読んでたのしい、当たってうれしい。

ロゴ散歩

ミツカンミュージアム

ミツカンミュージアム

食酢づくり創業の地 蔵がヒント
 愛知県半田市にあるミツカンミュージアムは、この地で200年以上前、酢の醸造を始めたミツカングループの博物館だ。高さ約2メートルの桶を再現した展示などを見ながら酢づくりの歴史や工程を学べる。隣接する本社ビルなどと一体の再整備で2015年にリニューアル、館名も改めた。

 ロゴマークはこの時、館内案内表示や展示アドバイスとともにグラフィックデザイナーの佐藤卓さん(66)が手がけた。「簡単な愛称で呼んでもらえるほうがいい」と「MIM(ミム)」と略すことも佐藤さんのアイデアだった。

 「MIMの文字をスケッチしていると、半田の蔵の屋根のイメージがMの字と重なった」という。江戸時代以来、半田運河周辺には切り妻屋根、黒板の醸造蔵が立ち並んだ。鉄筋コンクリート造りのミュージアムもこの姿を受け継いでいる。

 マークの下のアルファベットをよく見ると「MUSEUM」の最後のUとMはくっついている。「MIZKAN」と文字列の長さをそろえ、バランスよく美しく見せるための細かい工夫だ。

 ◆ミツカンミュージアム 愛知県半田市中村町2の6(問い合わせは0569・24・5111)。午前9時半~午後5時(完全予約制)。木曜(祝日の場合は翌日)、年末年始休み。当面の間臨時休館。

ミツカンミュージアム
https://www.mizkan.co.jp/mim/

(2022年2月1日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

今、あなたにオススメ

ロゴ散歩の新着記事

  • ふじのくに茶の都ミュージアム 稜線が白く浮き上がる富士山の手前に、緑の3本線で茶畑を表現した。数本の線を組にした「吹き寄せ」の縦じまは、小堀遠州が提唱した「綺麗さび」を意識。

  • 京都市京セラ美術館 国内2番目の公立美術館として1933年に開館、「帝冠様式」の建物で知られる京都市京セラ美術館。

  • 諸橋近代美術館 福島県・磐梯高原に1999年に開館した諸橋近代美術館。シュールレアリスムを代表する画家サルバドール・ダリのコレクションで知られる。

  • 山梨県立美術館 1978年の開館以来、「ミレーの美術館」として親しまれている山梨県立美術館。開館時からの目玉、ジャン=フランソワ・ミレー(1814~)の「種をまく人」をはじめ、バルビゾン派の作品や地元ゆかりの作品を数多く展示している。

新着コラム