館

3千メートル級を望む町 発想を広げて

 富士山に次ぐ国内第2位の高峰・北岳(3193メートル)をはじめとする3千メートル級の山々が連なる南アルプス市。名取春仙ら郷土ゆかりの作家の版画や絵画など約5200点を収蔵する市立美術館のシンボルマークは、甲府市生まれのグラフィックデザイナー・遠藤享(すすむ)さんが手がけた。

 遠藤さんには記憶に残る風景があった。小学生の頃、祖父母の家から程近い昇仙峡の金桜(かなざくら)神社の石段を上ると、遠くに真っ白な富士山が望めた。南アルプスの山々も見えた。地域の特徴を表現するデザインをここから着想、正三角形のスペースの中に小さな正三角形を点在させた。

 シンプルな形と色を使ったのは、「特に子どもたちに、美術館へ興味を持ってほしい」と考えたから。子どもが自分なりに積み木を組み上げるような、発想力の広がりをイメージしたという。

 青い三角は山、緑の四角は大地、赤い丸は太陽を意図したが、こうした説明は「あくまで私の着想」と遠藤さん。学芸員の矢野晴代さんは、「いろいろなことが想像できて自由に楽しめるデザイン」と話した。

 ◆南アルプス市立美術館 山梨県南アルプス市小笠原1281(問い合わせは055・282・6600)。午前9時半~午後5時(入館は30分前まで)。原則月、祝翌日、年末年始休み。10月12~15日は展示替えのため休み。

(2021年9月21日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

今、あなたにオススメ

ロゴ散歩の新着記事

  • ふじのくに茶の都ミュージアム 稜線が白く浮き上がる富士山の手前に、緑の3本線で茶畑を表現した。数本の線を組にした「吹き寄せ」の縦じまは、小堀遠州が提唱した「綺麗さび」を意識。

  • 京都市京セラ美術館 国内2番目の公立美術館として1933年に開館、「帝冠様式」の建物で知られる京都市京セラ美術館。

  • 諸橋近代美術館 福島県・磐梯高原に1999年に開館した諸橋近代美術館。シュールレアリスムを代表する画家サルバドール・ダリのコレクションで知られる。

  • 山梨県立美術館 1978年の開館以来、「ミレーの美術館」として親しまれている山梨県立美術館。開館時からの目玉、ジャン=フランソワ・ミレー(1814~)の「種をまく人」をはじめ、バルビゾン派の作品や地元ゆかりの作品を数多く展示している。

新着コラム